玉葱栽培2011~2012年

貸し農園で育てていた玉葱を収穫しました。

苗からと種からと両方育てました。どちらも無事収穫できましたがサイズは小さかったです。同じ貸し農園で玉葱を栽培していた人から「今年は玉葱ダメだ。」というのを何回か聞きました・・・しかも複数の人から。全体的に不作だったようです。寒波で異常に寒かったり、少し天候がおかしかったからかな?早い段階で玉葱が軟腐病という病気にかかって、枯れまくっていた区画もありました。軟腐病は、伝染する病気のよう。「あそこの区画で病気が出た」と周りが教えてくれます。玉葱栽培では、貸し農園のみんなが、毎年、軟腐病に悩まされているみたいです。「うちの区画にうつらなきゃいいなぁ」と思いながら見守る・・・みたいな感じらしい。

玉葱 苗や種の値段

品種や購入する場所にもよるけど、玉葱の苗は100本500円前後、種だと1粒1円くらい。
玉葱の種を数えてみた
↑気になったので数えてみたのです。3.5mlで約439粒入っていました(種のお値段は420円)。

品種は違いますが、ダイソーでも玉葱の種を売っていました。ダイソーの玉葱種は2ml。試しに1袋買って何粒入っているか調べたら302粒。上の写真のソニックが3.5mlで439粒なのだから、計算すればおおよその数はわかるだろうに、わざわざ数えた暇人です。ダイソーの種は2袋で105円。600粒105円として考えると1粒0.2円以下。品種にこだわらない方、なるべく安く育てたい方にはオススメかもしれません。玉葱は種の寿命が短いそうなので・・・種から一気に沢山育てたい人は、100均ではなく、種屋さんから業務用(農家用?)の種を買った方が安いだろうし(←確認してない)、家庭菜園でちょろっと育てたい方には600粒は多すぎる。300粒でも結構な量です。

安さだけで言うと、自分で種とりするのが一番安い。

玉葱 収穫

玉葱 4/3収穫分
我が家は苗と種からかなりの数植えたので、少し収穫には早かったけれど、4月に入った頃からガンガン食べていった。上の写真は、苗から育てた 極早生玉葱 4/3収穫分。

玉葱3箱分、実家と友人に送った&近所の知人友人におすそ分けした(←写真撮るの忘れた)。

赤玉葱_5/12収穫分
種から育てた晩生 赤玉葱 5/12収穫分。

晩生玉葱5/12収穫分
苗から育てた晩生 玉葱。

玉葱 5/21収穫分
玉葱 5/21収穫分。

次回、何を育てるか?という実験の意味も込めて、極早生、早生、中生、晩生といろいろ育てました。結果的には、早生が一番育ちがよかったです。4月上旬から週1で収穫を初めましたが、面倒くさかったり、忘れたりで、あまり写真とってません。でも、とりあえず、数ヶ月は玉葱買わずにすむんじゃないかな~?

つるす場所があったなら・・・自家用をもう少し増やして保存するのですが。貸農園なので収穫後、乾かす為に数日放置したりできない(←通りすがりの盗人がいるらしい。ありえん!怒)+マンションなのでつるす場所もない+収穫直後からニンニク同様ものすごい臭い=全部皮むいて炒めたり冷凍したりで保存な我が家です。