ドラム式洗濯機購入検討日記

我が家の洗濯機は、夫が結婚前から使っていた物で既に購入してから10年以上経過しています。動かないわけではありませんが、買換え時期が近づいてきました。

洗濯機購入を検討し始めた理由

  • 利用中の洗濯機が購入から10年以上経過。
  • 洗濯時の音が気になるようになってきた
  • タオルから糸が出る
  • 水道代が高い地域に住み、節水型洗濯機に興味がある

最近、洗濯時の音が気になります。運転音がうるさいだけでなく、タオルから糸が出てボロボロになる事が増えました。タオル表面ループ状の部分が、洗濯槽内のどこかに引っかかっっている模様。原因究明の為にそれらしき突起部分をさがしてみたものの、見当たりません。

洗濯するたびに、毎回糸が出るわけではありませんし、傷みはタオルのみ。肌着やワイシャツなどの衣類は、見た感じ大丈夫です。とりあえず汚れはしっかり落ちるので、緊急を要する買物ではありません。しかし、やはり今使っている洗濯機の寿命は、間近に迫っているのだろうと思います。

各メーカーの機能を比較して購入できるよう、壊れた時に備えて洗濯機の情報収集を始めました。

いち押し商品のドラム式洗濯機

テレビCMを見ても、家電量販店の店頭でも、ドラム式洗濯機が流行りのよう。どのメーカーのパンフレットも、一押し商品としてドラム式洗濯機の詳細な説明を載せています。「そんなにおススメ?いま買うならドラム式洗濯機なの?」という気持ちにさせられますが、値段が20万前後と高く「洗濯機に20万・・・」と、価格面で購入意欲がそがれそうになりました。

使い慣れた従来型の縦型洗濯機は、発売されてから何十年も歴史があります。それに比べて、ドラム式洗濯機が日本で一般家庭に普及し始めたのは、ここ数年の事。耐久性が心配です。製品購入に失敗しても、おいそれとは買い替える事ができない家計状況でもあり、失敗は許されません。

洗濯機購入で検討したメーカーと機種

  • Panasonic NA-VR1100(ドラム式洗濯機)
  • 三洋電機 AQUA AWD-AQ2000(ドラム式洗濯機)
  • Panasonic NA-FR8800(従来型の縦型洗濯機)

Panasonicのドラム式洗濯機は、 TVCMでもお馴染み、洗濯物投入口が横についてて背の低い小さな子でも洗濯物を入れられ、かつ、子供だけでなく大人も洗濯物を干す時に、取り出しやすいと評判のNationalななめドラム。ユニバーサルデザインとヒートポンプが魅力。

三洋電機のドラム式洗濯機、他のメーカーにはない、アクアループとエアウォッシュの機能に注目。

洗濯機のサイズと、一緒に暮らす家族の事を考える

我が家の洗濯機置き場は、お風呂場のそば。集合住宅で、比較的最近できたばかりの新築物件であれば、洗面所 兼 脱衣所スーペースは広めの設計かもしれませんが、そうでない場合は、ドラム式洗濯機の大きさや蓋の開閉方向が心配です。

  • 圧迫感は?
  • 蓋が、忙しい朝の時間帯に家族の邪魔にならないか?
  • 子供が開閉できる=指挟んだりしないか?

洗濯機本体のサイズが大きめでも、服を脱いだ都度、各自が直接洗濯機に放り込めば、洗濯カゴを置かずにすんで脱衣場がすっきりする一面はあるのかなと思う。ただし、蓋の開閉頻度が多くなるため、10年もつのか?心配。

子供対策については、チャイルドロックの機能を使えばOK。とはいえ、ロックするのを忘れて、かくれんぼなどで、子供が中に入ったら・・・と、つい、考えすぎてしまいます。

ドラム式洗濯機 使い勝手の面で気になる事

今使っている洗濯機は、「あっ!これも一緒に洗わなきゃ」という場合、回っている洗濯機のフタだけ開けて後からぶち込む事ができるタイプ。

夫には、まるで子供のように、いろんな場所でポイポイ脱ぐ癖があります。部屋の片隅に靴下がまるで芋虫のように転がっていたり、使用済みハンカチが思いもよらぬ場所から出てきたりする事はしょっちゅう。ドラム式洗濯機は、後からぶち込む事ができるのでしょうか?

「一時停止ボタン」がある位ですから、できるでしょうが、いちいち一時停止ボタン押すのは、面倒だと感じます。小さいお子さんがいるような家庭は、後から後から汚れ物が出てきそう。洗濯物まわしている間に「あ、これも」と、その度に一時停止するのは何だか大変そう。

洗濯機の乾燥機能

乾燥機能については、花粉症に悩む家庭や梅雨時期、共働きで忙しい家庭に便利そうです。毎年花粉症で苦しむうちの夫も、喜びそうな機能。三洋電機の製品は温風で乾かすので電気代が心配ですが、Panasonicの洗濯機はヒートポンプを採用し、より電気代節約できるような仕様に変更された模様。洗濯から乾燥まで放っておけるメリットは大きいでしょう。

ただし、我が家の場合は、乾燥機能が果たして必要なのかどうか?

便利には違いありません。だけど、夫が花粉症で苦しんでいようが情け容赦なくベランダに洗濯物干しちゃう鬼嫁なんです、私。一応取り込む時にバサバサ振って、少しは花粉を落とすように心がけてはいますが、紫外線殺菌の意味も込めて、お日様の下に干さないと気持ち悪い気がします。梅雨時期は、晴れの日狙ってまとめて洗濯してますし。

何に重点を置くかが大切。乾燥機能は、今必要なくても、健康に不安がある人は、将来必要になってくるかもしれない。機能はもちろんランニングコスト含む値段が重要。家電は、長い付き合いになるものだし、吟味せねばなりません。

Nationalドラム式洗濯機NA-VR1100 特徴など

我が家が大型家電を購入する時には、必ず候補として検討するメーカーPanasonic。Panasonicのドラム式洗濯機の機能「ヒートポンプ」と「ななめドラム」が気になり、NationalヒートポンプななめドラムNA-VR1100の特徴について調べました。

  • 洗濯物が取り出しやすいようにななめに配置されたドラム
  • ドラム内に突起を設けたステンレスドラムでたたき洗い+押し洗い効果
  • ヒートポンプ乾燥方式
  • 乾燥の仕上がりの良さ
  • 省電力・節水効果
  • 泡洗浄(高濃度の泡を作り出し洗剤のパワーを引き出す)
  • 温水洗浄(内蔵ヒーターで加熱、汚れをしっかり落とす)

ななめドラムは洗濯物を洗濯槽から取り出す時に楽な姿勢で取り出せて便利だが、糸くずキャッチ用の排水フィルターは足元についているので、全く屈まなくていいというわけでもない(←これはPanasonicに限らず、三洋電機も同じ)。ドラム内に設けられた突起は、洗いの時は押し洗い効果、脱水・乾燥時は衣類とドラムの間に隙間ができることで水分が衣類から抜けやすくなる。

ヒートポンプ乾燥方式は、従来のヒーター乾燥方式と違って除湿の為に水を使わないので節水効果が大幅にUPし、ヒートポンプななめドラムは、省エネ大賞を受賞しているそう(2006年『エコプロダクツ大賞』経済産業大臣賞)。省電力・節水効果が期待でき、低騒音設計 。

ドラム式洗濯機 NA-VR1100 静音性

  • 洗濯(30dB)
  • 乾燥時・ナイトコース(37dB)
  • 乾燥時(42dB)
  • 脱水(39dB)

デシベル(dB)と言われても、静音性については実際使用してみないとピンとこないが、図書館・静かな公園=40dbなんだそうだ。音は3db違うと、人間の耳には2倍に感じるとも言われているんだって。

ドラム式洗濯機 NA-VR1100 衣類や汚れに合わせて選べるコース

  • おまかせ
  • わたし流
  • 急ぎ
  • 60℃除菌コース
  • 40℃消臭コース
  • ナイト
  • 柔らかプラス
  • おうちクリーニング
  • 毛布
  • 洗濯槽洗浄/乾燥

ドラム式洗濯機 NA-VR1100 その他気になる点

乾燥機能は我が家ではあまり使わないだろうけど、とりあえずチェック。洗濯~乾燥のおまかせコース(6.0kgまで)は約1.5~4時間かかるらしい。(+_+)

粉石鹸は使えない。(液体せっけんは大丈夫)

現在我が家で使用している従来型の洗濯機の高さは90センチ。VR-1100は、高さ100センチなので若干大きくなる程度。 ドラム式洗濯機の場合、脱水や乾燥時にドラムが高速回転する為、安定感を出す目的で洗濯機下部に重りのような物が入っているらしい。だからなのか?78kgという重さ。絶対に1人では動かせない。現在のNA-VR1100は、ななめドラム洗濯乾燥機としては、初代から数えて4代目。代を重ねれば重ねただけ改良されていくのだろうと思うので4代目ってことで少し安心。

消費電力は、消費電力(W)ではなく必ず【消費電力量(Wh)】を確認。これが、洗濯機を実際に使用した時に必要となる電気の総量。この数値が大きいほど、電気代がかかる。

個人的にNationalの製品ってはずれた事ないので大好き。しっかり作られているような気がする。(←私の勝手な意見)Panasonic モノづくりスピリッツ発見マガジンとか見ると、開発頑張ってるんだなぁと思うし。

従来型の縦型洗濯機NA-FR8800も検討した

ドラム式洗濯機を購入するか縦型洗濯機を購入するか悩んで、Panasonicの縦型洗濯機NA-FR8800も検討しました。従来式の洗濯機なら金額が安いのでは?という予想を裏切る結果。洗濯機ってこんなに高かったっけ?と驚きつつ、最新の家電は静音性にもこだわっているし乾燥機能がついている機種だとこのくらいするのかもしれない。

ナショナルNA-FR8800 従来型の縦型洗濯機。2007年4月中旬に発売された物。洗濯8.0kg/乾燥4.5kg

インターネットで検索してみたら、楽天市場で2007年当時、税込119,600円・送料込というお店がありました。「従来型洗濯機なら安いだろう」という期待を裏切って10万超え(>_<)

衣類にやさしく汚れに強い!
「泡」で洗うタテ型洗濯乾燥機。
使い慣れたタテ型に、最新のテクノロジーを凝縮しました。洗浄力、乾燥力、使いやすさ、省エネまでこだわってつくりました。
パンフレットから引用

「使いやすさ」って所を見て、やっぱりタテ型の方がいいのかな?と思わずにはいられなかった。このNA-FR8800、何がすごいかって低騒音!洗濯時で約26dB、脱水時でも約37dB

静音性について少し触れましたが、図書館・静かな公園=40db。インバーターで制御しながら、洗濯機前面には振動を吸収するハードファイバーボードが入っている。ドラム式洗濯機NA-VR1100よりも後に発売された機種なので、より低騒音を追求したのだろう。別にわざわざ真夜中に洗濯する必要性はないけれど、これならマンション等集合住宅で夜、洗濯機を使用しても大丈夫かな?と思う。ぜひとも試してみたい・・・。

計量の手間いらずの液体洗剤自動投入口は、市販の液体洗剤1本分が入るんだって。衣類の量に合わせて自動投入してくれるらしい。低温乾燥コースを選べば乾燥中でも蓋をあけて衣類が取り出せる。やっぱり縦型洗濯機にしようかなぁ?と、電気屋さんに見に行ったら、電気屋さんでもやっぱり「従来型洗濯機なら安いだろう」という期待を裏切って10万超え(>_<)

店頭で念の為、「一時停止しなくても洗濯物を後から蓋開けてブチこめるかどうか」を試してみた。ぶち込めるタイプの洗濯機だという事を確認。後から後から洗濯物が出てくる我が家は、これが一番嬉しい機能だったりする・・・。ナショナルNA-FR8800 価格10万超えを、「ドラム式洗濯機NA-VR1100より安い」と思うべきか、「縦型洗濯機なのに10万以上!?」と驚くべきかそれが問題。いっその事、一世代前の機種にしよっかとも思った。

三洋電機AWD-AQ2000ドラム式洗濯機検討

水道代の高い地域に住んでいる我が家の洗濯機を選ぶ時の基準は、汚れ落ち+節水機能。三洋電機ドラム式洗濯機AQUA(AWD-AQ2000)のエアウォッシュとアクアループの機能に非常に魅力を感じました。

三洋電機のドラム式洗濯機AQUA 気になるところ

  • 洗濯機を初めて販売、世に普及させたのは三洋電機。
  • コインランドリーで使われているドラム式洗濯機のほとんどが三洋電機。
  • 斜めドラムがはやる前、家庭用縦型ドラム式洗濯機をはじめて出したのも三洋。

と量販店で説明を受けました(嘘か本当か知りません)。大型家電には長期保証をつけたいため、家電量販店などの店舗で購入することにしていますが、値引き交渉をする目的もあって、事前にネット価格を確認します。いつも楽天市場で確認することにしているのですが、楽天市場で検索してみたら、2007年6月当時、SANYOドラム式洗濯乾燥機 AWD-AQ2000の楽天最安値は税込146,998円・送料別でした。

三洋電機のAQUA。消費電力だけみると、Nationalの製品より電気代かかってしまいます。それにも関わらず人気があるのは何と言ってもエアウォッシュアクアループ機能でしょう。エアウォッシュ・・・薬剤を使わずオゾンの力で除菌・消臭・汚れ分解。今まで洗いたくても洗えなかった製品が洗える。三洋電機のHPではネクタイについたケチャップがエアウォッシュ機能で綺麗になっていました。

うちの夫、脂性なのか太りすぎだからなのかすぐネクタイの結びめの所がすぐ黒ずんでくるのです。ケチャップのしみが落ちるなら結び目の黒ずみも落ちるような気がしません?ネクタイのクリーニング代1本250円もするので、仮に1ヶ月に2本ずつクリーニングに出したとしても1年で6,000円。10年使えば60,000円の節約効果!

ついでに1日働いて蒸れた革靴も消臭&除菌できれば玄関や靴の消臭剤も節約できるかも・・・。スーツについたタバコの臭いもとれるらしい。うちは違いますが(夫の名誉の為に・笑)水虫の原因である白癬菌とかも除菌できるんですかね?気になる所です。

三洋電機のAQUA(AWD-AQ2000)が、他のメーカーの洗濯機に比べて背が高いのは、パンフレットによると、洗濯機下の部分が貯水タンクになっていて、2度目のすすぎ水を貯水タンクに貯め、オゾンパワーで除菌・浄化→次の洗濯時に水を再利用するらしいのです・・・アクアループ機能

  • 洗濯に全て水道水を使用した場合→78L
  • すすぎは全て水道水を使用した場合→50L
  • 最終すすぎのみ水道水を使用した場合→30L
  • 全てにリサイクル水を使用した場合→8L

8Lってすごくない?バケツ1杯分程度って事ですよ(ノ゚ο゚)ノ
我が家が今使っている洗濯機は、洗濯に50L(風呂水再利用)・すすぎ2回で100Lの水を使用するので、8Lなら92Lの節約/1回!AWD-AQ2000を購入したら洗える洗濯物量はほぼ2倍となるから2日に1回洗濯機まわせば92L×15日×12ヶ月=16,560Lの節約。水道代が(10L=1円だとしたら)1年で1,656円、10年使えば16,560円の節約効果

ドラム式洗濯機は、どのメーカーの物も全自動洗濯機の約2倍の洗剤濃度にして洗濯するので、従来の洗濯機より黒カビが発生しやすい環境になるそうです。オゾンの力を活用したカビガードコースを、月1度使用するだけでドラムを清潔に保つことができるそう。

コインランドリーでの実績がある(=業務用ドラム式洗濯機)とはいえ、AWD-AQ2000の1世代前の機種は、インターネットでクチコミを検索すると悪い評価ばかりが目だっていました。正直、本当に実績あるの?と疑いたくなる程でしたがこのAWD-AQ2000は、今のところよい評価ばかりみたいです。

洗濯・乾燥機能だけでなくエアウォッシュ(←重要)やアクアループ機能(←重要)の耐久性が10年以上なら、クリーニング代だけでも十分元はとれそうだ。しかし、高機能すぎると壊れるのも早そうな気がするのは私だけ?念の為10年もたなかった場合の事も考えて試算しなきゃなぁ・・・。

話変わりますが、三洋電機は電池で有名です。製品自体の更なる省電力化の技術を磨いてもらえれば、私達ユーザーは嬉しい限りですが、太陽電池で蓄電し洗濯・乾燥に使う電気代がタダになればいいのに・・・と思わずにはいられません。着脱式にすればその位何とかなりそうな気がしない?エアウォッシュ機能、夫の黒ずんだネクタイを持って行って販売店で試してみたいなぁ。そろそろ買い換えないといよいよやばくなってきたよ。(ノ_・。)

三洋電機株式会社 AQUA開発ストーリー01  AQUA開発ストーリー02 もついでに見てみると面白いです。

エアウォッシュ 追記

この土日も電気屋さんめぐりをし、判明した事。「エアウォッシュは、皮脂汚れとドロ汚れは落ちません」ドロ汚れは落ちないだろうなぁと思っていたけど、皮脂汚れも駄目なんだって。ネクタイのクリーニング代が浮くかも・・・と思っていただけに残念です。

この記事は’07/06/22,’07/06/23,’07/06/27,’07/06/28,’07/06/29,’07/07-02 にアメブロで書いた物を移動したものです

“ドラム式洗濯機購入検討日記” への3件の返信

  1. 日本ブログ村からお邪魔しました。

    私も、洗濯機買い替え時に悩みました、ドラム式か、従来式か・・・。
    私も、回っている洗濯機に、後から、洗濯物を追加します。バケツの水を追加したりもするんです。
    乾燥機は、非常の際にしか、つかわないし、(でも、欲しい)
    洗濯機に洗濯物を、家族に直接いれさせたら、何をいれられるかわからないから、しない・・・・
    だいいち、ドラム式って、そんなに出し入れしやすくないじゃん・・・・と店頭展示品をいじくりまわしましたよ~。
    同じように悩む人がいて、うれしいです。

  2. 腰にいいのはドラム式汚れ落しには縦型洗濯機!
    やっぱり普通の型の洗濯機の方が落ちますよ。

    1. >ラクダさん
      ドラム式洗濯機も、日々進化しているみたいですね~。汚れ落しに着目した製品もNational他各メーカーから新製品が続々と出ているようです。試してみたいけれど、もう買っちゃったし、当分買い替え予定のない我が家。使用目的及び購入資金によって各家庭が選択できるって事なのでしょう。
      縦型であれドラム式であれ、性能UPは歓迎です。

コメントは受け付けていません。