デルモンテ・トゥインクル(ミニトマト)プランター栽培2009年 ベランダ菜園

前回、ミニトマトの袋栽培が楽しかったので、2009年もホームセンターで苗を購入して育てる事にしました。2008年のミニトマト袋栽培が成功したのは、新しく購入した野菜用の土を使ったから=野菜栽培成功のコツは土作りだ!と思い、古土をきちんと再生させる事にしました。

フルイでふるおうと、プランターに放置していた古土をスコップで掘ってみてわかったことは、土が岩のように固くなってたって事です。よく考えたら、プランターの土は、2003年からずっとそのままで一度も外に出したことがありませんでした。同じ土を4年間使い続け、肥料代わりに、ほぼ毎日与えていた米のとぎ汁が、土を岩のように硬くしたようです。こんな土を使っていたんじゃ、植物は育ちたくても根を張ることできないよねぇ・・・。これがプランター栽培失敗の原因だったんだ・・・と反省しました。

フルイでふるい、根っこ等のゴミと岩のように硬くなった土を取り除きました。黒いゴミ袋に詰めて少し湿らせ、太陽の光に当てて殺菌した後、ダンボールコンポストで作った自家製堆肥と赤玉土・くん炭・腐葉土を混ぜました。

ホームセンターで買ってきたミニトマトの苗は、デルモンテ・トゥインクル(298円)。ちゃんと土作りもしたし、苗代の元が取れるくらい収穫できますように♪と、無事に育つ事を願って植えつけました。

デルモンテ・トゥインクル(ミニトマト)プランター栽培
写真のように育てばいいなという願いを込めて栽培開始。

デルモンテ・トゥインクル(ミニトマト)プランター栽培 開花
トマトのお花が咲いて、なんてかわいいのかしら~

デルモンテ・トゥインクル(ミニトマト)プランター栽培 プチトマトの様子 デルモンテ・トゥインクル(ミニトマト)プランター栽培 プチトマトの様子2
日当たりが悪いマンションのベランダでなるべく日が当たる特等席を用意してはいるものの、生長はかなりゆっくり&少しヒョロヒョロした感じ。そんな中、小さいながらもやっと実をつけ赤く色づき始めたミニトマトが、暴風でぐにゃっと折れてしまいました。毎日ベランダに出てトマト観察するのが楽しみだったので、折れた時は「トゥインクルが!!!」とショックも大きかったです。カゴメの懸賞で当たった凛々子は、背が低いので無事でした。

プランター栽培で成功した事がない「枯らすの得意」な私。せっかくミニトマトがなったのに、暴風のせいでまたしても枯らしてしまうのだろうか?と不安になりました。折れたミニトマトは完全に切れてはいなかったので、ダメ元で、折れた所を起こして支柱にくくりつけました。トマトって強いのね・・・復活しましたよん。土づくりがよかったのか、その後もちゃんとお花が咲きました。デルモンテのトゥインクルは、ワクチン接種している苗なのでアブラムシ被害にもあわず育てやすかったです。日当たり悪いベランダ菜園なので、露地栽培のように鈴なりにはならなかったけれど、かわいく色づいたミニトマトの実に癒され、2009年も収穫の喜びを味わいました。