ピーマン栽培2011年の記録

貸農園で育てていたピーマンを収穫しました。

毎年ベランダでパプリカやピーマンを育てているのですが、アブラムシまみれになって枯れたり、日当たりが悪くて育たなかったりで、今までピーマン栽培が成功した経験がなかったため、2011年もきっと失敗するだろうと思っていました。途中で枯れても大丈夫なように・・・と少し多めに苗を買ってきて貸農園の畑に植え付け完了。失敗するだろうという予想に反して、植えた苗は全部元気&生長も著しく、嬉しいような悲しいようなピーマン地獄となったのでした。よく考えたら、私も夫もピーマンあんまり好きじゃないんだった・・・。

収穫したピーマンの記録

ベランダと違って畑は日当たり抜群なんだから、1~2本植えれば充分だったのに、5本も植えたんです。その辺の加減がわからなかった私。ボコボコとれるもんで、食べ切れなくていろんな人に配ったわ。写真に残ってるのは、頑張って自家消費した分です。鍋でクタクタ佃煮みたいに煮て嵩を減らして食べました。

ピーマン2011/7/3収穫分
2011/7/3収穫分。
ピーマン2011/8/11収穫分
2011/8/11収穫分。
ピーマン2011/8/19収穫分
2011/8/19収穫分。8月に入ったあたりから、生長スピードが加速。早くとらないと大きくなってしまうので、なるべく小さいうちにとるよう努力。

ピーマン2011/9/5収穫分
2011/9/15収穫分。食べきれないのでいろんな人に配って残った分を自家消費。
ピーマン2011/9/30収穫分
2011/9/30収穫分。
ピーマン2011/11/5収穫分
2011/11/5収穫分。10月中旬~11月に入ってからの方が沢山とれたのは何でだろう?周りに「もういらない」と言われ、全部自家消費。
ピーマン2011/11/5収穫分1個の大きさ
収穫最盛期のピーマン1個分の大きさはこんな感じ。

加減が大切だと痛感したピーマン栽培2011年。自家栽培のピーマンを包丁で切っていて不思議だったのが、たまに花のような香りがするピーマンがあった事。包丁で切った瞬間、とてもいい香りがする。「うわぁいい香り~♪」と嬉しくなりました。ただ、香りがいいので美味しいのかな~?甘いのかな~?と思って食べると、普通のピーマンの味。何だったんでしょうね??今でも不思議です。