車検費用に泣く(泣)

住んでいる地区・家族構成・使用頻度などによって変わる車の価値。公共交通機関が発達した首都圏にお住まいの方にとって、車は必要不可欠な物ではないかもしれません。逆に、なくても全然困らない・・・むしろ持たない方が車の維持費を節約できると考える人も多いのではないでしょうか。

首都圏に継続的に住んでいたなら、我が家も使う時だけレンタカーorカーシェアリングという方法も考えますが、転勤続なので、車がないと不便な場所に住むケースもあり、なかなか手放す事ができないのが現状です。税金・車検・ガソリン代など、車の維持費が家計を圧迫しています。

“車検費用に泣く(泣)” の続きを読む

WordPressが重いので、表示速度改善の為にやってみたこと その①

WordPressを利用した自分のサイトが重いという事に気づき改善中です。知識をあまり必要としない、すぐできる簡単なことから改善しようと思って取り組んでいます。

サイトの表示速度を改善したいなぁと思った経緯

WordPressでブログを運用するようになってからずっと、アメブロやFC2ブログなどの無料ブログで書いていた時に比べて、サイトが表示されるのにかなり時間がかかっているような気がするな~とは思っていました。重いな・・・遅いな・・・あれ?今日は調子が悪いのか接続できないな・・・という事が何度もあったけれど、私の使用しているパソコンが古くて、性能が劣るせいでWordPressのような動的ページの表示が遅いんだと信じていました。

先日ちょっとお出かけする機会があって、普段は外出先から自分のブログはもちろん他所様のブログも見ないのですが(←外出先でPC開くのが面倒という理由)、課金なしで自由に使えるパソコンがあったので、試しに自分のサイトにアクセスしてみる事にしました。ブラウザが違うと、サイトの雰囲気も違うのだろうか?という興味があって、軽い気持ちでアクセスしたのです。外出先で使ったパソコンは、自宅のパソコンより性能がよかったのに、表示されるまでに30秒以上かかりました。あぁ、こんなに遅かったのかと、改めて思い知り、帰宅しました。

サイトが重いにも関わらず、表示されるのを辛抱強く待って読んで下さっていたんだなぁ・・・と思うと、何だか申し訳ない気持ちです。さぞやイライラした事でありましょう。訪問してくださった方の中には、待てずに帰った人もいるかもしれません。私だったら、30秒だなんて絶対待てない。すぐ閉じちゃうと思います。表示されるまで待ってくれた人は、きっとすごく優しいのでしょうね、感謝。

さて。
WordPressで運用中の自分のサイトは、表示にものすごく時間がかかるんだ!とわかったからには、やはり原因を追究し、改善する必要があると思います。知識の習得が必要な改善は(←phpとかphpとかphpとか!!!泣)、時間がかかるしやりきる自信もないので、手っ取り早くできるところから始めよう!と思い、消したのが、楽天モーションウィジットの広告でした。

表示速度や遅い原因を調べる為に使ったサイト

初めは、あまりの遅さに驚き、表示されるまでに何秒かかるか、声を出さずに数えました。そして、2回目は、おもむろに鞄から携帯を取り出して、携帯のストップウォッチ機能を使って何秒かかるか測った私(笑)。そんな事をしなくても、ページスピードを測定する便利なサイトがあるんですね~。いろんなサイトがありますが、大体の傾向と対策がわかればいいので、私が使ってみたのは下記の2つ。今は、主にGoogleの方を使っていますが、GTmetrixで一番最初に測定した結果は、評価がE/Dでした。

ツールを使うと表示速度が遅い原因が一目瞭然

なんで、そんなに遅いのよ?遅い理由は何なのよ??と思い、内容を見ていくと、ad.yieldmanager.comに接続するのに時間がかかっている模様。ad・・・という事はアドセンス系?でも、yieldmanager.comなんて知らない。そんな広告を貼った覚えもありません。何で勝手に貼りもしない広告が表示されているのか?と、yieldmanager.comについて調べると、楽天モーションウィジットの事だと判明

ad.yieldmanager.com 楽天モーションウィジット

楽天モーションウィジットって、自分が最近楽天市場で見た商品、興味のある分野の物が表示されますよね。人それぞれ、興味のある分野って違う → ad.yieldmanager.comを使ってその人が興味ある分野の広告を表示 という仕組みらしいです。

楽天か~。楽天の広告か~。確かに私は楽天の広告貼ってるよな・・・でも、この為に、自分のサイト開くのが遅くなるのは、どうなんだろう?

楽天モーションウィジットの他にも、遅い原因は沢山あるし、いずれもっと優先度の高い物が改善できたら、また復活させるかもしれませんが、現時点では、とりあえず楽天モーションウィジットを外す事に決定。少しすっきりしました。

旭ポンズ&馬路村ゆずの村 ポン酢味比べ

私が今のところ一番好きなぽん酢しょうゆは、馬路村 ゆすの村。実家で使っていたぽん酢が馬路村の物だったので、何となく手にとってしまう感じです。ぽん酢は、各メーカーから発売されていますし、母がいろいろなメーカーのぽん酢を試した結果、最終的に馬路村のぽん酢に行き着いたのかなぁ?と思うと、とりあえず、これ買っておけば間違いない!と思ってしまいます(←母は食いしん坊&料理上手)。

馬路村のぽん酢を母が買うようになったのは比較的最近というか・・・私が大人になってからだと思います。記憶を辿ってみると、私が子供の頃は、柚子を買ってきて自分で作っていたんですよね。母は柚子果汁を絞った後の種で化粧水作っていましたし、搾った柚子は、よく袋に入れてお風呂に浮かべていました。ゆず湯というと一般的には冬至のイメージですが、実家では冬至じゃなくてもお風呂に浮かんでいました、もちろん冬至にゆず湯も有です。

子供の頃は、母がぽん酢をスーパーで買っていた記憶がなく、どんな瓶が冷蔵庫や食卓に置いてあったっけ?と思い出そうとしても、思い出せません。そもそも子供の頃は酸っぱいもの全般あまり食べなかったし「酸っぱい物=大人の食べ物」という認識だったのでポン酢には全く興味ありませんでした。だから覚えていないだけなのかもしれません。ただ、台所でポン酢の味見をしている母の姿は覚えているのでやはり自分で作っていたのだろうと思います。面倒になったか、馬路村のぽん酢が気に入ったか、どちらなのかわかりませんが、いつの間にか柚子の種で作った化粧水もゆず湯もなくなってしまいました。

馬路村のポン酢、初めのうちは、どこからか取り寄せていたような気もするんですよね(記憶違いかな?)。今は普通にスーパーの店頭に置いてあっていつでも購入できるので便利です。

さてそんな感じで、他のメーカーのぽん酢に比べて少し値段が高いのだけれど、我が家ではずっと馬路村 ゆずの村を使ってきました。やっぱり封を開けた時が一番、味も香もよくて、開封後は冷蔵庫に入れておいても、少しずつ味(風味??)が変わっていくような気がします。それでも最後まで食材を美味しく引き立ててくれるような気がするし、鍋する時もサラダ食べる時も、私はほとんどこれ。多用しています。かなりお気に入りです。(あ、ちなみに私は柚子買ってきて自分でポン酢作ったりしません、市販品ONLYです)

夫は、ぽん酢といえば、旭ポンズなのだそう。昔は、業務用一升瓶しかなかったそうです。(本当かな?家庭用食卓サイズの物を知らなかっただけじゃない?男だしって内心思う私。)先日、店頭で旭ポンズを見つけた夫は「うわぁ懐かしい。旭ポンズや~。食卓サイズがある~」とおおはしゃぎ。一度その日はスルーしたんですが、スーパーに行くたびに「旭ポンズ買っていい?」と聞くので、味比べしてみる事にしました(笑)。

旭ポンズも、馬路村 ゆずの村と同じくらいの値段。どうせなら、両方とも開封直後の物で味比べしたかったけれど、ぽん酢ばかりあっても困るので、馬路村のぽん酢は冷蔵庫に入っていた開封してしばらく経った物。とりあえず、両方手にとって原材料名を確認しました。

旭ポンズ 原材料名:しょうゆ(本醸造)(大豆、小麦を含む)、柑橘果汁(スダチ、ユコウ、ユズ)、醸造酢、風味原料(混合節(さばを含む)、利尻昆布、しいたけ)、食塩、札、みりん、調味料(アミノ酸等)、酸味料、カラメル色素

馬路村 ゆずの村 原材料名:醤油(本醸造)、醸造酢、ゆず果汁、加糖ぶどう糖液糖、風味原料(かつおエキス、こんぶエキス)、本みりん、調味料(アミノ酸等)、酒精、甘味料(甘草)(原材料の一部に大豆、小麦を含む)

旭ポンズは、柑橘果汁の中ではスダチが一番初めに記載されているので、スダチが多いんですね。どの位の割合なんだろう?気になる。スダチベースなのかさっぱりしたお味で、私的にはちょっと酸っぱいと感じました。大人になってからも酸味の強い物が苦手な子供舌です。私は、馬路村の方が好き(笑)。

夫は、馬路村ゆずの村だけ家にあった時は、「馬路村のポン酢、うまいなぁ」と言っていたくせに、「旭ポンズの方が好き」と言います。結局のところ、お互い慣れてる味が好きなんだね~という事で納得しました。味比べで買った意味・・・なかった。

旭ポンズも、馬路村ゆずの村も、両方開封しちゃったので、しばらくの間は、お互いのベストポン酢で食べわけする形になりそう。他にも美味しいポン酢は沢山あるんでしょうが、新しい味に挑戦するようなチャレンジ精神に欠けるところがある、かなり保守的な私は、出会いの機会が少ないのです。旭ポンズも夫に勧められなければ、買わなかったしな~。たまに違う味を試してみるのも楽しいものですね。

マイ水筒で金属中毒(アレルギー)の危険性

飲料代節約&猛暑による熱中症対策など、水分補給に便利なマイ水筒。水筒に飲み物を入れたまま放置したり、酸性の飲料を入れると金属が腐食して飲料中に溶け出し、場合によっては金属中毒になる危険性もあるという記事が載っていました(金属製の鍋も同じことだ)。大手メーカーの水筒は腐食しにくい加工がなされているようです。デザインや値段の安さだけで製品を選ぶと・・・そして使い方を誤ると、金属アレルギーになってしまう危険度が増します。アレルギーになっちゃうと、その後の生活が大変なので、やはり正しい知識と使い方を身に着けておく必要があるな・・・と思って、自分への戒めの気持ちも込めてUPしてみました。

マイ水筒は危険?スポーツ飲料で穴が開く
マイ水筒に注意!怖い「金属中毒」

買物日記:三角ホーを買いました♪

三角ホーなんて、鍬やスコップがあればいらないかな~とも思いますが、意外に便利、というか個人的に好きなアイテムでして。夫には「必要ないんじゃない?」と反対されましたが、my三角ホーを購入することにしました。本当は、立って使えるサイズの物がよかったのですが、なくなっちゃうと嫌なので、片手で座って使うミニタイプの片手三角ホーを購入しました。嬉しい!

100円ショップに行けば、半月状の除草道具が売ってます。↓こんなの

三角ホーも100均でさがせばありそうな気がしたけど、長く使うつもりなのでちゃんとしたやつを買うことにしました。
片手三角ホー

土寄せとか草とりに便利な三角ホー。基本的に、自分の区画内の雑草は鎌で刈って、あまり抜かない方針で育てている私。(夏は乾燥で土がひび割れるので、わざと抜かないようにしている&雑草全部抜くのは面倒くさい)。

そんな、私ですが、草取りは嫌いじゃありません。抜く時に、根っこがメリメリいうのを聞いてストレス解消している部分がなきにしもあらず(←残酷?)。夏から秋にかけては、私が雑草をチマチマ抜いていくスピードより育つスピードの方が早いし、作業量的にもしんどいので、鎌振り回して雑草対策終了って感じなんですが、春先&冬場は三角ホーが大活躍です。

イネ科の雑草を抜くと、土の中なのか?草に潜んでいたのか?ゴミムシが慌てて這い出してきます。観察するのが面白いです。蟻の巣も三角ホーの先っちょでガンガン崩します。蟻の巣は、土の中に広がっているので、壊したといっても表面的にふさがるだけですぐに復活しますけどね。蟻はアブラムシ運ぶのでやっかいですが、薬剤使って殺すのは嫌だし、数が多くなければ、いてくれて全然OKなので、巣を見つけた時に壊す程度にしています。(アブラムシの駆除もテントウムシ任せだし。)

雑草ではありませんが、区画の周りに生えている「芝」と「ミント」が嫌いで三角ホーの使い道は主にこれです。芝は、なぜか粘土質っぽい土壌のところには生えず、サラサラした土の所を中心にしぶとく生えています。ミントは香りがいい&虫除け代わりにもなるので、生えててもいいのですが勢力がすごいです。誰か植えたんだろうな。ミントが雑草化すると繰り返し繰り返し生えてくるので大変。根を全部とれば駆逐できるのでしょうが、残っているみたいでしつこいんだよね。

以前はヨモギも沢山生えていたそうです。ヨモギの根もすごいらしく農園主さんはヨモギをすごく嫌っていました。雑草化していたヨモギを地道に駆逐したとか。私は草もち作りたかったので、逆にヨモギは残しておいて欲しかったけれど、人によって好き嫌いがあるので仕方ありません。

適度に茂る分にはいいけれど、芝もミントも油断をすると野菜を植えている畝の方に侵入しそうな勢い。三角ホーでこれらが侵入しないようにしています。

ストレス発散する為に雑草抜く時は、メリメリ引き剥がしている感じを聞きたいので、あえて晴れてる日に鍬とか三角ホーでガツガツやりますが、時間もかかるし、力任せにはがす事になるのでかなり肩凝って疲れます、オススメしません。もはや趣味の領域になってしまいますが、春先イネ科の雑草抜くのがすごく好きなんですよね・・・。根っこがビッシリで、メリメリメリって音がするの。イネ科の雑草は区画内の土が柔らかいところには生えていなくて、区画と道の境界線あたりに沢山生えてきます。はっきり言って、晴れて土が乾燥した日に雑草抜くのは時間の無駄な気もしますが、結構楽しいんだな、これが(変?)。

雑草を抜く場合は、雨が適度に降った翌日、土がぬかるんでない時が、抜きやすいです。土砂降りの雨が降っている時、及びその後は、畑に入ると、土を踏み固める事になるし、足跡ついたり、長靴(靴裏)に土がべっとりついてやっかいなので、誰も畑にきません。

晴れている日に、簡単に雑草を抜きたい時は、ジョウロに水入れて、抜きたい雑草に水やってから抜くと比較的すぐ抜けます。

いずれにせよ、積極的に雑草抜く事ってあまりありませんが、三角ホーがあれば便利でもっと楽しく作業できるかな~なんて思って、衝動買いしてしまいました。早く届くといいな~。

貸農園で腹が立つこと その2

貸農園は、ベランダ菜園や自分の家の庭で菜園をやるのと違って、かなり開かれたスペースであるからして・・・。たまに野菜泥棒が出没し通りすがりに収穫間近の物を盗っていきます。ベランダや庭に不審者が入ってきたらすぐわかるし、もしそんな事がおきようものならば「不法侵入」で即!警察に!!届け出るのですが!!!農園で番しながら24時間すごすわけにもいかず、多くの場合、泣き寝入りです。

菜園泥棒は、露地はもちろんトンネル内の野菜もわざわざ不織布や虫よけ網をめくって盗っていく。簡易ビニールハウスも例外ではないらしく、ある意味、手間隙おしまないマメな泥棒。私も何回かやられました。道に面した区画は何度も盗られているようです。泥棒がいつ来たんだか、どんな面(ツラ)しているんだかわからないんだよねぇ。(←腹が立つので「どんな顔」とは書きたくなかったです)

沢山植わってるんだから、1個くらい1本くらい持っていったってわからないだろう、ぐらいに考えてるんですかね?早朝なのか深夜なのか・・・。人のいない時間帯に来て盗っていっているようです。欲しけりゃ無断で盗っていくのではなく、区画に人がいる時に声をかけてわけてもらえるようお願いすればいいのに(怒)。

通りすがりの見知らぬ他人にお願いされて、みんながみんな分け与えてくれるはずもないし、いきなり「頂戴!」と言われたら、なんて図々しい人なんだろうと思ってしまうかもしれない。だけど、無断で盗るような人よりは、声かけてくる人の方が好感持てそうな気がする。「腰が痛い」とか「疲れた」とか言いながら、収穫するのを楽しみに作業しているのに、そんな気持ちを踏みにじって盗っていくんだよねぇ。溜息出ちゃう。

たまに、私って心が狭いのかしら?と思うことがある。1個1本盗られたからって、そんなに目くじらたてることないと思う???

「管理」という面もあるので、菜園内で何か問題が起きた時には、菜園主さんに報告しに行きます。菜園主さんからもそうしてくれと言われたし、他の区画の人も問題があった時には、報告しに行っているようです。ただ・・・盗られる度に何度も行くのはクレーマーっぽいかしら?と心配になり落ち込む時があります。ブログで愚痴とか文句とか結構書いている方だけど、(私だって人間だもの・・・失笑??)、文句ばっかり言っているような気がして、自分が嫌になる時もあるんだよねぇ。盗ったヤツが悪い!私はただ事実を菜園主さんに伝えているだけ・・・なのに何故こんな気持ちにならなければならないの!(苦)。

種まきして芽が出たところを、嫌がらせ的に抜いていく人もいるらしいんですよね。同じ菜園の方からそのことを聞いて「えぇぇっ?なんで通りすがりにそんなことを??」とひどく驚きました。(私はそういう悪戯被害はないです。)そんな事をして気分が晴れるんでしょうか?余計に嫌な気分、惨めな気分になったりしないのかな?

踏みつけにするとかではなく、ご丁寧に1本1本抜くらしいのよ・・・。人目を忍んで1本1本チマチマ抜いている姿を想像すると、怒りを通り越して笑っちゃいそうだけど、やられた区画の人は、たまったもんじゃないよね。ブスブスくすぶるその黒い情熱を、嫌がらせではなくもっと前向きな・・・他の事に注いだ方が、マシな人生おくれるんじゃないのかなぁ?と思わずにいられない。

鍬、スコップ、レーキなどの農具がなくなったりもありました。正直言ってこれはかなり痛手です。盗られないようにするには、デカデカと、かなり目立つように名前を書いたり、鍵のかかる入れ物で管理したり、毎回持ち帰るようにしたり、いろいろ自身で防衛する必要があります。名前を書いても農園の外に持ち出され名前の部分を削られればそれでおしまい。鍵のかかる入れ物に入れておいても、鍵を壊されればそれでおしまい。毎回持ち帰るのが一番ですが、車ならまだしも、鍬・スコップ・レーキ等の農具を持って自転車にまたがる自分の姿を想像するだけでしんどい。私は支柱を4本農具を1本盗まれました。他の区画の人もかなり被害にあっているようで、菜園主さんに相談しているようです。菜園主さんは「防犯の為にカメラをつけるべきかなぁ?」と悩んでおられました。

腹が立って腹が立って腹が立って仕方ありません。思い出す度に怒りがこみ上げてきます。どんなに怒っても、なくなった物が戻ってくるわけではないので、これも泣き寝入り。諦めて忘れるしかありません。

家庭菜園の「楽しい」側面は、他のブログでいくらでも読めるでしょうから、私はあえて嫌だな~腹が立つな~と思ったことを書いてみました。その1もその2も、どちらかというと、通りすがりの人に対しての怒りです。すぐやめちゃう人は通りすがりと同じだもん。菜園で地道に頑張っている人達は、みんな「超」がつくほどいい人達ばかりで、感謝する事や情報交換がてら楽しく話す事はあっても、怒る事は今後もないと思います、多分。

そもそも。自分も被害にあった件は別として、前回書いた「その1」に関しては、地主じゃないんだし腹を立てる権利も理由もないんだよな(ただ私が勝手にムカムカしているだけで)。放置された肥料や支柱やその他もろもろも、私の区画に投げていったわけじゃないので、菜園主さんとやめた人との間の問題。「連絡しても取りにこない」「連絡しても電話にでない」云々、聞いたとしても腹を立てる立場ではないのよね。

誤解されないように書いておきますが「乳飲み子抱えて農園するな」とも言ってませんので、念のため。不要になったゴミを置いていく人が嫌いなだけです。

この人(←私のことね)、怒ってばっかだなぁ・・・短気だなぁ・・・思われても致し方ありませんし、実際に腹を立てる事も多いのですが、
貸農園での農作業は、区画の広さにもよるけれど頭で考えているより大変だという忠告(←特に体力のない文科系女子は)、「後は野となれ山となれ」ではなく「立つ鳥跡を濁さず」の方がいいよね?という提案、たまに泥棒が出るかもしれないよ!ついでに言うと泥棒だけじゃなく虫やモグラもいるし、地域によっては狸・猪・猿・外来生物などによる被害もあるかもね!蛇や蜂もいるかもね!という忠告、と好意的に解釈してもらえたらいいなぁ・・・と思います(図々しい?)。

ちなみに夏は虫除けで防衛しても寄ってくるやぶ蚊に悩まされ「もう!なんで寄ってくるのよ!!痒いじゃないの!!!」と腹を立てたりしますが、思うだけで、口に出して叫ぶわけでも、暴れたりもしません。顔を刺されれば、仕方のないことだとわかっていてもイライラする気持ちわかってもらえる?

貸農園は楽しい事だけじゃなく腹が立つ事もいろいろあるんです。

貸し農園で腹が立つ事 その1

田舎の貸農園は都会と違って競争率が高くないので、空きが出れば年度の途中でも契約できます。基本的に1年契約なので使用料は年間使用料を払うのですが、「年度ごとに再抽選」「年度ごとに更地にして戻せ」とは言わない所が多いし、翌年も継続したければ、その旨伝えるだけで同じ区画を利用できたりします。なので貸農園歴の長い人が多くメンバー的にも、あまり入れ替わりがありません。

ただ、貸農園歴が長い人の中には、自分の土地を取得したりもっと広い土地を求めてやめていく人がいますし(←若くてやる気のある人が多い)、年をとったり家族に不幸があったり病気になったりで、やりたくても畑作業ができなくてやめる人もいます。そうすると区画が空くので、新しい人が入ってくるんですがね・・・。そんな人の中に、たまにムカつく人がいるんですよね。

私もそうでしたが、ベランダ菜園とかやっていてもともと野菜を育てたり、そういうことに興味がある人が、広い土地とサンサンと降り注ぐ太陽を求めて貸農園を契約したケース → 草取りや鍬を振るう事に慣れていなくて体力的にムリと判断した場合は早々にやめる人もいるけれど、多くは地味ぃに自分のペースで続けている感じ。こういう人に対しては親近感を持つだけで腹は立たない。お互い頑張ろうね!って内心思うだけ。

私が「腹たつな、この人!」って思うのは、「ベランダ菜園や家庭菜園ブームに乗ってやってきたの?」って聞きたくなるような人の中で、やめていく時に、荷物やゴミを大量に置いていく人です。ここは、ごみ箱じゃないぞ!(怒)

貸農園を始めた時に買ったらしい支柱やら肥料やら置いていかれても、菜園歴の長い人は支柱なんて沢山持ってるんです。肥料もみんなこだわりあったりするから、置いていかれても自分の好みと合わなければ使わない。「○○さん、私やめるんでこれ変わりに使ってもらえませんか?」と言われるならまだしも、そもそも自分の物じゃない支柱や肥料を勝手に使うことはない。なので、置いていかれた支柱や肥料、黒い育苗用ポットだったりの多くが、誰の物だかわからないまま、道具置き場で置きっ放しになります。たまに菜園主さんから「×日までに、道具置き場の自分の荷物の整理をして下さい」というお達しが出て、その後、菜園主さんが片つけているようです。自分はもう来ないからいいと思っているのかもしれないけれど「迷惑かけるな!」って言いたい。

中には、畑に、ベランダで育てていたらしい観葉植物を植えていったり(←植えると言う名の処分)、鉢とかプランターとか置いていく人もいます。ここはごみ捨て場じゃないんだぞ(怒)!腹がたつったら!ありえないわー、ほんと。

家庭菜園はだいぶ前からブームだし、気候の変化か?店頭では野菜が高値で売られている → テレビ・ネット・雑誌などで野菜を育てている人の楽しげな様子や収穫風景を見て「私もやってみようかな~」と思って、貸農園を契約したんだろうね。夢も希望もあったわけだよね。「楽しそうだな~」「簡単にできそうだな~」と思ったのかもしれない。育てたい♪という気持ちはわかるしさ、チャレンジ精神は評価するとしても、続けられるか、もう少し考えてから始めればいいのに!!!と思う。

乳飲み子及び歩き始めて間もない子を連れてやってきた若いお母さんもいました。「食育」って思ったのかな?でもまだ子供が小さすぎて、そういうのわからないと思う。農家の嫁ならいざしらず・・・初心者で今までスコップも鍬も振るった事のない人が、小さい子を抱えて畑作業なんざ、体力的にもムリだと思うぞ?
なんて安易なのかしら・・・と見ていて溜息が出たけど、一方で、続いてくれるといいなぁと祈るような気持ちで見ていました(私は離れた区画なので挨拶ちらっとしただけ)。だけど思っていたとおり、4月、5月に2回くらい来ただけで、その後、来なくなりました。この人は100円ショップで買ったらしいジョウロを置きっ放しにしていきました。2人も子供抱えて、家事や育児が大変なことくらい、最初からわかっていたでしょうに、プラス畑だなんてねぇ。やめるのは構わないのよ、別に。ただ自分の物は持ち帰りましょうよ・・・。

雑草と共に育てる育て方もあるけれど(←私の育て方)、そういう育て方をしている人は稀で、多くの区画が雑草ひとつないくらい綺麗に手入れされています。雑草を生やしっぱなしにしている区画の人は一般的に「(雑草の)種が飛ぶ」と嫌がられます。なので、私も最初のうちは雑草をせっせと抜きました。貸農園の中で一番新参者&始めたばかりの頃は周りともコミュニケーションがとれていないので「雑草と共に育てます!」と言っても理解は得られず嫌われる原因になりえるからです。

鍬を振るわなくても、スコップ振り回さなくても、座って雑草を抜くだけで初心者は腰や背中が痛くなります、体験談です。

雑草と共に育てる=何も手入れしないというわけではなく、花が咲かないように、種が飛ばないように定期的に鎌で刈っています。貸農園の広さにもよりますが、これも座って雑草を抜くのと同じく農作業に慣れない者にとっては腰の痛い作業です。

ネットや雑誌で写真だけみて憧れてやってくるのかもしれませんが、虫もいるし、作業は多分想像しているよりしんどいと思います。机上でたてた計画が思うようにはかどらなかったり想定外のこともあります。慣れれば・・・工夫すれば・・・機械化すれば・・・ある程度、楽になっていきますが、続けられるかどうかよく考えて契約し、またやめる時は自分の物をきちんと持ち帰る事を徹底して頂きたいです。特にビニール系のゴミは、小さくても分解しないし、迷惑の極みです。以上、貸農園でむかつく事 その1でした。

ちなみに余談ですが、どちらかというと年配の方よりも、若くてピチピチしていそうな体力ある人の方がすぐ来なくなります。せっかく始めたのに何でそんなにすぐ諦めちゃうんだろう?最初から何もかもうまくいくことなんて滅多にないと思うんだけどな~と不思議。60代、70代、80代の人(←80代の人がいたんだよね~びっくり。)は、「腰が痛い・・・」とか言いつつも、頑張っているの。年とると体力気力いろいろ衰えていくはずなのに、とても元気。すごいよね~。高度成長期に日本の経済支えたような人たちは!根性あるよ!