ダンボールコンポストによる生ごみ処理検討

自宅での生ごみ処理を諦めていたある日、テレビでダンボールコンポストが紹介されているのを見ました。ダンボールコンポストは、マンションなどの集合住宅でも臭いが気にならない点がオススメポイントらしいです。生ゴミ処理の方法っていろいろあるんだなぁ。よく次から次へと思いつくものだと驚きながらも、これなら出来るかも・・・と思いました。

ダンボールコンポストによる生ゴミ処理は、EM菌と同様、微生物を使って生ごみを堆肥化していくそうです。但し、EM菌が微生物の嫌気性発酵を利用するのに対し、ダンボールコンポストは微生物の好気性発酵を利用するとか・・・。

ミミズコンポストは、シマミミズにかかる費用も結構かかったし、数が少ないと生ごみを処理してくれない。ミミズコンポストをやめたい場合、生き物なのでどうしようか悩むけれど、ダンボールコンポストは初期投資が少なくて買ってすぐ運用できる上、堆肥化に失敗してやめたくなったら土に埋めればOK。微生物は目に見えないので、ミミズが死んだ時のように「生き物を殺した」という罪悪感が少なくてすむ。「その後」を心配してあげる必要はありません。

ダンボールコンポスト!やっと継続してチャレンジできそうな生ゴミ処理の方法を見つけた!

これでやっと臭くて汚い生ごみとサヨナラできるのね♪と嬉しくなったついでに思い出した事がひとつ・・・。「あれ?そういえば随分前に誰かがダンボールコンポストやってるって言ってたような気がするなぁ。今でもやってるのかしら?」という事でした。もっと早く思い出していれば、生ごみ処理の方法をあんなにいろいろ検討せずにすんだものを・・・とちょっと後悔したけれど、いまさら後悔したってしょうがないので、さっそくダンボールコンポストによる生ゴミ処理のコツを聞いてみることにしました。