ミミズコンポスト検討

家庭で生ごみを分解処理・堆肥化するには、生ごみ処理機購入しかない!と思っていたある日、エコ関連のHPを見ていて、「ミミズコンポスト」を知りました。ミミズにエサやってますというタイトルのHPで「ミミズのエサやりって何だろう?」「ミミズを飼ってるのはどんな人?」と怖いもの見たさで(←ごめんなさい)クリックしました。

ミミズコンポストの紹介ページを見て、値段の高い機械式生ごみ処理機を購入しなくても、生き物を使えば生ごみを堆肥化できるのね・・・と目から鱗が落ちる思いでした。しかし、ミミズに対する抵抗感がぬぐえず「私はミミズ使いにはなれそうもない」と躊躇。「ミミズ」はもちろん「虫」とかすごく苦手で、素手はもちろん、軍手ごしにも触ることができなかったからです。箸を使ってつまむのもダメという有様でした。

家庭で出る生ごみを自家処理できたら素敵だけれど、生き物はちょっと・・・と思いながら、ページを読み進めていきました。実際にミミズコンポストをやっている人はどうやってミミズコンポストに行き着いたのだろうか?抵抗感ないのかな?という事が知りたかったが為に。

不思議なもので、ミミズコンポストのサイトでミミズの写真を何度も何度も繰り返し見るうちに「絶対無理」から「ちょっとやってみたい」と気持ちが変化。そして「私もミミズを飼ってみたい!」と、ミミズ導入に前向きな気持ちになっていきました。とはいえ、見ているのと実践は違います。生き物苦手な私が本当にミミズの世話ができるかな?と心配で半年くらい悩みました。

そしてある日、自宅近くに釣具屋さんがある事に気づきました。釣りとは無縁の生活をしていたので、そこに釣具屋さんがある事にも気づかなかったのに、ミミズを入手できる環境が整ってしまったのです。ミミズコンポストのHPを見てるだけでは進歩がないし、本格的なミミズコンポストを作る前に、スーパーでもらったトロ箱(蓋付き発泡スチロールの容器)を使って試してみよう・・・。気持ちを奮い立たせて、釣エサ用のシマミミズを5箱購入しました。(お値段は2,000円弱)

ミミズにエサやってます の管理人makikiさんが、シマミミズを手に入れるで書かれていますが、一箱だいたい90匹ぐらいだそうです。ミミズを使って生ゴミ処理するには、5箱じゃ全然足りません。かと言って、専門業者からシマミミズを大量購入する勇気も、農家の方にお願いする勇気もなかったし、とりあえず観察用(慣れる為)でいいやって軽い気持ちでやってみる事にしました。

さて、そんなシマミミズ。釣具屋さんでは、

↑こんな風な冷蔵ショーケースの中に入っていました。(注:画像は楽天市場から拝借)
シマミミズの商品名は「りんたろう」箱をあけるとビニール袋の中に綿みたいな物と一緒に入っています。

ミミズコンポスト用にシマミミズを購入してきたはいいものの、袋から出すのが怖くて怖くて、夫に「袋からミミズを出してもらえない?」と頼んでみましたが、「嫌や。気持ち悪い。」と即答され、「自分独りで出来ないならやるな」と怒られました。当たり前といえば当たり前なのですが、「男のくせにミミズ1匹対応できないなんて、なんてヘタレなの!」と内心、八つ当たりのように思いました。(夫は悪くないです)

仕方ないので自分で袋からシマミミズを出すことにしたのですが・・・。 釣具屋さんの冷蔵ショーケースから出てきてしばらく常温でいた為か、袋の中でシマミミズが活発化していました。

ウニョウニョ動くシマミミズ。
あぁこのまま、放っておいたら、どんどんどんどん活発化しちゃう(T T)
早く用意したミミズのおうちに投入しなくちゃ・・・と、ベランダで悲鳴をあげながら作業しました。シマミミズと一緒に入っていた綿は、いずれミミズの食べ物になるそうなので、そのまま袋を逆さにするだけの作業だったんですけど、怖くてゴム手袋をはめました。初めての生ミミズ。噛んだり刺したりしないとわかっていても、怖さと気持ち悪さゆえに叫ぶこと数回。キャーッとかわいい声で叫ぶのではなくギャーッと低い野太い声で何度も叫んでいたので、隣近所はさぞうるさかったろうと思います。まさか隣のベランダで、ミミズが展開されていたなんて思わなかったでしょうね。

シマミミズを無事、発泡スチロールで作ったピートモス入りのお家(ミミズ箱)に投入。シマミミズが新しい環境に慣れるまで、脱走者が何匹も発生しました。最初のうちは、脱走したシマミミズの姿をベランダで見る度に叫んでいた私ですが、慣れとは怖いもので、割り箸でミミズをつまんで箱に戻せるようになりました。そして、生ゴミ(ごくごく少量)をミミズ箱に投入するようになると、小さな体で生ゴミを食べている姿が、かわいく思えてきました。心境の変化といったところでしょうか。

あくまで観察用として作ったミミズ箱なので、自宅で出る生ゴミを処理するまでには至らなかったのですが、暇があれば「ミミちゃん死んでいないかしら?」と、ミミズ箱を開けては、割り箸でほじくりかえす日々でした。シマミミズにとっては、かなりストレスを感じるような環境だったと思います。

シマミミズの観察はとても楽しかったのですが、1年くらいたった頃、夫の転勤が決まった為、それをきっかけにミミズ箱をやめる事にしました。荷物を運ぶ時にミミズが集団脱走したら引越し業者さんも迷惑でしょうし、私自身も嫌だったので・・・。勝手にミミズを買ってきていらなくなったら捨てるなんて、なんて身勝手なのかしら!と思われるかもしれませんが、観察用ミミズ箱は実家に託す事にしました。(←結局全滅、死んだらしい。脱走してモグラにやられたっぽい)

機械式生ゴミ処理機を買う余裕がない!
やっぱり生き物は大変だ!
という結論に至り、ミミズコンポストによる生ゴミ処理計画も実行できず。

このページを書いた2008年はなかったのに、もしかしてミミズコンポストって流行ってるのでしょうか??楽天市場でミミズコンポストを発見。しかも本格的なミミズコンポスト。容器とミミズがセットになっているものもあってびっくりしました。(値段の安い方は、容器だけみたいです。)


店名:いらっしゃい!KOWA(楽天市場)。それにしても・・・楽天市場って本当になんでも売ってるんですね。