SIMカード・SIMフリー端末を楽天ポイントで

スマホ代を節約する為に、ドコモやau・ソフトバンクなどの携帯キャリアから、SIMフリー端末とSIMカードによる格安スマホに乗換を検討した際に調べた楽天市場のリンク。

SIMカードやSIMフリー端末を購入する為に、わざわざ店頭に出向くのが面倒な人や、楽天カードの利用や楽天市場での買い物で貯まったポイントで決済して少しでも新たな支出の発生を抑えたい人向け。まぁ、ポイントを活用した購入は、保有ポイントにもよりますので、人それぞれですが。

イオンモバイル SIMフリー端末セットが安いなと思った理由

スマートフォンの機種変更に伴い、SIMフリー端末と各携帯キャリアの料金プランなどを検討中です。2015年5月には、SIMロック解除が義務化されるそうなので、それまで待つつもりでしたが、3年半以上利用していた端末が壊れてしまい、SIMロック解除が義務化される前に、機種変する事になりました。

イオンモバイルで、SIMフリー端末の実機を見てきた感想と、安く購入できるかなと思った理由を書いてみたいと思います。

“イオンモバイル SIMフリー端末セットが安いなと思った理由” の続きを読む

家計簿(食費)2013年 初めての食費公開(後悔)

2013年1月分 初めての食費公開(後悔)

食費を今年から毎月公開してみようかなぁ・・・なんて思って、一時の気の迷いか?勢いか?ま、どっちでもいいんですけど、とりあえず書いています。今回、自分への戒め的に書かねば!と思った理由は、1月の食費(支出)が、あまりにも多かったせいです。

食費の節約をやめて、少しずつ食費にかかる支出が増えていきました。多少支出が多かったところで、気にしなくてもいいのかなぁ~あえて公開しなくてもいいのかも~とも思いますが、食費の節約をやめた → 好きなもんを食べまくる → 食費が増える → 他の項目の管理もおざなりになる → 自称・節約主婦から、誰が見てもあきらかな浪費家へ転落 という流れはやはり避けたいな・・・と思った次第です。

ちなみに、自分で作った野菜や購入した食材は無駄にしていません・・・全部、きっちり腹の中へおさまりました。

食費(米/酒・珈琲・菓子などの嗜好品含む)2013年1月分の金額

年明け早々、こんな金額を目にするとは思ってもいませんでした(泣)。我が家の食費1月分は、31,341円と、3万円台を突破。家庭菜園やってるのに・・・野菜高騰で大夫助かっているはずなのに・・・(苦)。

食費2013年1月分の反省

1月前半は風邪で熱出して寝ている日が多かったので、食費はあまりかかっていないような気でいましたが、元気になってレシート見ながら家計簿つけてて「うぉぉぉ」と何度叫んだ事でしょう。動けない私のかわりに仕事帰りに買物へ行って、「ジュースしか飲めない・・・ヨーグルトしか食べれない・・・アイスが食べたい・・・のど飴欲しい・・・」という私の希望を全てかなえてくれた夫。苺などのフルーツも沢山買ってきてくれました。自分(夫)用のお弁当や酒のつまみも。

私の熱が下がったのと入れ違いに、今度は夫が高熱で数日間ダウン。ご飯はうどんやおじやを作りましたが、そのほか食べたい物は、希望を聞いて買出しへ。

二人とも元気になってからは、食べる事ができなかった時の反動で、すき焼きとか焼肉とか刺身とかアンチョビとか・・・そしてお酒。「ビールやワインが美味しく思えるほど回復できたね~」と言って喜んでいました。(阿呆かな、私達?)

家計簿つけてて、健康第一!!!とつくづく思いましたよ~。

食費の節約をやめたとはいえ、我が家の場合、野菜は自給自足の物もあるんだし、2万円超えたらダメだろう・・・って思います。家庭菜園やっていなかった頃の食費予算が15,000~20,000円だったんだからねぇ。来月は少し締めたいと思いますが、できるかなぁ?
以上、初めての食費公開(後悔)でした。

食費2013年2月分 酒代使いすぎ

結論から先に言いますと、2013年2月分の食費も先月に引き続き「使いすぎ」という結果になりました。2月は日数も少ないというのに、かなりの金額を食費につぎ込みました。後悔していません。えぇ!後悔なんかしていませんとも!!

食材を腐らせたり、料理したはいいけれど残して捨てたりといった無駄はありませんでした。ただね・・・とにかく酒代が・・・飲んだんで仕方ないですけど・・・酒代がね・・・ちと、イタイ。

食費2013年2月分の金額と反省(米/酒・珈琲・菓子などの嗜好品含む)

2013年2月分の食費は、41,367円という結果となり、4万円台を突破しました(汗)。食費の中で集計後の金額が大きかった物は、ビール2箱(楽しく美味しく飲みつくした為もう1本もありません。)、焼酎(森伊蔵購入権利が当たった・3月届く予定)、料理用ワイン赤・白1本ずつ、米10kg、花粉症対策でヨーグルト、牛乳です。

食費UPの原因は主に酒類だと把握できているので、お酒をやめれば減るんですけどね。会社から帰宅した夫が「毎日ビール」を期待しているのか?目をキラキラさせながら冷蔵庫に直行するもんで、なんだか減らしづらくなっています。「お仕事お疲れ様!」の意味も込めて乾杯するのもいいかな・・・ビール1本ぐらいいいよね・・・と思って飲んでいたら、だんだん本数が増えている我が家です(ヤバイ)。

食費集計後の内訳で、お酒以外の金額UP要因で2月から増えた物は牛乳です。

今まで牛乳が嫌いで月1本買うか買わないか位の購入頻度だったのに、骨を丈夫にする為に始めた「牛乳+レモン汁+ハチミツ」習慣が原因で(前記事:肌の調子がいいみたい)、牛乳代もかつてないほど高額になってしまいました。牛乳は今まで料理やカフェオレ飲む時に少し使う程度だったんです。私が嫌いなせいで、家族にもあまり(ほとんど?)飲ませていなかったんですが、飲んでみたら意外に美味しくて・・・。最近は「ホットミルク飲む人、手上げて~♪」とか言ってる私。自分でもびっくり。まぁ、牛乳はお酒と違って健康にもよさそうですし、今まで少なすぎただけなのでこのままでいいのかもしれません。

以上、家計簿(食費)の金額と反省でした

食費2013年3月分

食費2013年3月分、家計簿集計及び反省タイム終了しました。

食費2013年3月分の金額と反省(米/酒・珈琲・菓子などの嗜好品含む)

2013年3月分の食費は、27,953円という結果でした。今月も多目かな・・・。食べすぎ&飲みすぎで、確実に肉となっているような気がするのは気のせいでしょうか?

ビールは箱買いした方が金額的に若干お得ですが、先月飲みすぎた為(←あるだけ飲んだって感じ)、今月は箱買いせず6本パックを2回購入しました。お酒にかかった金額は、先月より少なくなりましたが、ビールのかわりに家にあった焼酎&ワインを飲んだので酒量は逆に増えています(汗)。

1~2月は原因不明の体調不良でほとんど貸農園へ行けませんでしたが、体調不良の原因が何となくわかったので(←マスクなどで対策できる。但し、超怪しい格好で畑に出没)、3月は野菜にかかる支出が減りました。暖かくなってきたので、アスパラも採れるようになったし、玉葱も大きくなった物から順次収穫中。人参も間引きながら食べています。ブロッコリーは採れすぎ。畑に放置しておくと花が咲いてしまうので固ゆで&冷凍保存していますが、冷凍庫におさまらなくなってきました。ブロッコリーが嫌いになりそうな勢いで、毎日大量に食べています。ブロッコリーでお腹いっぱいになった日も・・・。

九州はそろそろ杉花粉の飛散も終了に近いので食費に占める割合が高い花粉症対策用のヨーグルト&牛乳も、4月は少し減ると思います。来月はお米を買わなくちゃ・・・。

以上、家計簿(食費)の金額と反省でした

食費2013年4月分

食費2013年4月分、家計簿集計及び反省タイム終了しました。

食費2013年4月分の金額と反省(米/酒・珈琲・菓子などの嗜好品含む)

2013年4月分の食費は、35,368円という結果で先月よりもだいぶ増えました。食費に占める嗜好品の割合が1万円を超えてしまい、2万円に迫る勢いです。その分、美味しく楽しく頂いたわけですが、いくら食費の節約をやめたとはいえ、少し考え直すべきかなぁと・・・思わないわけでもない。「楽しい&美味しい=健康的」だったなら、別に金額を気にする事でもないんですが、少し不健康路線を進みつつある我が家です。飲みすぎ&食べすぎは、体によくないもんね。

その他、4月はお米を15kg購入しました。ご飯もモリモリ食べています。もうほとんど残っていないので、5月もお米を購入しなくてはなりません。年をとると、若い頃に比べて食は細くなるはずなのに、この食べっぷり。食欲が落ちる気配はなく、全て肉となって自分の体にためこむ毎日です。野菜類は、家庭菜園で収穫できるものを中心に食べているのであまりお金はかかりません。

以上、家計簿(食費)の金額と反省でした

食費2013年5月分

食費2013年5月分、家計簿集計及び反省タイム終了しました。書くの忘れてた。

食費2013年5月分の金額と反省(米/酒・珈琲・菓子などの嗜好品含む)

2013年5月分の食費は、37,349円という結果で、先月よりもまたまた増えてしまいました。食費に占める嗜好品の割合は1万3千円位なので、嗜好品だけ考えれば、先月より減りましたが、相変わらずのダメっぷりです。嗜好品は主にビール・珈琲・菓子類です。

5月は、米を5kg買いました。あと、今月から毎日ではありませんが、お弁当を作るようになりました♪
「昼くらい好きなもの食べたい」とか「お弁当持っていくのが恥ずかしい」とか「車中で食中毒になりそう」とか、食べる前から文句ブチブチ言っていた夫。「弁当?そんなもんいらん」と、かなり強い口調で拒絶していた夫が「お弁当持っていくようにしようかな~」だって。なんかちょっと嬉しいです。

「お弁当持っていく」発言が、嬉しい気持ちとは裏腹に、これが悩みの種となってしまいました。自分が食べるお弁当なら彩り悪くても前の日の残り物ONLYでも全然構いませんし、そういうのなら毎日作れるんですが、夫はそうじゃないみたい。残り物=食中毒って思っているっぽい。「冷凍食品でいいから」「冷凍食品の方がいいから」と言われます。冷凍しておいた自家製おかずを入れるのと、市販の冷凍食品を入れるのと、同じじゃないのかなぁ?と思う私。夫のリクエストで、今月は2回(2袋っていう意味)冷凍食品を購入しました、ちょこっとしか入っていないくせして、高いよね。あ、でも、自分で作る時の光熱費とか考えたら、逆に市販の冷凍食品の方が安いのかな??よくわからないわ(今度、機会があったら比較してみよう、そうしよう)。

お弁当の為だけに毎朝少量作るという作業を思うと、それだけで苦痛。やはり前の日の残り物&冷凍つくりだめおかずに慣れてもらわねば!と思います。冷凍食品と混ぜる形で、自家製冷凍おかずを詰め、できれば前の晩の残り物もしのばせたい。そんな感じで始まったお弁当づくり・・・気が向いた時だけ作っていて、毎日ではないので、徐々に頑張っていければなと思います。子供の為にキャラ弁とか作ってるお母さん、尊敬しちゃうわ~。あれって朝早く起きて作ってるのよね???爪の垢煎じて飲みたい!!と思う今日この頃。

以上、家計簿(食費)の金額と反省+アルファでした

食費2013年6月分

食費2013年6月分の集計が終わり、金額とその内容の反省について公開します。

食費2013年6月分の金額と反省(米/酒・珈琲・菓子などの嗜好品含む)

2013年6月の食費は、53,962円という結果でした。米30kg購入しました。お米は、普段スーパーで5kgずつ購入していますが、どうせ食べるし、すぐなくなるし、頻繁にお米を買いに行くのが面倒&腰が痛くて5kgですら持ちたくないし・・・という理由から、玄関まで運んでくれるメリットを活かす為にネットでまとめ買いしてみました。「このブランドの米は、店頭で買ってもこのくらいの価格帯かな?」「でもやっぱり店頭で購入するより若干割高なのかしら?」など、いろいろ考えましたが、ずっと食べてみたかったお米で自分が納得して買ったので満足です。

梅酒の中の梅を食べたいが為に、毎年自家製梅酒を作る我が家。いつも1瓶作って、足りなかったら市販品を買うというマイルールでやってきました(←実際は、足りててもいろんな梅酒を買っていた)。なのに、店頭で日本製の瓶がかなりお手頃な価格帯になっているのを見て果実酒用の瓶を新調し、去年は4L×2瓶も作ってしまいました。そのせいで、まだ2L弱、飲みきれなかった自家製梅酒(梅の実は全部食べちゃってもうない)が残っています。今年の梅酒はどうすべきかな?とすごく悩みましたが、やっぱり材料そろえて作ってしまいました(汗)。梅酒作りにかかった金額は嗜好品にすべき所ですが、分けるの忘れて主食・副食の方に入れてしまいました・・・もっとも、微々たる金額です。梅酒作りは、例年直売所で買う地元産の梅。今年は紀州の南高梅が置いてあったので、南高梅で作りました。早くできないかな~と楽しみです。梅ジャムも作って、生姜もつけたし、後は、家庭菜園・夏野菜の収穫を待つばかり。食べる事だけが楽しみです。

食費6月分に占める嗜好品の金額は1万円くらいでした。主にビールとスイーツです。「7月からダイエット始めるのでスイーツはいらない」と夫。もう既に挫折したみたいで、7月も嗜好品は同じくらいの金額になりそうな気配。ちょっと多すぎなのよね。

先月から始めたお弁当づくりは、今月もそれなりに頑張りました。作りおきおかずや残り物を冷凍して、少しずつお弁当に入れていく作戦実行中。「この季節、食中毒が怖いから、朝、作ったばかりのおかずを入れてくれ」という夫に、「今日の朝作った!」と言い張る妻。今月も2袋買っちゃったので、来月はお弁当用の冷凍食品はゼロにしたいです。

節約している人から見ると、突っ込みどころ満載な我が家の食費。食費の公開を始めてから、どんどん金額が増えています。以上、6月の食費でした♪

食費2013年7月分

食費2013年7月分の集計終わりました。

食費2013年7月分の金額と反省(米/酒・珈琲・菓子などの嗜好品含む)

2013年7月の食費は、36,079円という結果でした。「7月からダイエット始める!だからスイーツはいらないよ!!」宣言した夫に対して、「挫折というより、ダイエットしてないよね?」と妻は言いたい。ま、予想していたとおりです(笑)。その結果、今月も、食費に占める嗜好品の金額が、1万円位になってしまいました。主にビールとスイーツです。酒量は、少し減らしました、これでも。毎日のようにビール350ml缶を数本(+焼酎)飲んでいたのを、500ml缶のビール1本にしてもらいました。「仕事が終わった後の、ささやかな楽しみなのに・・・」と言われましたけど。

お弁当づくりは、今月もそれなりに頑張りました。お弁当用の冷凍食品はゼロにして、残り物盛り沢山&強制的に詰め込んで、持たせてみました。夫も弁当にだいぶ慣れてきたようで「朝作って・・・新鮮な・・・云々」とは言わなくなりました。ただ、会社に着いたらすぐ冷蔵庫に弁当を突っ込み、食べる前に、傷んでないか臭って確認しているっぽいです(←大丈夫だよ!って言ってるのにな・・・笑)。

子供の頃、卵焼きで死ぬほど苦しんだ事が(←お腹減って自分で作った卵焼きでお腹こわしたんだそう)トラウマになってて、賞味期限や消費期限に異様なまでに厳しい夫。期限前の物でも期限が迫ってくると食べないし、期限までまだだいぶ時間があっても、ソースやドレッシングなどの調味料で容器の底2cmきってる物は使わない。そんな感じの延長線上で、残り物詰めたお弁当に対する警戒心があるわけで(笑)、あと少し、慣れせば(?)、ご飯が冷たかろうが、肉が硬かろうが、味が薄かろうが、文句を言わなくなる事でしょう、きっと。でもまぁ、なるべく美味しく食べることができるように、保温できるお弁当箱買ってあげたいなぁ・・・と思ったのでした。

以上、7月の食費でした!

食費2013年8月分

食費2013年8月分の金額と反省。家計簿の集計終わりました。家計簿の中から食費だけ公開中です。夏は、たらふく食べても、家庭菜園で収穫できる野菜のおかげで、節約をあまり意識しなくても、金額は少なめ。但し、暑さで炭酸飲料・菓子類、酒類が増えてしまうため、嗜好品代が問題です。

食費2013年8月分の金額と反省(米/酒・珈琲・菓子などの嗜好品含む)

2013年8月の食費は、26,829円という結果でした。食費に占める嗜好品の金額は6千円前後でした。暑いので、ジュース類(主に果汁と炭酸)が増えてしまいました。いつもより食費が少なかったのは、酒量が減った→酒のつまみ類を作るための食材購入が減った&まとめ買いで米代は前月までに食費として計上済、という3つの理由が考えられます。それ以外はいつもどおりって感じで、夫のお弁当づくりもそれなりに・・・気が向いた時だけ・・・頑張ったダメ嫁です(汗)。

毎日欠かさず、栄養バランス考えたお弁当を持たせてあげられるようになるのは、いつのことやら・・・。最近、夫からのリクエストが多くなり、「家での食事とかぶらないようにお弁当を作るには?」に頭を悩ませています。来月も自分のペースで頑張ろう(←ずぼら~)

以上、8月の食費でした!

食費2013年9月分

食費2013年9月分の集計終わりました。食費の節約はしていませんが、毎月、家計簿をしめた後に、食費の金額をネットで公開しています。

食費2013年9月分の金額と反省(米/酒・珈琲・菓子などの嗜好品含む)

2013年9月の食費は、24,861円という結果でした。食費に占める嗜好品の金額は5千円前後でした。ビールを1箱頂いたので、いつもよりお酒代はかかっていません。それなのに5千円も嗜好品に使っているという事は、お菓子やジュースが増えたってことかなと反省。ローソンのポイントで日本酒をもらったり、ファミマで交換できるクーポンでビールをもらったり、あと、親戚からお米を1袋頂きました。なのに、食費が前月と変わらないってどうなんだろう・・・と、内心思う私。ま、いいんです。食費の節約はしていないんで。食べたい物を食べたい。美味しい物を!

以上、9月の食費でした!

食費2013年10月分

食費2013年10月分の金額と反省(米/酒・珈琲・菓子などの嗜好品含む)

2013年10月の食費は、33,063円という結果でした。食費に占める嗜好品の金額は6千円ちょっと。うちお酒代は1,200円弱(6缶パックを1個購入)。今月はお酒をなるべく控える月間にしたので、酒のつまみは買いませんでした。酒代ひいた残り全部がお菓子です、やばーい(笑)。前月と、あまり変わらない結果になってしまった。ストレスたまって甘い物に逃げてるのかな~。現実逃避かしら~。ひと月5千円もお菓子に使うってどう?計算上、年間60,000円がお菓子に消えるってことですよ。お菓子代をつもり貯金したら、どっか旅行できそうだなぁと反省しきり。11月は菓子類控える月間にしようと思います。

楽天市場で買いだめしていた米がなくなってしまい、頂き物のお米も食べつくしてしまったため、今月は米も買いました。新米の季節っていいですね♪ツヤツヤモチモチ、噛むと口の中に広がるお米の甘み。朝からがっつり食べてます。

以上、10月の食費でした!

食費2013年11月分

食費2013年11月分の集計はとっくに終わっていましたが、サイトにUPしていなかったので、いまさらですが、更新します。

食費2013年11月分の金額と反省(米/酒・珈琲・菓子などの嗜好品含む)

2013年11月の食費は、58,590円という結果でした。過去、最高額を記録。食費に占める嗜好品の金額は約1万円。但し、今月はお菓子類はなるべく買わないようにしたので、嗜好品の金額=ビールです。

11月に入ったので、年末年始の買物を前倒しで行って冷凍庫で備蓄しておこう計画を実行していました。もうすぐ年末だし!と、カニとか数の子とか普段あまり食べない物を、嬉々として購入。冷凍庫に入れておくはずが、なぜか胃袋へ。ただただ「美味しかった」という記憶しかありません。贅沢月間でした。

以上、11月の食費でした!

食費2013年12月分

食費2013年12月分の金額と反省。年末年始の準備や買いだめで、食費の節約とは無縁な日々をすごしました。

食費2013年12月分の金額と反省(米/酒・珈琲・菓子などの嗜好品含む)

2013年12月の食費は、70,797円という結果でした。食費に占める嗜好品の金額は1万円ちょっとです。11月に過去最高額の食費となり驚きました。そして、12月の食費は、前月の食費を更に上回る結果となってしまいました。家計簿は毎週末つけているので、途中で、今月の食費はやばいかも!って思ったのですが、もう歯止めがききませんでした。年末年始用にごにょごにょ。もつ鍋の材料を買いだめ~。お寿司やお刺身も沢山食べて幸せ。

食費には、楽天市場でポイント決済した分なども含まれているので、食費=支払金額ではないですが、ちょっと食べすぎかな~と思わないでもない今日この頃。1月は少し、食べるの控えようと思います。

以上、12月の食費でした!

寒さ対策と効率的な暖房使用で電気代節約(TV世界一受けたい授業より)

先日「世界一受けたい授業」で、冬の節電対策について放送されていました。
たまたまTVをつけたらやっていたので途中から見たのですが、「寒だまり」について紹介されており、寒さ対策と効率的に暖房を使う事で、暖房にかかる電気代を節約しましょうという趣旨でした。

部屋の暖かさが外に逃げる熱損失

窓から48%、壁からは19%、床から10%

窓からの熱損失を防ぐ為の基本
短いカーテンは隙間から冷気が入ってくるので、カーテンは長い物を使って、床との隙間を作らない。

我が家の場合、窓からの熱損失を防ぐ為の基本的な対策は、おさえているのですが、番組内では、カーテンのサイドにマジックテープをつけて隙間があかないようにしていました。さすがにそこまでしていませんでしたし、カーテンにマジックテープをつける発想がなかったので、実行にうつすかどうかは別として、参考になりました。

エアコンの風向きを暖房に適した方向に設定

水平:冷房に適した使い方。エアコンの風向きを水平方向にして暖房をかけると、10~15分後には、部屋の上と下で10℃の違いが出てくるそうです。

スイング:送風や扇風機のような使い方に適す。天井近くからあたたまるので、あたため損が生じるそう。

下向き:冷気がたまりやすい下からあたためるので効率的。

我が家の場合、冬はエアコンを使わないので、エアコンの風向きに関してはあまり関係ありません。待機電力をカットする為、エアコンはブレーカー落としてるくらいですから。

家の中の寒だまり対策で冷気が入ってこないようにする。

冷気が入ってくる場所その1・・・キッチン換気扇の換気口。換気扇のスイッチはこまめに切る。

冷気が入ってくる場所その2・・・押入れやクローゼットの隙間
押し入れやクローゼットは普段扉が閉まっているので、中が冷え切っていて、その冷気が外に漏れると寒さを感じるといっていました。

冷気が入ってくる場所その3・・・床と壁の接合部分
接合部分までは、考えた事ありませんでした。すきまテープでも貼り巡らしますかね??自宅で、床と壁の接合部分全部にすき間テープで対策を施すと、すき間テープを買う金額の方が高くつきそう。すき間テープのところに埃がたまりやすくなりそうな気もするし。「床と壁の接合部分から冷気が入ってくる」という認識がなかったので、目からウロコ的な情報でしたが、今後どうするべきかもう少し考えてみたいと思います。

冷気が入ってくる場所その4・・・コンセント。床下の冷気がコンセント部分から入ってくるんだそうです。コンセント周りの温度は、1時間で4度低下するそう。使っていないコンセントは、コンセントカバーをするといいそうです。

素材による断熱性能の違い

  • コンクリート・・・50cm
  • レンガ・・・20cm
  • 土・・・20cm
  • 木・・・5cm
  • 空気・・・8mm

その他

観葉植物を窓際に置くと、昼間の日差しで土があたたまる為、オススメと言っていました。

我が家はオール電化で、ガス併用のご家庭よりも沢山電気を使うため、テレビで見た情報を活かし、更なる節電に努めたいと思います。電力会社による電気代値上げになんか負けないぞ!

クーポンサイトでお得におでかけ

クーポンサイト・くまポンで、守護陣温泉 貸切露天風呂50分 のクーポンを購入しました(2012/4/9)。「節約はしたい・・・だけど、たまにはおでかけしたい!」って時に、クーポンサイトを上手に使うと、あまり費用をかけずに日帰り旅行できます。

くまポン 守護陣温泉 日帰り温泉クーポン
↑くまポンで、2012/4/9に購入したのはこの日帰り温泉のクーポン。

守護陣温泉 貸切露天風呂クーポン購入の決め手

  • 加水・加温なしの天然温泉
  • 700円で何名でも利用可
  • 利用できる期間が長かった
  • 事前の予約がいらない
  • 土日祝日の利用制限無

上記理由が、購入の決め手。お得かな~と思って。

くまポンで日帰り温泉のクーポンを始めて購入
グルーポンでも、同じクーポンが同じ値段で掲載されていたので、どっちのクーポンサイトで購入するか迷いましたが、私が、くまポンでこのクーポンを購入した時は、「初めての買物の場合10%OFFになる」キャンペーンをやっていたのと、くまポンギフト100円券があったので、より安く購入できるくまポンで購入しました。画像を見ていただくとわかりますが、700円でも十分安いのに、最終的には530円の支払いで済みました♪ラッキー!

もっとも、自宅から守護陣温泉までの交通費(ガソリン代+高速)がかかるので、これだけ買って遊べるというわけではないんですけど、レジャーですからね~。

くまポンで購入したクーポン使って守護陣温泉に行ってきた感想

守護陣温泉_受付
受付前に雑誌「るるぶ」があって、日本の風呂100選に選ばれたと書いてありました。

守護陣温泉 施設案内
守護陣温泉の施設案内。

守護陣温泉_貸切風呂ごとの待ち時間
貸切風呂ごとに、待ち時間が表示されていて一目でわかって便利。

守護陣温泉貸切風呂 脱衣所
脱衣所にある暖房器具みて、場所が場所だけに、冬は無茶苦茶寒いんだろうなぁなんて想像したりしていた。

守護陣温泉 貸切家族風呂内部
お湯って入れ替え制なのかなぁ?それとも、私達が行った日はあまりお客がいなかったのだろうか?新しいお湯でラッキー。

守護陣温泉貸切家族風呂
比較的熱めの湯なので、湯船の横が板の間になっているのは休憩がてら座ったりできてよかったです。ただ、窓全開&網戸なしなので、自然豊かな場所にあるだけに、夏はやぶ蚊がすごいかも。蚊取り線香持参で行く事をオススメします。私は大丈夫だったんですが、夫が集中的に蚊に刺されていました。裸なのでね・・・全身刺されまくって10箇所くらい赤くなってたよ(笑)。夫、太ってるからきっと血がおいしいんだね・・・。

山道なので・・・守護陣温泉の駐車場につくまでの道が細く大変でした。対向車来ないことを祈りながら、進む感じ。冬、雪が降っていたら怖かったかもしれません。温泉はとても気持ちよかったです。以上、守護陣温泉 日帰り貸切家族風呂のレポでした。

くまポンのお得なクーポンを見逃さないようにいつもチェックしています♪


ナイトタイム給湯に使う電気使用量を減らし、劇的に改善

深夜時間帯の給湯に使う電気量が大きく、どうやって節電したらいいかよくわからなかった日々。頑張っても頑張っても電気使用量の削減ができなくて、焦って焦って焦りまくりました。オール電化の節電に、真剣に取り組むようになってから約半年。時間がかかりましたけれど、貯湯量を考えながら、夏場は手動で「休止」設定をし、沸き増しの日数を減らしたところ、劇的に改善しました。

夏はなるべくクーラーつけず、冬はなるべく暖房つかわず、過ごしてきた私(家族が一緒の時は除外)。

後は、冬場の節電について考えるのみ。

オール電化・電気温水器使用家庭 電気代の分析

私は、オール電化・電気温水器使用の家庭では、「給湯にかかる電気代は減らせない」と思い込んでいました。時間帯別にざっくり管理してはいたものの、日中の節電にばかり目がいっていて、ナイトタイムの節電については考えた事がありませんでした。

電気で深夜時間帯にお湯を沸かす為、日中の使用量に比べたら、ナイトタイムの使用量の方が多いのに、何故今までナイトタイムの電気使用量を減らす努力をしなかったのでしょう。

もっと早く気づけば、無駄な電気料金を支払わずにすんだのに。しかし、気づいたからには、頑張って削減していきたいと思います。

それにしても、電気温水器って、すごく電気使うんですねぇ。ナイトタイムの単価は日中に比べて安いとはいえ、電気使用量の70%以上を深夜時間帯で使っています。

仮に、深夜時間帯の電気使用量を半分に減らす事ができれば、前年比10%どころか、50%くらい削減できるかもしれません。

お風呂は毎日新しいお湯で入りますが、給湯の温度設定や、温水器の貯湯量及び温度を考えながら、手動でコントロールし、沸き上げにかかる使用量を減らしていきたい。

ブログなどで電気使用量や電気代を公開されている方は沢山いらっしゃいますが、我が家と同じような環境で時間帯別の使用量や金額を公開されている方は少なく、比較の対象がなかったので、どのくらい削減できるのか不明でしたが、とりあえずやってみました。

冷蔵庫1台+扇風機2台の電気代 我が家の場合

オール電化で、今まで無駄に電気代を払ってきた分を取り戻したい!と思い、節電に燃える夏。今日は、夏のリビングタイムに、冷蔵庫と扇風機がどんだけ電気使ってるのか確認しました。

我が家の冷蔵庫は古いので、そろそろ買い替え時期なんですが、まだ壊れていないので、勿体ないかなぁ・・・と思って買い替えを迷っています(迷い続けて、もう何年もたっている優柔不断な私)。エコポイントがあるうちに買おうかどうしようか迷い、結局、買わなかった我が家。お金がないのと、壊れていないのに買い替える事に抵抗があったのが理由。壊れていない=万全な状態で使えているという意味ではなく、冷凍庫の調子が悪い+冷蔵なのに凍ったりする不具合は出ているので、夫には「買ったら?」と言われております。

古い冷蔵庫を使い続けるより、新しい冷蔵庫に買い替えた方が、省エネでお得!って言われていますし、ランニングコストが安くなるのであれば、それもまぁ一つの手段なんですがね。エアコンを買い替えるべきか迷った事がありまして・・・その時、メーカーさんにいろいろ問合せした結果、日本の省エネ技術って昔からすごいんだなぁと感心し、とりあえず壊れていない家電を買い替える必要はないという結論に至った私です。(その話は、気が向いたらそのうち書くかもしれません)

で、結果的に、冷蔵庫購入はもう少し先のお話になったわけですが、消費税がUPする前には買うだろうと思いますんで、現在の状況把握ってことで、電気代を調べてみました。(前置き長い・・・笑)

8時になるのと同時にブレーカーをバチバチきりまくり、冷蔵庫と扇風機2台のみ稼動状態に。結果は、電気使用量1.4kwh、電気代約46円でした。冷蔵庫と扇風機だけで月1,426円かかる計算。7月に入ってから昼間パソコン使うのをやめたんで、その分節電できてるとは思うのだけれど、何もしなくても、1,500円は確実に支払わねばならないのね・・・と思ったら少しブルーになりました。

電気温水器の電気代

お次は、電気温水器。電気温水器の電気代は、1日100円前後で推移中。但し、夜は、パソコン・テレビ・エアコン他いろんな家電で使う電気代がコミコミになっているので、温水器オンリーの使用量や電気代はメーターから逆算しただけじゃよくわからない。

今まで、「深夜電力は単価が安いから」と思って、あまり節電意識なかったんですが、温水器は容量が300L以上あるし、温水器のお湯は70度以上・・・40度前後の湯船に浸かる&湯はりの水位も低めに設定している我が家の場合、夏は、1回温水器で沸かすと、お風呂3日分位のお湯が確保できる事になります。家族旅行で家を留守にする時は、いつも温水器を休止設定にしてから出かけていて「温水器の湯を沸かさない=使用量がかなり減る」という事を実感していたので、「そうだ!家にいる時も休止設定にしとけばいいんだ♪」と、毎日沸かさない方向で節電することにしました。

すると、深夜電力が1日50円前後に・・・。エアコン、夜ガンガンつけていても、50円ってすごくない?温水器の使い方ひとつで、こんなに節電できるなんて~!!とびっくり。

土日は、真昼間からエアコンがんがんつける夫がいるので(←テレビつけっぱなし・会社のパソコン・自宅のパソコン・時にはゲームの電源もつけっぱなし)、「週末だけで電気代が800円!」と、先日日記で書きましたが、夏は気温が高いので、温水器の工夫だけでも電気代節約できる事がわかりました。夏の節電は、コツがわかったので、次年度以降もなんとかやっていけそうです。

アメブロで2012/08/06 19:36:10 に書いた記事を移動した物です

食費の節約をやめた

珈琲&菓子類など嗜好品(←お酒含む)を入れて、食費は月15,000~20,000円を目標としてやってきた我が家ですが、東北震災以降、食費の節約をやめました。あの強烈な映像を見て「いつ死ぬかわからないんだし、好きな物を我慢することなくたらふく食べたい!」とか思っちゃたんだよね・・・。そのせいか、家庭菜園やっていて野菜代はあまりかからないにも関わらず、家計簿上の食費が目だって増えてきました・・・。

自称・節約主婦と致しましては、食費の節約をやめた事をどの時点で暴露すべきかわからず悩んでおりまして、家計簿を公開しているわけじゃないし、もうこのまま黙っておいてもいいんじゃないか?とも思ったわけですが、食費の節約をやめてもうすぐ2年。今月はまだ半月残っているというのに16,000円オーバー。ちょっと自虐的な気持ちになりまして、食費節約していない事をこの際だからブログに書いておこう!と思った次第です。

肉・魚類は昔と変わらず「国産」を選択していますが、国産は国産でも、いわゆるブランド牛・豚・鶏のような、より産地のわかる商品を買うようになったのがここ2年の大きな変化です。もっとも、牛を買う頻度は少なく、肉はもっぱら豚と鶏ですけども。魚は回遊するし産地がよくわからないので、今までどおり。

調味料は、酒・醤油・みりん・だし類など基本的なものを除いて、自分で作るようにしていますが、買出しに行った時に、気になる商品があったり家族が欲しいと言えば気にせず買っています。(←使い切れなかったり食べ終わった後の容器がゴミになるのが嫌で・・・増え過ぎる事はない)

野菜は自分で作っているので、急に食べたくなった季節外の野菜や、自分ではなかなかうまく作れないものを中心に直売所やスーパーで購入しています。貸農園+ベランダ菜園で浮いた金額で、肉・魚・調味料など、少しいいものを買うようにしています。

気のせいかもしれませんが、節約の為、安さに魅かれてg単価が異常に安いお肉を買っていた頃に感じた肉のにおいがなくなったような気がします。安くても変な臭いがしない肉もあるんだけど、たまに「うっ」と思うような物もあったんですよね。もちろん気にせず食べていたわけですが、体調が悪い時は、臭いに敏感になってしまって調理するのが辛かった事もありました(←特に鶏肉)。あれは何だったんだろう?とたまに思う。

自分が家庭菜園をするようになってから、しみじみ思う事なんですけど、結局のところ、肉も魚も野菜も、安くしか買ってくれない所にはそれなりの物を・・・丹精込めて育てた事を高く評価してくれる所にはいい物を納めるような気がするのよね。直売所は別だとしても、流通の過程でそれぞれの業者が儲けをのせてくるのだし、あまり安い物ばかり買うのはちょっと不安かなぁと思うようになったのも、ここ2年くらいの心の変化です。

中には、品質がさほどよくないのに、ぼったくってる物もあるでしょうから「高い=いい物」というわけでもないのが、微妙なところ。いい物を買いたくても金銭的に続けられない事もあるし、その辺のさじ加減が難しい・・・。なので、最近の我が家のキーワードは「なるべくよい物を!」です。

そんなこんなで、食費UPが家計を少し圧迫しておりますが、食費の節約をやめた分、他の項目で何とか節約できないものかな~と頭を悩ませております。

今回書いた「食費の節約をやめた」の意味は、過度な節約をやめたという意味です。買い方(スーパー・ネット・優待の利用方法)による節約は、引き続き実行中であります、念の為。

森伊蔵を定価で購入する方法

森伊蔵を定価で購入する方法 買物日記の下に参考としてURL載せましたが、後から見た時わかりやすいかなぁと思い、別記事にしました。

参考:森伊蔵(1,800ml)電話予約
毎月15~25日の間に電話で申し込み、抽選に当たれば購入できます。抽選結果は、申込みを行った翌月1~14日の間に、申込みと同じ電話番号からかけるとわかります。当選していた場合は、郵便振込にて森伊蔵の代金と送料を合算した金額を振り込みますが、その際、予約番号を記入する必要があります。(詳細は、森伊蔵・料金及び支払い方法

森伊蔵の申込み用電話番号は、なかなかつながりません。夫いわく、いつも話し中で、期限内につながらず、抽選にすら参加できなかったという事もよくあるそうです。

「それを根気よくかけるのが俺。好きだからできる♪」と変な自慢(?)をしていました。一時期の焼酎ブームも過ぎ、だいぶかかりやすくなったそうですが、「今まで知らなかった人が電話するようになって、またつながらなくなると嫌だから(←森伊蔵の抽選で競争が激しくなると嫌)、ブログに書くな」「飲みたくて応募するのではなく、転売目的でやってる輩もいるから(怒)」と言われました。検索すれば分かる事だし、書いちゃった私って鬼?

居酒屋なんかで飲むと場所代もあるので、高いところだと1杯分で1本分の値段する事もあります。そもそも、森伊蔵を置いている店が少ない。飲食店で「森伊蔵・・・時価」と書かれていた場合、注文するのが怖いしね。

森伊蔵、家飲みなら本物の味を良心的な価格で楽しめてGood!ただし、当たれば・・・の話ですけども。

森伊蔵を定価で購入するには根気も必要って事です(笑)。