旭ポンズ&馬路村ゆずの村 ポン酢味比べ

私が今のところ一番好きなぽん酢しょうゆは、馬路村 ゆすの村。実家で使っていたぽん酢が馬路村の物だったので、何となく手にとってしまう感じです。ぽん酢は、各メーカーから発売されていますし、母がいろいろなメーカーのぽん酢を試した結果、最終的に馬路村のぽん酢に行き着いたのかなぁ?と思うと、とりあえず、これ買っておけば間違いない!と思ってしまいます(←母は食いしん坊&料理上手)。

馬路村のぽん酢を母が買うようになったのは比較的最近というか・・・私が大人になってからだと思います。記憶を辿ってみると、私が子供の頃は、柚子を買ってきて自分で作っていたんですよね。母は柚子果汁を絞った後の種で化粧水作っていましたし、搾った柚子は、よく袋に入れてお風呂に浮かべていました。ゆず湯というと一般的には冬至のイメージですが、実家では冬至じゃなくてもお風呂に浮かんでいました、もちろん冬至にゆず湯も有です。

子供の頃は、母がぽん酢をスーパーで買っていた記憶がなく、どんな瓶が冷蔵庫や食卓に置いてあったっけ?と思い出そうとしても、思い出せません。そもそも子供の頃は酸っぱいもの全般あまり食べなかったし「酸っぱい物=大人の食べ物」という認識だったのでポン酢には全く興味ありませんでした。だから覚えていないだけなのかもしれません。ただ、台所でポン酢の味見をしている母の姿は覚えているのでやはり自分で作っていたのだろうと思います。面倒になったか、馬路村のぽん酢が気に入ったか、どちらなのかわかりませんが、いつの間にか柚子の種で作った化粧水もゆず湯もなくなってしまいました。

馬路村のポン酢、初めのうちは、どこからか取り寄せていたような気もするんですよね(記憶違いかな?)。今は普通にスーパーの店頭に置いてあっていつでも購入できるので便利です。

さてそんな感じで、他のメーカーのぽん酢に比べて少し値段が高いのだけれど、我が家ではずっと馬路村 ゆずの村を使ってきました。やっぱり封を開けた時が一番、味も香もよくて、開封後は冷蔵庫に入れておいても、少しずつ味(風味??)が変わっていくような気がします。それでも最後まで食材を美味しく引き立ててくれるような気がするし、鍋する時もサラダ食べる時も、私はほとんどこれ。多用しています。かなりお気に入りです。(あ、ちなみに私は柚子買ってきて自分でポン酢作ったりしません、市販品ONLYです)

夫は、ぽん酢といえば、旭ポンズなのだそう。昔は、業務用一升瓶しかなかったそうです。(本当かな?家庭用食卓サイズの物を知らなかっただけじゃない?男だしって内心思う私。)先日、店頭で旭ポンズを見つけた夫は「うわぁ懐かしい。旭ポンズや~。食卓サイズがある~」とおおはしゃぎ。一度その日はスルーしたんですが、スーパーに行くたびに「旭ポンズ買っていい?」と聞くので、味比べしてみる事にしました(笑)。

旭ポンズも、馬路村 ゆずの村と同じくらいの値段。どうせなら、両方とも開封直後の物で味比べしたかったけれど、ぽん酢ばかりあっても困るので、馬路村のぽん酢は冷蔵庫に入っていた開封してしばらく経った物。とりあえず、両方手にとって原材料名を確認しました。

旭ポンズ 原材料名:しょうゆ(本醸造)(大豆、小麦を含む)、柑橘果汁(スダチ、ユコウ、ユズ)、醸造酢、風味原料(混合節(さばを含む)、利尻昆布、しいたけ)、食塩、札、みりん、調味料(アミノ酸等)、酸味料、カラメル色素

馬路村 ゆずの村 原材料名:醤油(本醸造)、醸造酢、ゆず果汁、加糖ぶどう糖液糖、風味原料(かつおエキス、こんぶエキス)、本みりん、調味料(アミノ酸等)、酒精、甘味料(甘草)(原材料の一部に大豆、小麦を含む)

旭ポンズは、柑橘果汁の中ではスダチが一番初めに記載されているので、スダチが多いんですね。どの位の割合なんだろう?気になる。スダチベースなのかさっぱりしたお味で、私的にはちょっと酸っぱいと感じました。大人になってからも酸味の強い物が苦手な子供舌です。私は、馬路村の方が好き(笑)。

夫は、馬路村ゆずの村だけ家にあった時は、「馬路村のポン酢、うまいなぁ」と言っていたくせに、「旭ポンズの方が好き」と言います。結局のところ、お互い慣れてる味が好きなんだね~という事で納得しました。味比べで買った意味・・・なかった。

旭ポンズも、馬路村ゆずの村も、両方開封しちゃったので、しばらくの間は、お互いのベストポン酢で食べわけする形になりそう。他にも美味しいポン酢は沢山あるんでしょうが、新しい味に挑戦するようなチャレンジ精神に欠けるところがある、かなり保守的な私は、出会いの機会が少ないのです。旭ポンズも夫に勧められなければ、買わなかったしな~。たまに違う味を試してみるのも楽しいものですね。

買物日記:三角ホーを買いました♪

三角ホーなんて、鍬やスコップがあればいらないかな~とも思いますが、意外に便利、というか個人的に好きなアイテムでして。夫には「必要ないんじゃない?」と反対されましたが、my三角ホーを購入することにしました。本当は、立って使えるサイズの物がよかったのですが、なくなっちゃうと嫌なので、片手で座って使うミニタイプの片手三角ホーを購入しました。嬉しい!

100円ショップに行けば、半月状の除草道具が売ってます。↓こんなの

三角ホーも100均でさがせばありそうな気がしたけど、長く使うつもりなのでちゃんとしたやつを買うことにしました。
片手三角ホー

土寄せとか草とりに便利な三角ホー。基本的に、自分の区画内の雑草は鎌で刈って、あまり抜かない方針で育てている私。(夏は乾燥で土がひび割れるので、わざと抜かないようにしている&雑草全部抜くのは面倒くさい)。

そんな、私ですが、草取りは嫌いじゃありません。抜く時に、根っこがメリメリいうのを聞いてストレス解消している部分がなきにしもあらず(←残酷?)。夏から秋にかけては、私が雑草をチマチマ抜いていくスピードより育つスピードの方が早いし、作業量的にもしんどいので、鎌振り回して雑草対策終了って感じなんですが、春先&冬場は三角ホーが大活躍です。

イネ科の雑草を抜くと、土の中なのか?草に潜んでいたのか?ゴミムシが慌てて這い出してきます。観察するのが面白いです。蟻の巣も三角ホーの先っちょでガンガン崩します。蟻の巣は、土の中に広がっているので、壊したといっても表面的にふさがるだけですぐに復活しますけどね。蟻はアブラムシ運ぶのでやっかいですが、薬剤使って殺すのは嫌だし、数が多くなければ、いてくれて全然OKなので、巣を見つけた時に壊す程度にしています。(アブラムシの駆除もテントウムシ任せだし。)

雑草ではありませんが、区画の周りに生えている「芝」と「ミント」が嫌いで三角ホーの使い道は主にこれです。芝は、なぜか粘土質っぽい土壌のところには生えず、サラサラした土の所を中心にしぶとく生えています。ミントは香りがいい&虫除け代わりにもなるので、生えててもいいのですが勢力がすごいです。誰か植えたんだろうな。ミントが雑草化すると繰り返し繰り返し生えてくるので大変。根を全部とれば駆逐できるのでしょうが、残っているみたいでしつこいんだよね。

以前はヨモギも沢山生えていたそうです。ヨモギの根もすごいらしく農園主さんはヨモギをすごく嫌っていました。雑草化していたヨモギを地道に駆逐したとか。私は草もち作りたかったので、逆にヨモギは残しておいて欲しかったけれど、人によって好き嫌いがあるので仕方ありません。

適度に茂る分にはいいけれど、芝もミントも油断をすると野菜を植えている畝の方に侵入しそうな勢い。三角ホーでこれらが侵入しないようにしています。

ストレス発散する為に雑草抜く時は、メリメリ引き剥がしている感じを聞きたいので、あえて晴れてる日に鍬とか三角ホーでガツガツやりますが、時間もかかるし、力任せにはがす事になるのでかなり肩凝って疲れます、オススメしません。もはや趣味の領域になってしまいますが、春先イネ科の雑草抜くのがすごく好きなんですよね・・・。根っこがビッシリで、メリメリメリって音がするの。イネ科の雑草は区画内の土が柔らかいところには生えていなくて、区画と道の境界線あたりに沢山生えてきます。はっきり言って、晴れて土が乾燥した日に雑草抜くのは時間の無駄な気もしますが、結構楽しいんだな、これが(変?)。

雑草を抜く場合は、雨が適度に降った翌日、土がぬかるんでない時が、抜きやすいです。土砂降りの雨が降っている時、及びその後は、畑に入ると、土を踏み固める事になるし、足跡ついたり、長靴(靴裏)に土がべっとりついてやっかいなので、誰も畑にきません。

晴れている日に、簡単に雑草を抜きたい時は、ジョウロに水入れて、抜きたい雑草に水やってから抜くと比較的すぐ抜けます。

いずれにせよ、積極的に雑草抜く事ってあまりありませんが、三角ホーがあれば便利でもっと楽しく作業できるかな~なんて思って、衝動買いしてしまいました。早く届くといいな~。