pm2.5からpm1.0より小さく厄介になる原因

今朝、モーニングバードをテレビで見ていたら、大気汚染物質pm2.5について放送されていました。見ていて更に怖くなった私です。結局のところ、マスクで防御しつつ不必要な外出を避けるくらいしかないんだなぁ・・・と憂鬱に。でも働いている人は外出しないわけにはいかないもんね。仕方ないと、諦めるしかないのかしら?

さて、テレビでやっていたのは、花粉にpm2.5がつくことによって、花粉が破裂しやすくなる事が問題なんだそうです。pm2.5の付着した花粉が山間部から移動する間に、湿気などの水分で膨張し破裂すると、破裂によって、pm2.5が、より極小なpm1.0になってしまうんだとか。

室内にいるから安心というわけではないらしく、室内に大気汚染物質が入ってくると、1週間(←10日だったかも)くらい、中を舞っているそうです。床や、埃のたまりやすい場所は、水拭き→乾拭き→掃除機などでお掃除を徹底的に!と言っていましたよ。何故、水拭きの後に乾拭きが必要かと言うと、床などを水拭きしたまま置いておくと、汚染物質がついた花粉が水分によって破裂しやすくなるからだそうです。水拭きした後は必ず乾拭きしましょうと言っていました。

私、体調が悪くなってから毎日のように、床はもちろんですが、タンスや本棚の上など、水拭きした後に、掃除機ですわせていました。「中国から飛来する汚染物質が原因で体調が悪いのかもしれない」「だけど掃除が行き届いていない可能性もある」と思い、不調の原因を少しでも取り除きたくて、掃除嫌いな私がいつになく真剣に掃除に取り組む毎日。水拭きした後、少し置いて乾かしてから掃除機ですわせていたんだけど、それってダメなのね・・・今後は水拭きのあとすぐに乾拭きする事にします。

pm2.5と体調不良のおかげで(?)、いつになく・・・最高潮に綺麗な我が家・・・です。( ← 一応、前向きに考えてみた)

空気清浄機購入検討(1)

九州地方の一部地域で、連日、微小粒子状物質(PM2.5)の基準値超が続いています。NHKのPM2.5特集によると九州の中でも、佐賀県がpm2.5飛散多いそうです。

pm2.5についてWikipedeiaより

微小粒子状物質・・・浮遊粒子状物質のなかで、粒径2.5μm以下の小さなものを微小粒子状物質(PM2.5)と呼ぶ。微小粒子状物質は粒径がより小さくなることから、肺の奥深くまで入りやすく健康への影響も大きいと考えられている。
日本では、年平均値15μg/m3以下かつ1日平均値35μg/m3以下とする環境基準が定められた。

「ただちに健康への被害はない」と言われても、肺の奥深くまで入り込み蓄積していくわけですから、毎日毎日、空気が悪い環境で生活していたら、肺がんや不整脈など、病気リスクが高くなりそうです。

pm2.5に対応したマスクと空気清浄機がそれなりに効果があるようですので、自衛という意味でも、できる範囲でやろうと思う私です。


北欧製の空気清浄機・・・こちらは0.1μm以下の粒子を集塵できるそう。フィルターのお掃除をは不要ですが半年に1回フィルター交換が必要だそうです。フィルターのお値段は6千円前後。5年使うと、フィルターだけで6万円、10年使うとフィルター代は12万、もうこの時点で我が家はムリです。

本体価格も、すごく高くて、最大適用面積によって違うけど、12畳までの製品は、55,000円前後、21畳までの製品が75,000円前後、39畳までの製品が、10万前後!!

北欧製空気清浄機は、売り切れなので買えませんが、売り切れてなくても我が家は買えません

本体価格+フィルター代を考えただけでクラクラしました。お金持ち&健康を維持する為にお金を惜しまない人は、ポンと買えるんでしょうねぇ。なぜか、店頭にいたダイキンの社員さん(販売応援できてたのかな?)が、絶賛しておりました。

空気清浄機 集塵できる粒子の大きさ

各メーカーのパンフレットを見ると、シャープも日立も、集塵できる粒子の大きさが「0.3μm以上」と書いてあります。Panasonicは、パンフレットに記載がないようだったのでサポートセンターに電話して聞きました。Panasonicの現行機種は全て0.3μm以上の微粒子を集塵できますという回答でした。

ダイキンは、パンフレットのどこに、集塵できる粒子の大きさが記載されているのかわからなかったので、店頭にいたダイキン社員さんに直接聞きました。

ダイキンの社員さん曰く、「タバコの煙が、だいたい0.3μmなので、国内の大手メーカーさんの空気清浄機であれば、集塵できる粒子の大きさに大差ありません。ダイキンも0.3μm以上の微粒子は集塵できます。ダイキンの場合は、電気集塵方式+フィルターなので、電気集塵方式の部分で、0.3μmよりもう少し小さい粒子も集塵できるんですけどね・・・公式的には0.3μmです。」と言っていました。

HEPAフィルター搭載の空気清浄機であれば、粒子の大きさが0.3μm以上の物は集塵できるそう。HEPAフィルターを搭載しているメーカーはシャープや日立だそうです。

Panasonicは、現行機はHEPAフィルターとは書いてありませんが、何年も前に発売していた空気清浄機がHEPAフィルターでした。

普通に考えて・・・新しい機種の方が能力的な部分はUPしているはずでありますから、HEPAじゃなかったとしても、0.3μm以上の粒子は集塵できるのでしょう。

現にサポートセンターに電話して聞いた時にも「0.3μm以上の粒子は集塵できます」と言っていました。どのメーカーの機種を購入しても、集塵能力的にはさほど大差なさそうです。

であるならば、消費電量や、吸引力&時間だったり、好みの問題ですね。

楽天市場 空気清浄機

我が家には、10年以上使用しているHEPAフィルター使用の空気清浄機が1台あります。

なので、空気清浄機を買い替える予定はしばらく先の予定でした。自宅にある空気清浄機が壊れる前に、新しい空気清浄機を懸賞で当てたい!と思っていたので、買う予定はなかったんです。だけど残念ながら当たらなかったのよね~。

空気清浄機も、10年以上使っていると、集塵能力は大丈夫でも、経年劣化で運転音が使い始めた時よりも大きくなってくるのです。「うるさいな~」と思いつつ、とりあえず集塵・脱臭能力は活きている為、捨てる事ができない私。そして、時にはガンガン叩いて黙らせるという荒業。不調な家電は叩くとなおる・・・よくあることです(笑)。

使用年数が経過した空気清浄機を、だましだまし使っているという現状ひとつとってみても、そろそろ空気清浄機は買い替えの時期かな~と思っていました。

使っている空気清浄機が部屋の広さに合っていないという問題と、リビングだけでなく寝室にも空気清浄機を設置したいという思い・・・そこに中国からの汚染物質飛来が原因(かも)で、体調を崩すという事が重なり「新しい空気清浄機を!!」と、一気に買う気モードになった我が家です。花粉症の家族がいるので、大気汚染物質が飛来していなくても空気清浄機は必要ですしね。

今ある空気清浄機はうるさくていつ壊れるかわからない → 壊れてから買う予定にしていて、汚染物質飛来の影響で「売り切れ」だったら困る → 新しく買う予定の空気清浄機と新旧2台体制でより綺麗な空間を維持できるかも? という流れで、空気清浄機購入の検討を始めたのでした。

さて、前回記事空気清浄機購入検討(1)で、国内の大手メーカー製 空気清浄機の集塵能力について少し書いたのですが、国内大手メーカー製現行販売モデルの空気清浄機は、だいたい0.3μm以上の粒子を集塵できるように作られているようです。

中国からの汚染物質pm2.5は、粒径2.5μm以下の微小な粒子状物質のことなので、国内の大手メーカー製空気清浄機 現行販売機種であれば、0.3~2.5μmの粒子は集塵できるという事になります。ちなみに、スギ花粉の大きさは、Googleで調べたところ、30μmくらいだそうです。

既に空気清浄機が自宅にある場合は、使っている空気清浄機のフィルターがHEPAフィルターかどうか確認し、HEPAフィルターであるならば、新たに空気清浄機を買う必要はないかもしれません。(HEPAフィルターは、0.3μm以上の粒子を集塵するよう作られているそうです。)ただし、HEPAフィルターの空気清浄機を使っていても、フィルターが汚れていると、目づまりして集塵能力がさがるそうなので、フィルターの交換は必要なのかな~。100%ではないまでも、pm2.5にも、それなりに対策できますね!

今回空気清浄機を買うことにした我が家ですが、「なるべく安く買う」という観点から考えると、花粉症の季節が来る前に買っておけばよかった・・・多分その方がお値段も安かっただろうな・・・と思います。

空気清浄機購入検討(3)某電機店で

空気清浄機のパンフレット入手と価格調査で店舗巡りをしていた時に、某電機店でこんな事がありました。某電機店は、郊外に店舗展開する電機やさんでしたが、近年は都心部にも出店しているお店です。

商売として、いろんなメーカーの商品を扱っていながら、メーカーの悪口言う人に初めて会って、内心苦笑しました。私も自分が気に入った物は絶賛するし、気に入らない物はボロクソに言う事もありますので、人のこと批判するような立場じゃありませんが、「思い込みで話してもいいけど、嘘を言ってはダメだろう・・・」と思うよ。

空気清浄機の検討をはじめてから、シャープも日立もダイキンもPanasonicも我が家の購入候補でしたが、この店員の言う事聞いて、絶対Panasonicの空気清浄機を買うわ!と何だか意固地になっちゃった私です。その店員さんは、私が「空気清浄機でオススメはなんですか?各メーカーの違いは?」と聞いたところ、やたらとシャープを勧めるだけで、他のメーカーの空気清浄機には必要以上に言及しないといった感じでした。

各メーカーの空気清浄機を比較検討する為に、短時間で、パンフレットやネットのクチコミ情報に載っていないような情報で販売員が知っている事をいろいろ聞きたかったんですけどね。何故だか、店にいる間中Panasonicの悪口を聞く羽目になったんですよ。

以下、某電機店の店員が行った事→店:と略します

某電機店の店員:
PanasonicにはPanasonic信者ともいうべき、Panasonicを愛してやまない人がいます。
そういう方にはPanasonicの空気清浄機をオススメ致しますが、シャープのプラズマクラスターは病院その他いろんな場所で使われているけれど、Panasonicのナノイーはメジャーじゃないし、あまり聞かないでしょう?やっぱり効果があるのはプラズマクラスターですよ・・・。

私(内心思った事):
Panasonic信者って(笑)。私のことかもしれない。信者ってほどではないかもしれないけど、Panasonicって、壊れにくく長持ちするイメージだもんな~。実家がずっとPanasonicの家電で、使い慣れてるのもあるんだろうな・・・。ナノイーはメジャーじゃないのか。

某電機店の店員:
Panasonicは宣伝が上手なだけで、所詮家電やさんですから、独自技術ってないんですよね。いつも他のメーカーの真似ばっかりしていて、マネシタって言われてるくらいですから。東芝や日立は、家電の他にもいろんな製品を作っています。プラズマテレビだってもともとは日立が開発した物。なのに、プラズマテレビ=PanasonicみたいなCMしてたでしょう?

私(内心思った事):
でもその論理でいうと、一番初めに開発したメーカーしかCMしちゃダメって事にならないかな~。プラズマに限らず、液晶テレビだって一番初めに開発したメーカー以外CMできないって事になるよな~。

私(内心思った事):
この店員さんはPanasonicは宣伝うまいって言うけれど、私は、Panasonicは宣伝下手だと思うんだけどな~。昔、電気ポット購入しようと思った時に、他のメーカーさんが「保温」「節電」を強調したCMをしていたので、店頭にいたPanasonicの販売応援らしき人に「Panasonicは保温・節電はいまいちなんですか?」とわざと聞いてみた事あったけど、「Panasonicは保温・節電については当然のことだと思っているので、パンフレットに記載していない」と言っていたもんねぇ。それ聞いて「そこはアピールポイントなんだし、記載すべきでしょう!」って思ったんだもん私。

「Panasonicのパンフレットには集塵できる粒子の大きさが書かれていませんが、どのくらいなんですか?」と店員さんに聞いてみた。事前にPanasonicのサポートセンターに問い合わせてたので、知ってたんだけど、わざと聞いてみた。そしたらね・・・その店員、なんていったと思う?

某電機店の店員:
シャープの空気清浄機は、0.3μmの粒子が集塵できますが、Panasonicは花粉程度しか集塵できません。

私(内心思った事):
この販売員は信用ならん。花粉って30μm前後だよ~!Panasonicのサポートセンターは、シャープと同じ0.3μm以上の粒子であれば集塵できるって言ってし、知らないなら「勉強不足でわかりません」って言えばいいのに。メーカーさんに確認もしていなくて、間違った情報を断言・客に伝えるのはよくないだろう・・・。とりあえず、今日この店で空気清浄機を買って帰るのはやめよう、そうしよう。

多分、あの店員はシャープの空気清浄機を売りたかったのだと思います。シャープ、少し前まで(今はどうだか知りません)業績悪かったもんね。そういう意味では、店員の言葉に素直にうなずいて、シャープの商品買ってもよかったんだけどな。(←売上に貢献・・・我が家の購入額なんて微々たるもんですが。)

空気清浄機を買う気が失せた私は、やはりPanasonic信者なのだろうか?と自問自答しつつ、そのお店では空気清浄機を買うのをやめて帰ってきました。帰り際、「もう少し検討しますね!いろいろ教えてくださって有難うございました。」と言ったらば、「今日、買わなくっていいんですか?中国の大気汚染の件もあるし、来週だと売り切れになってる可能性もありますよ?都内で売れ始めたら、地方の商品はなくなりますから!」って脅しのようなこと言ってきた店員。(←かなりカチンときた)

ごめんね、あなたの貴重な時間を費やして頂いたのに売上につながらない客で・・・。

日立の空気清浄機にしようか?(←実は第一候補だった。日本製&消費電力少なそうだった)
ダイキンの空気清浄機にしようか?(←第二候補だった。電気集塵方式が気になって)
シャープにしようか?(←第三候補。使っている人が周りに何人かいてよさそうだったので)
迷っていましたが、もう私はPanasonicを買うことに決めました。(←一応、候補に入れていたけど、気持ち的には候補外だった)

消費電力とか、どこ製なのかとか、もっといろいろ比べたかったんだけどな。結局、我が家は私の独断と偏見で、Panasonicの空気清浄機を買いました。空気清浄機購入の「検討編」を書くつもりが、早々に機種が決まった我が家です。Panasonic好きだし、よしとしよう。

購入した空気清浄機は、メーカー保証の他に、購入店での保証が3年ついています。購入したからには、保証期間以上に長持ちして欲しいです。普段、優柔不断なので、買おう!と決めてから何ヶ月もかかっちゃう私ですが、今回は必要に迫られて、すんなり購入に踏み切れました音♪

「長く使う」をモットーにしていますが、やっぱり新しい物は、嬉しいのであります。^^

黄砂とpm2.5対策でマスク購入

ニュースでSARSの流行を知った時も、新型インフルエンザの流行で店頭からマスクが欠品するほどなくなった時も、免疫力UPに努めれば何とかなるだろうと楽観的だった私ですが、今年の黄砂&大気汚染物質は、ちょっとヤバかろうと思い、楽天市場でマスクを購入しました。

黄砂なんて風にのって毎年やってくるわけですから、珍しい事ではないんです。例年ですと「今年も黄砂の季節だね・・・。車の窓汚れてるね・・・。」ぐらいの認識で、花粉症用のマスクを買うことはあっても、黄砂対策でマスクを買った事はありませんでした。だけど、今年は本当に咳が止まらなくてねぇ(泣)。咳を聞いた人から「嫌な咳の仕方するなぁ。うちの家族と同じ咳の仕方してる」と言われたら、やっぱり危機感を・・・マズイ!って思うでしょう?

年末年始、風邪引いて寝込んだし、自分達家族だけが咳きこんでいるなら「今年の風邪はしつこいな」で済んだんだけどね。同じ地域に住む人が(←友人知人少ないです)、みんなゴホゴホいってる現実がある。

中国からの黄砂及び大気汚染物質の飛来は、5月頃まで続くそうです。日本に住んでいてこれだけ辛いのだから、スモッグのまっただ中で生活されている方は、さぞや辛いであろうと思うと気の毒でなりません。しかしながら、テレビで見た映像では、中国在住の方でマスクをしていない人もいました・・・。テレビ撮影用にマスク取ったのかな?大丈夫なのかな?といらぬ心配をする私。

余談ですが、私「殺しても死なないタイプ」に見られがちですが、鼻とか喉とか弱いのです。1ヶ月も体調優れず、咳&痰の症状がひどく出ているのは多分そのせい。夫も気管支弱いのよね。ま、そんな理由で、中国からの黄砂&大気汚染物質に過剰反応しているだけでありますからして、この投稿を読んで下さった方々を不安にさせる気持ちはございません事を念の為、書き添えておきます。各々の状況に応じて、適切な行動をして下さいませませ。

最初、ケンコーコムで、上の「3Mの防護マスク8200」が、比較的お値段も安くていいかな~と思ったのですが、製品情報を見てみたら、原産国が中国になっていたので買うのをやめました。中国からの汚染物質飛来で苦しんでいるのに、中国製のマスクを購入する事に抵抗があったせいです。

中国大気汚染の原因は、暖房の為に石炭ガンガン使っている事と、車の排気ガスだそうですので、製品を作る為の燃料(及び排ガス)は、気にしなくてもいいのかな~とも思ったんだけどね。「この製品が作られる過程もスモッグの一因だったら嫌だなぁ。」と思ったら、安くても買えなかった・・・。でも、そんな風に考える人ばかりではないようで、あっという間に売り切れていましたが。

3Mのマスクにも色々あって、防護マスク8201は、USAって書いてありました。入り数同じなのに、値段は高かったです。

キンバリークラークのマスクは、35枚入りで998円とありました。マスク1枚当たり約29円、アメリカ製のようです。でも、色がね・・・オレンジなんだよね・・・。マスクの形が、アヒルのくちばしみたいなのに色がオレンジ(笑)。安さを取るか見た目を取るか微妙。

モルデックスのマスクは、10枚入り1,050円と書いてあったので、マスク1回105円。だけど色が青らしい。

日本製で、お手頃価格なpm2.5に対応、かつ、入り数が多いマスクはないのかなぁ?とりあえず、ネットでマスクの注文はしましたが、「注文が殺到している」とも書いてあった。届くまでに時間がかかるのかもしれないし、「欠品 → 取消し扱い」になって届かないと困るので、我が家の大黒柱の分だけでも(←私は自宅に引きこもるからいらない)、マスクを求めて店巡りすべきかなぁ?

飛来の多い地域に住んでると、大変だわね。何でこんな事に頭を悩ませねばならぬのか。アホらしいわ・・・。ため息です。

おまけ。こんな記事がありました。

「日本に元凶」中国ネットメディアが“責任転嫁” 大気汚染 (1-2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)・・・タイトルにびっくりして思わず読んだ記事です。責任転嫁する人がいる一方で、「日本を非難する前に自分たちの汚染源を止めろ」と、冷静に受け止めている人もいるみたいでよかったです。スモッグで健康を害する人がいるという現実を受け止め、改善すべく頑張っていただきたいです。やればできるよ!

パナソニック、中国大気汚染拡大で商機 空気清浄機を1.5倍に増産 (SankeiBiz) – Yahoo!ニュース BUSINESS・・・日本企業が作る空気清浄機の売上が伸びているそうですので、何だかんだ言いつつも、日本企業の製品(性能や品質)が支持されているようです。

体調不良の原因は中国からの大気汚染物質が原因かもしれない・・・

年末年始から続く体調不良。初めは、熱も出たし喉も痛かったし間違いなく風邪だったんだと思うんだけれど、熱が下がり喉の痛みもなくなってもうすぐ1ヶ月経つのに、ずっと続く咳と痰。おかしいなぁ・・・なんで治らないんだろう?今年の風邪はしつこいなぁ?と思っていました。だけど、ここにきて体調不良の原因は中国からやってくる大気汚染物質が原因に違いない!!!(怒)と確信を持った。

九州地方は中国からの大気汚染物質に覆われていると言ってもいいぐらいひどいよね・・・見ていて泣きたくなるよ。最近はテレビでもネットでも、ニュースで取り上げられるので、九州以外のその他地域にも、かなりの量がきているのかもしれないと思うとぞっとする。

さて・・・。中国からやってくる大気汚染物質が体調不良の原因に違いない!と思った理由はね・・・。私、大気汚染物質が少しマシな地方へおでかけしていたんですよね。全く咳がでなかったわけではないけれど、自宅にいる時のように絶えず咳をしている・・・というような事はなかったし、痰がからむ事もなかったわ。あまりに体調がよかったので、風邪、治った!と喜んだくらいですもん。

帰り道、自宅が近くなるにつれ、咳と痰がひどくなってきて、「あれ~?おかしいな?どうしちゃたんだろう?」と不思議でした(←その時は中国の大気汚染物質が原因だ!とは思っていなかった)。

で、その晩、テレビのニュースを見たんです・・・。その日の、中国からの汚染物質飛来状況は、私の住んでいる地域の色は真っ赤っ赤。それで「ゲゲゲ。これだ!体調不良の原因はこれだったんだ!!!」とわかった次第です。

この1ヶ月を振り返ってみた。掃除の時、換気用に窓を開けると咳がひどくなっていたし、外干しの洗濯物を取り込んだあと症状が出ていました。家の中でも外出する時も、絶えずマスクをしているけれど、花粉用マスクなので、花粉よりも微粒子な汚染物質には意味ないのかもしれないなと思う。突然、喉に何かついたような気がして、咳が止まらなくなる事がよくあったのです。

私は花粉症ではないし、念の為、花粉の飛散状況も調べてみたけれど、まだ花粉は微々たるレベルでした。

健康を害しそうなので(実際に症状出てるし)、しばらくの間、洗濯物の外干しはやめようと思う。掃除機かける時も窓を開けるのをやめようと思う。大気汚染物質よりは、掃除機から出る排気の方がマシよね、きっと。

中国人の皆さんは、中国国内でデモしてもいいレベルだと思うんだけど、何も言わないのかしら?
映像で見るスモッグ・・・何とかしないと死んじゃうよねぇ?

今日は、ただの日記でした、読んでくれてありがとさん。

大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)ホームページ・・・混んでるみたいで全然つながらない。
大気汚染微粒子や黄砂の飛来予測サイト SPRINTARS