習慣化すると嫌だな~と思うこと

習慣化すると嫌だな!と思うこと・・・それはボージョレ・ヌーボーの解禁日にワインを飲む習慣。夫が「一緒に飲もう」と言って、買ってきてくれる気持ちは嬉しいのだけれど、ボージョレ・ヌーボーなんて、私は全然興味ないんだよなぁ。去年、生まれて初めて飲みまして、ふーん、こんなもんかとわかったから、それで十分だったのに(泣)。

「ヌーボー買ってきた♪」と夫が嬉しそうにワイン片手に会社から帰ってきて・・・しかも「もう1本頼んどいたよ~」と言われて、正直「安いワインでいいんだけど」と思った私です。これが習慣化すると、毎年11月はワインの為に食費がUPするって事が確定するわけだ・・・。いくら食費の節約をやめたとはいえ、あまり嬉しくないかもしれない。

クリスマスみたいにイベント化しなくていいんだけど。

食費の節約をやめた

珈琲&菓子類など嗜好品(←お酒含む)を入れて、食費は月15,000~20,000円を目標としてやってきた我が家ですが、東北震災以降、食費の節約をやめました。あの強烈な映像を見て「いつ死ぬかわからないんだし、好きな物を我慢することなくたらふく食べたい!」とか思っちゃたんだよね・・・。そのせいか、家庭菜園やっていて野菜代はあまりかからないにも関わらず、家計簿上の食費が目だって増えてきました・・・。

自称・節約主婦と致しましては、食費の節約をやめた事をどの時点で暴露すべきかわからず悩んでおりまして、家計簿を公開しているわけじゃないし、もうこのまま黙っておいてもいいんじゃないか?とも思ったわけですが、食費の節約をやめてもうすぐ2年。今月はまだ半月残っているというのに16,000円オーバー。ちょっと自虐的な気持ちになりまして、食費節約していない事をこの際だからブログに書いておこう!と思った次第です。

肉・魚類は昔と変わらず「国産」を選択していますが、国産は国産でも、いわゆるブランド牛・豚・鶏のような、より産地のわかる商品を買うようになったのがここ2年の大きな変化です。もっとも、牛を買う頻度は少なく、肉はもっぱら豚と鶏ですけども。魚は回遊するし産地がよくわからないので、今までどおり。

調味料は、酒・醤油・みりん・だし類など基本的なものを除いて、自分で作るようにしていますが、買出しに行った時に、気になる商品があったり家族が欲しいと言えば気にせず買っています。(←使い切れなかったり食べ終わった後の容器がゴミになるのが嫌で・・・増え過ぎる事はない)

野菜は自分で作っているので、急に食べたくなった季節外の野菜や、自分ではなかなかうまく作れないものを中心に直売所やスーパーで購入しています。貸農園+ベランダ菜園で浮いた金額で、肉・魚・調味料など、少しいいものを買うようにしています。

気のせいかもしれませんが、節約の為、安さに魅かれてg単価が異常に安いお肉を買っていた頃に感じた肉のにおいがなくなったような気がします。安くても変な臭いがしない肉もあるんだけど、たまに「うっ」と思うような物もあったんですよね。もちろん気にせず食べていたわけですが、体調が悪い時は、臭いに敏感になってしまって調理するのが辛かった事もありました(←特に鶏肉)。あれは何だったんだろう?とたまに思う。

自分が家庭菜園をするようになってから、しみじみ思う事なんですけど、結局のところ、肉も魚も野菜も、安くしか買ってくれない所にはそれなりの物を・・・丹精込めて育てた事を高く評価してくれる所にはいい物を納めるような気がするのよね。直売所は別だとしても、流通の過程でそれぞれの業者が儲けをのせてくるのだし、あまり安い物ばかり買うのはちょっと不安かなぁと思うようになったのも、ここ2年くらいの心の変化です。

中には、品質がさほどよくないのに、ぼったくってる物もあるでしょうから「高い=いい物」というわけでもないのが、微妙なところ。いい物を買いたくても金銭的に続けられない事もあるし、その辺のさじ加減が難しい・・・。なので、最近の我が家のキーワードは「なるべくよい物を!」です。

そんなこんなで、食費UPが家計を少し圧迫しておりますが、食費の節約をやめた分、他の項目で何とか節約できないものかな~と頭を悩ませております。

今回書いた「食費の節約をやめた」の意味は、過度な節約をやめたという意味です。買い方(スーパー・ネット・優待の利用方法)による節約は、引き続き実行中であります、念の為。

森伊蔵を定価で購入する方法

森伊蔵を定価で購入する方法 買物日記の下に参考としてURL載せましたが、後から見た時わかりやすいかなぁと思い、別記事にしました。

参考:森伊蔵(1,800ml)電話予約
毎月15~25日の間に電話で申し込み、抽選に当たれば購入できます。抽選結果は、申込みを行った翌月1~14日の間に、申込みと同じ電話番号からかけるとわかります。当選していた場合は、郵便振込にて森伊蔵の代金と送料を合算した金額を振り込みますが、その際、予約番号を記入する必要があります。(詳細は、森伊蔵・料金及び支払い方法

森伊蔵の申込み用電話番号は、なかなかつながりません。夫いわく、いつも話し中で、期限内につながらず、抽選にすら参加できなかったという事もよくあるそうです。

「それを根気よくかけるのが俺。好きだからできる♪」と変な自慢(?)をしていました。一時期の焼酎ブームも過ぎ、だいぶかかりやすくなったそうですが、「今まで知らなかった人が電話するようになって、またつながらなくなると嫌だから(←森伊蔵の抽選で競争が激しくなると嫌)、ブログに書くな」「飲みたくて応募するのではなく、転売目的でやってる輩もいるから(怒)」と言われました。検索すれば分かる事だし、書いちゃった私って鬼?

居酒屋なんかで飲むと場所代もあるので、高いところだと1杯分で1本分の値段する事もあります。そもそも、森伊蔵を置いている店が少ない。飲食店で「森伊蔵・・・時価」と書かれていた場合、注文するのが怖いしね。

森伊蔵、家飲みなら本物の味を良心的な価格で楽しめてGood!ただし、当たれば・・・の話ですけども。

森伊蔵を定価で購入するには根気も必要って事です(笑)。

焼酎 森伊蔵(6本目?)購入

夫が自分のお小遣いを貯めて森伊蔵を買うようになってから、多分5本目か6本目だと思うのですが、焼酎・森伊蔵が届きました(←10月)。「とりあえず、代金は先払いなので今回は支払っておいたけど、これからは家計費で森伊蔵を買って欲しい」と言われたのは、夫の小遣いゼロ円継続中だからです(←夫小遣い・・・必要な物は事前に申請→レシート又は領収書添付で実費精算という意味なので、まるっきりゼロではありません)。

「森伊蔵=超高い」というイメージだったので迷いましたが、頻繁に買うわけでもないので、家計費で焼酎代を支払う事にOKしました。今まで値段を知らなかったんですが、森伊蔵が配達された時の発泡スチロール製の箱の中に入っていた、森伊蔵酒販からの「価格改定」のお知らせを見て、予想に反したお手頃価格にびっくりしました。万札飛んでいく覚悟してたので「えっ?こんな値段?」と目が点に。

夫いわく「森伊蔵も直接買えば高くない」のだそうです。一時期、焼酎ブームで流行った&販売数量に限りがあってなかなか手に入らないだけなんだそう。自分のお小遣いで買っていたので口出しする筋合いもないかと思って値段を聞かずにいましたが、堅実な買い方していてよかった・・・と心より思ったのでした。

ただ・・・。「森伊蔵は、特別な時に飲む!」といって、なかなか飲まないもんだから、何本も貯まってきているんですよね。全部、飲み終わってから買うのが一番堅実なんだけど、そういうつもりはないらしいのが、少し残念でもあります。ささやかな楽しみでしょうし、そこまで口うるさく言うまい。

今、カメラがないので写真は後日UPします♪

【貸農園】里芋10/27収穫分

貸農園で育てていた里芋を収穫しました。地上部の葉は、寒さでところどころ茶色くなってきていますが、まだ青い部分もあるので急いで全部収穫しなくてもいいかな~と思い、試し堀りがてら2株分掘ってみました。もともとこの里芋は私以前の人が土の中に残していった物から育ててるので、種芋にかかった費用はゼロ円。土寄せは2度行いましたが、肥料は買っていませんし、ほぼ放置で栽培している手間のかからない子です。

里芋は水を好む野菜らしく他の区画の方は水遣りしていたようですが、私は「自分で根っこしっかり張って水分補給しておくれ」とばかりに、かなり厳しく育てました(←かわいそう?)。

土壌が粘土質で放っておくと土が乾燥でひび割れてしまう事を去年の夏に経験しているので、藁や刈り取った雑草をマルチがわりにして乾燥を防ぎました。マルチがわりに使った藁は、近くの田んぼで貰ってきて保管していた物。土寄せの時に、農園主さんが提供してくれている堆肥(馬糞)と、コイン精米所で貰ってきたコメヌカを少し混ぜましたが、どちらも無料。

貸農園 里芋2012/10/27収穫分
写真撮る前に少し食べちゃったんですけど(豚汁作った)、食べる前はこの写真より6個ほど多かっただけなので、数的には大差ないです。一応、大きさ比較という意味で10円玉置いてみました。わかります?

今回収穫した里芋は、何だか松茸のような細長い形状のものが多かったので、やっぱり水分と栄養が足りてなかったかな~とも思います。スーパーや直売所で販売されているような大きくてコロンと丸い形ではないけれど、食べれればOK。大小取り混ぜ1袋分くらいはあるかなぁ・・・なんて。味も普通に里芋でした。

お小遣い帳 ポイントサイト他現金収入と懸賞などで得した金額

注:収入明細ページの更新が遅くなり、記載金額とずれが生じる場合があります。

ポイントサイト・アンケートサイトなどでの収入

へそくり累計額(図書券・商品券含む)

  • マクロミル・・・20,000円(詳細:収入明細
  • リサーチパネル&ECナビ・・・11,000円(詳細:ECナビ収入明細)
  • CMサイト・・・10,000円
  • Infoseek メールdeポイント・・・6,073円(詳細:メールdeポイント収入明細)
  • Potora・・・8,000円(詳細:Potora収入明細)
  • GetMoney! ・・・7,598円
  • ポイントタウン・・・6,800円
  • ドットマネー・・・6,300円
  • 楽天リサーチ・・・2,920円
  • ライフマイル・・・2,400円(詳細:ライフマイル収入明細)
  • infoQ・・・3,000円
  • ちょびリッチ・・・2,000円(詳細:ちょびリッチ収入明細)
  • Myvoice・・・1,500円
  • Yahooポイント・・・1,105円
  • ドリームメール・・・1,400円【退会しました】
  • モラタメ・・・1,000円【退会しました】
  • ポイント・カフェ・・・10,800円【2012/12 サービス終了】
  • 楽天ぴたっとアド・・・1,737円【サービス終了】

合計 103,633円

懸賞・サンプル・モニターで得した金額

へそくり累計額(図書券・商品券含む)

懸賞・サンプル・モニター他 キャンペーン当選品で得した金額・・・1,100,000円(※1)

※1の懸賞当選品については、このくらいかなぁ?と自分で思った金額で計算しています。

頂いた物も、サンプル、モニター商品、旅行招待、金券など様々なので、実際にこの金額分をツモリ貯金できているわけではりません。

自腹で支払ったら多分このくらいするだろう・・・という金額で計算しています。面倒なので千円以下の数字は切捨て&集計が完了していない年もあります。

銀行のキャンペーン・株配当・オークション不用品販売など

へそくり累計額(図書券・商品券含む)


  • 楽天銀行ゴールドラッシュプログラム・・・3,765円

  • 楽天銀行
    その他キャンペーン・・・1,600円
  • その他・・・340,674円(※2)

  • 合計・・・346,039円

    ※2は、株の配当金・オークション不用品処分の売上など。上の表で公開している金額は全て記録をとり始めた時からの累計です。

    株主優待については含まれていません。

    この表の他に金額を公開していないポイントサイトやASPの収入があります。株式売買益も現時点では公開していません・・・ご想像にお任せします(笑)。

    基本的に、家族旅行や突然の出費に対応したり、マイホーム資金の頭金としてツモリ貯金していますが、東北震災以降は、得た収入の中から一部を募金などにまわしています(←ほんの少しですけどね)。

    株の配当金は、所得税や地方税が源泉徴収されるので、その分の税金を取り戻す為に、確定申告は毎年ちゃんと行っています。優待や当選品なんかもちゃんと申告しなくちゃなりません。夫の扶養に入っている為(←扶養から出たくない。手続きが面倒くさい)、扶養の範囲を超えない程度に調整しています。(←ちょっと今年は金額多いな・・・と思った年は株の売買を控えるとか、そんあ感じで)

    累計金額だけ見ると多いように感じるかもしれませんが、年間ベースで見ると超少ない・・・。これからもチマチマコツコツ貯金していけたらいいなぁと思っています。もっとも、現時点では、扶養からはずれちゃうかも・・・といった不安は全くありません(笑)