水菜栽培2010年冬 キッチン→ベランダ菜園

水菜の栽培は2010年が初栽培。水菜は、「ベランダ菜園だとアブラムシ沢山ついちゃいそうだなぁ・・・」というイメージがあって、当初キッチンで育てる予定でした。ベランダ菜園をしているくらいですから、土は買わずともそれなりにあるのですが、家の中で栽培したかったので、熱処理されているキレイな土の方がいいかなぁと思い、楽天市場でゴールデン粒状培養土 10L×2個セットを購入しました。ベランダ菜園用の土は自家製堆肥を混ぜているし、もしも万が一何かの虫が混入or発生したら嫌だというのが、市販の培養土購入の理由です。

水菜1度目の種まき 2010/3/12発芽
購入したゴールデン粒状培養土にさっそく水菜の種まき。100均の鉢3個に水菜をまき、ヨーグルトの容器はイタリアンパセリ。培養土高かったから(送料込1,000円)、元をとれるといいな♪という願いを込めて見守りました。1週間くらいで芽がでました。水菜発芽確認2010/3/12

水菜発芽確認2010/3/12 アップ写真
水菜の発芽を見るのは初めてで、かわいいな~と思いアップで記念撮影するも、ピンボケ写真となる、の図。

水菜1回目種まき失敗 2010/3/24時点での水菜の様子
水菜1回目種まき失敗 2010/3/24時点での水菜の様子。昼間は窓際近くでひなたぼっこ+夜は蛍光灯の光もある+家の中なら温かいから育つと思ったのに、ヒョロヒョロになってしまって失敗。引っこ抜いて味噌汁に入れて食べた。

すぐさま、培養土の元をとらねば!と2度目の種まき実施。キッチンで育てたくて培養土を購入したけど、「キッチンで育てるのは無理だ」と判断で、せっかく買った培養土+種まき後の水菜たちは、ベランダに出されたのでした。購入した水菜の種は、一袋にかなりの数入っているにも関わらず、1度種まき失敗しているので「また失敗したらどうしよう・・・」という不安から、何度でもやり直せるように、今度は1鉢3粒×3鉢で栽培することに。間引くのが嫌いって理由もある。

水菜2010/5/12収穫
水菜2010/5/12収穫分。小さめのボールいっぱい収穫できました。量としては、スーパーで売っている水菜1袋の1/3くらいです。

玉葱とかニンニクとか、ネギ類以外は栽培期間が長い物ばかりベランダで育ててきた我が家。水菜っていいかも!栽培期間が短くていっぱい収穫できる!!って思いました。大株に育てて鍋材料にするのもいいし(←その場合はもっと早く種まきしないとダメ+栽培期間が長くなる)、葉が柔らかいうちにサラダとして食べてもいい。アブラムシも、初めての水菜栽培では、とりあえずつかなかったのでご機嫌です。野菜が高騰している冬は、水菜はオススメかもしれませんね。根元の方から切ってしまわなければ、何度も再生&収穫できる所がお得でした。

赤丸20日大根栽培 2010年

2010年3月に種まきしたラディッシュ。窒素の成分が多い肥料を使うと葉が茂りすぎて実が太らないという事を、白雪姫20日大根で4月に勉強済み。ラディッシュの種を播いた3月の時点では、そのことを知らなかったものの偶然にもコンポスト堆肥少なめのプランターに種まきしたのでした。白雪姫ほど葉も茂らず、コンパクトに生長していて、栽培成功かな~♪と期待していましたが、やっぱりダメだった2010年の20日大根栽培。

ラディッシュ2010/5/18収穫分
ラディッシュ2010/5/18収穫分。土から出ていた部分が傷だらけで茶色く変色しており、せっかくとれたけど食べる気がしません。しかも指との比較でおわかり頂けると思いますが、かなり小さいサイズです、残念。土寄せを適切に行わなかったため、実部分が、露出していて傷だらけになったのですが、ここまで傷だらけになったのは虫なのでしょうか?原因がわからず。

ラディッシュは、これが初めて栽培だし、葉っぱがかわいいから許す!と、栽培失敗に対する言い訳を心の中でつぶやく私。白雪姫20日大根も、赤丸20日大根も、何だか栽培が難しい・・・ような気がするのは、気のせいでしょうか?ベランダ菜園のサイトは沢山ありますが、ここまで失敗しているのは私だけかもしれません。

白雪姫20日大根 栽培2010年

白雪姫20日大根、水没により栽培失敗した2009年。2010年に入ってすぐもう一度チャレンジすべく、種まきしました。冬の方が、ベランダに日が差し込む時間が長いので光合成できるんじゃないかなぁ?なんて思って、寒いけど正月明けてすぐ種まき。冬なので生長は遅いけれど順調。

白雪姫20日大根 正月明け種まき組の生長過程
お正月あけてすぐ種播いたプランター栽培の白雪姫20日大根、2/28の様子。

白雪姫20日大根トロ箱栽培2月種まき組の生長過程
2月に入って種を播いたトロ箱栽培の白雪姫20日大根、2/28の様子。まだ芽が出たばかりです。

2010/4/16時点での白雪姫(ミニ大根)栽培の感想は「うまく育たないなぁ。」というもの。葉っぱばかり大きくなって、植えてから4ヶ月もたつのに、根が全然太っていないようです。抜いてしまうと、もう植え直すことができないので、生えたまま、周りの土を少しどけて太り具合を確認しました。ネットで調べたら、肥料分で窒素が多いと、葉っぱばかり茂るらしいです。もう収穫はムリだろうなぁと思って撤去する予定。またしても白雪姫、栽培失敗の予感。大根って難しいんだなぁ・・・ミニキャロットの方が確実に収穫できてる気がするなぁ・・・と少し落ち込みました。

白雪姫20日大根_2010/4/22間引き
プランター組の白雪姫20日大根を、2010/4/22試しに1本引っこ抜いてみました。人差し指より細い。私の人差し指が太いだけだろうか?20日大根なのに4ヶ月もたって、これしか生長していないなんて・・・とショック。撤去する予定でしたが、「日当たりはいいけど、気温が低いので生長遅いのかもしれない」と思いなおし、もう半月ほど待ってみる事にしました。

白雪姫20日大根 2010/5/5収穫分
白雪姫20日大根 2010/5/5収穫。4/22よりは太ったけれど、それでもやっぱり細身の白雪姫さん。太さは1cmくらい。これってやっぱり失敗だよね?日当たりよければ、もっと大きくなるはずよね?

結局、白雪姫20日大根の栽培は、前回に引き続き失敗という事です。窒素が多いのか?葉ばかりが大きくなって根っ子が太らない有様でした。洗って生のままかじってみたら辛くて涙がでそうだった。ミニ大根って、菜園初心者向きなはずなのにー。(`Δ´)きぃぃ

追記:2011年3月から貸農園を借りる事ができて、余っていた白雪姫20日大根の種を、日当たりサンサンな畑に8月頃、播いてみました。その結果、太さ3cmもあるベランダ組とは比べようもなく大きな白雪姫20日大根が収穫できたのでした。やっぱり日当たりみたいです。種が悪いんじゃないよって事で、一応書いておきます。