空気清浄機購入検討(1)

皆様、3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?我が家は、空気清浄機を購入する為に、家電屋さんでパンフレットを入手したり、家電屋さん巡りをしておりました。朝のニュースで言っていましたが、昨日も今日も福岡は基準値超だそうですね。私は見ていないのですが、先日NHKでpm2.5の特集をしていた時に、番組内で九州の中でも、佐賀県がpm2.5飛散多いと言っていたそうです。私がネットで見たニュースだと、長崎も基準値超えている日が多いようですし、要するに九州=pm2.5多いって事なのだと改めて実感している次第です(泣)。

pm2.5についてWikipedeiaより

微小粒子状物質・・・浮遊粒子状物質のなかで、粒径2.5μm以下の小さなものを微小粒子状物質(PM2.5)と呼ぶ。微小粒子状物質は粒径がより小さくなることから、肺の奥深くまで入りやすく健康への影響も大きいと考えられている。
日本では、年平均値15μg/m3以下かつ1日平均値35μg/m3以下とする環境基準が定められた。

「ただちに健康への被害はない」と言われても、肺の奥深くまで入り込み蓄積していくわけですから、毎日毎日、空気が悪い環境で生活していたら、肺がんや不整脈など、病気リスクが高くなるわけです。pm2.5に対応したマスクと空気清浄機がそれなりに効果があるようですので、自衛という意味でも、できる範囲でやろうと思う私です。


北欧製の空気清浄機・・・こちらは0.1μm以下の粒子を集塵できるそうですが、店頭では売り切れていました。ネットでも入荷次第発送との事。この空気清浄機、フィルターのお掃除はしなくてよいのですが、半年に1回フィルター交換をしなくてはならず、フィルターのお値段は6千円前後だとか・・・(機種によって違うかも)。5年使ったら、フィルターだけで6万円、10年使ったらフィルターだけで12万、もうこの時点で我が家はムリ!
だってね~本体価格も、すごく高いんだよ~。最大適用面積によって違うけど、12畳までの製品は、55,000円前後、21畳までの製品が75,000円前後、39畳までの製品が、10万前後!!

北欧製空気清浄機は、売り切れなので買えませんが、売り切れてなくても買えなかった我が家。本体価格+フィルター代を考えただけでクラクラしました。お金持ち&健康を維持する為にお金を惜しまない人は、ポンと買えるんでしょうねぇ。なぜか、店頭にいたダイキンの社員さん(販売応援できてたのかな?)が、絶賛しておりました。

空気清浄機 集塵できる粒子の大きさ

各メーカーのパンフレットを見ると、シャープも日立も、集塵できる粒子の大きさが「0.3μm以上」と書いてあります。Panasonicは、パンフレットに記載がないようだったのでサポートセンターに電話して聞きました。Panasonicの現行機種は全て0.3μm以上の微粒子を集塵できますという回答でした。

ダイキンは、パンフレットを見たけど、集塵できる粒子の大きさがどこに記載されているのかわからす。店頭にダイキンの社員さんがいたので、直接聞きました。ダイキンの社員さん曰く、「タバコの煙が、だいたい0.3μmなので、国内の大手メーカーさんの空気清浄機であれば、集塵できる粒子の大きさに大差ありません。ダイキンも0.3μm以上の微粒子は集塵できます。ダイキンの場合は、電気集塵方式+フィルターなので、電気集塵方式の部分で、0.3μmよりもう少し小さい粒子も集塵できるんですけどね・・・公式的には0.3μmです。」と言っていました。

HEPAフィルター搭載の空気清浄機であれば、粒子の大きさが0.3μm以上の物は集塵できるそうで(←これは事前に価格コムなどのクチコミを読み込んで出かけたので知っていた)、HEPAフィルターを搭載しているメーカーはシャープや日立だそうです。

Panasonicは、現行機はHEPAフィルターとは書いてありませんが、何年も前に発売していた空気清浄機がHEPAフィルターでした。普通に考えて・・・新しい機種の方が能力的な部分はUPしているはずでありますから、HEPAじゃなかったとしても、0.3μm以上の粒子は集塵できるのでしょう。現にサポートセンターに電話して聞いた時にも「0.3μm以上の粒子は集塵できます」と言っていたので、あくまで個人的意見ですが、どのメーカーの機種を購入しても、集塵能力的にはさほど大差ないのだと思います。あとは、消費電量だったり、吸引力&時間だったり、好みの問題ですね。

楽天市場 空気清浄機