タグ別アーカイブ: 株主優待

イオンで徹底節約 株主優待でお得(2)

イオンで節約をあまり意識せずに買物したい!と思った時に便利なイオングループの株主優待。イオンの株主優待(100円割引優待券)を上手に使って支出金額を抑える方法をご紹介します。

イオン系列の株主優待で10%割引 100円割引券で節約

イオンでは、イオンの株主優待の他に、グループ会社の株主優待を使う事ができます。株主の権利を獲得すると年に1回、税込1,000円以上の買物で1枚(100円券)利用できる割引券の綴りが送られてきます。1,000円の物が900円で購入できるわけですから、10%割引って事です。但し、酒類・タバコ・切手・印紙・ハガキ・商品券・プリペイドカード他、優待券を使って購入できない商品があります。

ジャスコやマックスバリュなど割引券を使えるお店が近くにない場合は、優待券を返送すると商品がもらえる会社もあります(←イオン北海道はできない)。商品か優待券か選択できない場合はYahooオークション等で売れば多少額面より目減りするかもしれませんが現金が手に入ります。ちなみに、マックスバリュ東北は優待券を返送するとりんごがもらえます。私は「自分で使う派」なので、商品と交換した事はありません。

ジャスコで使える100円割引券がもらえる銘柄と優待券の枚数

ジャスコで使える株主優待券(100円割引)がもらえる銘柄は次のとおり。銘柄コードをクリックするとYahooファイナンスで株価や優待の詳細、取得にかかる概算金額がわかります。

コード 会社名 市場 権利確定日 保有株数と株主優待券の枚数
7512 イオン北海道 東証1部 2月末 100株以上:25枚
1,000株以上:50枚
2,000株以上:100枚
2653

イオン九州 JASDAQ 2/20 100株以上:50枚
1,000株以上:100枚
2,000株以上:200枚
3,000株以上:300枚
4,000株以上:400枚
5,000株以上:500枚
7465 マックスバリュ北海道 JASDAQ 1月末 100株以上:50枚
1,000株以上:100枚
2,000株以上:200枚
2655 マックスバリュ東北 東証2部 2/20 100株以上:50枚
1,000株以上:100枚
2,000株以上:200枚
8198 マックスバリュ東海 東証2部 2月末 100株以上:50枚
500株以上:100枚
1,000株以上:200枚
8287 マックスバリュ西日本 大証2部 2/20 100株以上:50枚
1,000株以上:100枚
2,000株以上:200枚
8171 マックスバリュ中部 名証2部 1月末 100株以上:50枚
1,000株以上:100枚
2,000株以上:200枚
5,000株以上:250枚

100株取得にかかる金額の概算

イオングループ各社の株式を100株取得するのにかかる金額の概算。

銘柄 100株取得でもらえる
株主優待券
株式取得にかかる金額
(2010/06/30時点)
イオン北海道 2,500円相当(100円券×25枚) 27,100円+売買手数料
イオン九州 5,000円相当(100円券×50枚) 125,900円+売買手数料
マックスバリュ北海道 5,000円相当(100円券×50枚) 145,800円+売買手数料
マックスバリュ東北 5,000円相当(100円券×50枚) 60,400円+売買手数料
マックスバリュ東海 5,000円相当(100円券×50枚) 100,900円+売買手数料
マックスバリュ西日本 5,000円相当(100円券×50枚) 120,800円+売買手数料
マックスバリュ中部 5,000円相当(100円券×50枚) 86,500円+売買手数料

(注:上記の表において、100株取得にかかる金額は2010年6月30日の株価(終値)で計算しています。株価は変動していますので、最新の株価については、証券会社やYahoo!ファイナンスなどで確認して下さい。)

家族名義の株主優待も利用しておトク!

家族名義でも株主優待を取得すると、投資にかかる金額を抑えつつ、もらえる優待券の枚数を増やす事ができてお得。家族で強力して節約する方法です。

例:イオン北海道の株で優待券を50枚もらう場合。2010年6月30日の株価(271円)で計算

コード 会社名 市場 権利確定日 保有株数と株主優待券の枚数
7512 イオン北海道 東証1部 2月末 100株以上:25枚
1,000株以上:50枚
2,000株以上:100枚

イオン北海道で、ひとりで株主優待券50枚獲得する場合は、1,000株購入しないといけないので、かかる資金は271,000円かかりますが、自分と家族名義とで100株ずつ購入すると、必要な資金は54,200円なのに優待券は50枚もらえます。

各自が証券会社に口座を開設しなくてはいけない&配当及び株売却時の確定申告は別々ですが、費用は少なくがっちり節約!これ基本。ちなみに、うちの夫は、非協力的なので、「○○の株、夫名義で取得して~」とお願いしても「面倒くさいからヤダ」とか「興味ない」とか言います(泣)。無理強いもできないので、私だけマックスバリュ東北とイオン北海道の株を取得しました。2社の優待で100円割引券を75枚(7,500円分)使っています。。

100円割引券の使い方&値引のタイミング

イオンやマックスバリュでの会計時にレジ店員さんに渡します。1,000円につき1枚使えるので、7,350円の買物をした場合は7枚。株主優待でお得(1)で説明したイオンオーナーズカードと違い、その場で割引してくれます。

マックスバリュ東北やイオン北海道の株主優待でもらった100円券を、私はサティでもよく利用してましたが、今回改めて券面裏の説明を読んでみたら「サティで使える」とは書いていません。あれ?これってサティでは使えない物だったのかなぁ?と驚き、思わず東北まで電話かけて確認してしまいました(汗)。

マックスバリュ東北の、電話に出てくれた担当者さん丁寧な受け答えでした。そして「サティさんの間違いです」って言われたわ。「過去は問いません」だって。そりゃそうでしょう。いまさらダメでしたって言われても、私も困るし。というわけで、100円割引券はサティでは使えないらしいです。我が家は、ジャスコで使えれば別に困らないからいいやって感じです。券面記載の有効期限内なら、いつ使っても割引いてくれるわけですが、個人的には、毎月20・30日のお客様感謝デー(5%OFF)で5%割引してもらった後に、この100円株主優待券を差し出して、更に値引きしてもらうのが好きです。「賢い買物が出来たわ♪」って自画自賛するの♪

お客様感謝デー&イオンの株主優待&イオングループ会社の株主優待&WAONを組み合わせて使うと、夫に「極悪な買い方」って言われます。(←イオン ジャスコで節約 あわせ技で説明)

節約に熱心&株主優待の権利を使っただけなのに、夫は、褒めてはくれないどころか「イオンと取引しているメーカーが、その分価格下げたりして辛いんやで」と言いいます。ま、もっともですね。私はといえば、この言葉を聞く度に「なんて君は優しいんだ!!」と夫に惚れ直すイタイやつです・・・。

株主優待を受けるには

株主優待を受けるには、まず証券会社に取引口座を開設し、割当基準日(株主優待の対象となる株主を確認する日)の4営業日前までに、優待の対象となる株数を購入する必要があります。

1日遅れるだけで優待を受けれなくなってしまうのでいつまでに購入すればいいかは、証券会社で確認して下さい。

株主権利確定日に近づくにつれて株価が上がる事が多いです(←取得に要する資金が増える)。
私は心配性なのでギリギリに買うことはありません。ずぼらなので頻繁に株価チェックするのが面倒くさかったりもします。なので、取引している証券会社で「○円以下になったらメールで知らせる」「○円以上になったらメールで知らせる」という設定にしてあります。

1日だけ株主になる人もいます。株主優待の権利を獲得するには、権利確定日に株を保有していなくてはならない=権利確定日の1日だけ株を持っていれば、株主優待をもらうことができるという事を上手に利用している人たちです。

各銘柄ごとの配当金

株主優待の他に業績に応じて配当も出ます。私が保有中のイオン北海道とマックスバリュ東北は、配当金が出ませんでした。業績よければ、株価も低迷していないだろうから、仕方ないかなぁって感じ。

銘柄   1株当配当
イオン北海道 2010/02 0円
イオン九州 2010/02 10円
マックスバリュ北海道 2010/01 0円
マックスバリュ東北 2010/02 0円
マックスバリュ東海 2010/02 36円
マックスバリュ西日本 2010/02 35円
マックスバリュ中部 2010/01 10円

イオングループの株をこれから購入しようと考えている方へ注意

株式購入には元手となる金銭が必要です。また、株価が下がったり、業績によっては株主優待や配当がなくなることもあります。株式投資はリスクが伴う為、万が一、損をしたとしても私は責任もてません。投資をする場合は、自己判断&自己責任にてお願いします。

イオンで徹底節約 株主優待でお得(1)

イオン株主優待の特徴 オーナーズカードで3~7%現金還元

イオンの株(証券コード:8267)を100株以上保有する事で発行されるオーナーズカード(イオン株主ご優待カード)。半期100万円までのお買上金額に対し、保有株数に応じた返金率でキャッシュバックされます。

ジャスコ・サティ・マックスバリュなどイオン系列のお店での買物が返金対象です。但し、ミニストップなど一部利用できない会社や店舗もあります。会計時にオーナーズカードを提示し、現金又はWAON(イオンの電子マネー)、イオンカード等イオンクレジットサービス(株)が発行するカードによるクレジット払い、イオン商品券、マイカル商品券、イオンギフトカードで決済する事がキャッシュバックの条件です。

毎月20・30日のお客様感謝デー(5%OFF)と重ねて使えるのが魅力的。

イオン株主優待の特徴 イオンラウンジも使える

イオンオーナーズカードを提示すると、イオンラウンジが使えます。ジャスコやイオンモールなど一部店舗の中にあります。イオンラウンジには、無料のジュースやお菓子が用意されています。店内を歩き回って疲れた時にゆっくりできて便利です。
イオンラウンジを知りたい方は、イオンラウンジとは?で説明してますのでご覧下さい。

保有株数と返金率・株式取得にかかる金額の概算

所有株式数 返金率 株式取得にかかる金額
(2010/02/23時点)
100株以上 3% 92,400円+売買手数料
500株以上 4% 462,000円+売買手数料
1,000株以上 5% 924,000円+売買手数料
3,000株以上 7% 2,772,000円+売買手数料

保有株数と返金率、及び、実際に株主優待を受ける為にイオンの株式を取得するにはどのくらいの金額が必要か?を表にしてみました。(注:上記の表において、株式取得にかかる金額は2010年2月23日の株価(終値)で計算しています。株価は日々刻々と変動していますので、最新の株価については、証券会社や【8267】イオンの株価:Yahoo!ファイナンスなどで確認して下さい。)

オーナーズカードの特典を利用すれば、最低でもジャスコで毎日3%割引の買物が可能。
毎月20・30日のお客様感謝デーの日は、その場で5%割引+株主優待で半年後に3%分キャッシュバック=8%割引になります。(株主優待のキャッシュバック時期は後で説明)

イオン株の所有数によって変わる返金率。もし資金的に余裕があって3,000株保有している人であれば、常時7%割引。お客様感謝デーに買物すれば5%+7%=12%割引 うらやましい。

返金率マックス7%を目指そうとすると、2010年2月23日時点で300万円近い株購入資金が必要。貧乏なので当然我が家にはムリ。だけど100株10万円くらいだったら何とかなりそう。10万円程度であれば、投資にかかった金額も株主優待や配当金で比較的すぐに元がとれそうな気がします。

100株でもジャスコ・サティで365日3%割引なわけですから、イオン系スーパーの利用頻度が多い人にとっては、おいしい優待ですよね。毎日の食費節約はもちろん、金額の大きい家電を5%割引デーにオーナーズカードを提示しイオンカード(又はWAON)で支払えばそれだけで節約。家電量販店で購入したほうが安い時は、もちろんジャスコにこだわらないけど、びっくりする位お買い得家電が多い期間もあるので侮れません。

不景気やらリーマンショックなんかでだいぶ安くなったイオンの株価。以前は、100株購入するのにも20万以上必要だった事を考えると、買いやすい値段だと思ってしまうのは私だけでしょうか?

イオンオーナーズカード キャッシュバック対象の例

会計時にレジでオーナーズカードを提示し、現金・ワオン・イオンカード・イオン商品のいずれかで支払えば、株式の所有数に応じた返金率で現金がキャッシュバックされます。キャッシュバック対象かどうかの例は、下記を参考にして下さい。

例)イオン株を100株所有・ジャスコで食材10,000円分購入・レジにてオーナーズカード提示
【A】現金で支払→3%キャッシュバック対象
【B】イオン商品券で支払→3%キャッシュバック対象
【C】イオンカードで支払→3%キャッシュバック対象
【D】ワオンで支払→3%キャッシュバック対象
【E】VISA商品券で支払→3%キャッシュバック対象外
【F】VISA商品券5千円+現金5千円で支払→現金で払った分だけ3%キャッシュバック対象

VISA・UC・JCBなど他社のギフトカードや商品券での支払は、返金対象となりません。同様に、イオンクレジットサービス以外が発行するクレジットカードを使った場合も返金対象外です。

株主優待 キャッシュバックの時期

イオンオーナーズカードを提示すれば、その場でキャッシュバックの特典を受けれるわけではありません。すぐに返金されるのではなく、半年に1度(3月1日~8月末日の利用分は10月に、9月1日~2月末日の利用分は4月に)「オーナーズカードご利用明細書」と「株主ご優待返金引換証」が送られてきます。引換証に認印を押して、返金取扱期間中に、ジャスコやマックスバリュ等のサービスカウンターに持っていくと現金が戻ってきます。 参考:イオンHP 株主優待詳細

↑お客様感謝デーの5%引きはその場で割引され、株主優待分の返金は半年ごとって事です。

イオンの株主優待を受けるには

株主優待を受けるには、まず証券会社に取引口座を開設し、割当基準日(株主優待の対象となる株主を確認する日)の4営業日前までに、優待の対象となる株数を購入する必要があります。

イオンの場合「株主権利確定日」は、2月末と8月末ですから、土日祝日を除く4営業日前までに株を購入しなくてはなりません。イオンのHPによると、2010年度は2月23日(火)・8月26日(木)までに購入すればOKらしいです。1日遅れるだけで優待を受けれなくなってしまうので(←この辺、私はあまり自信がない)、詳しくは証券会社で確認して下さい。

株主権利確定日に近づくにつれて株価が上がる事が多いです(←取得に要する資金が増える)。
私は心配性なのでギリギリに買うことはありません。ずぼらなので頻繁に株価チェックするのが面倒くさかったりもします。なので、取引している証券会社で「○円以下になったらメールで知らせる」「○円以上になったらメールで知らせる」という設定にしてあります。

株主優待の権利取得後、イオンオーナーズカードが届くまで

私は8月にイオンの株を買いました。8月末日・2月末日の株主名簿に基づき100株以上の新規株主にオーナーズカードの案内(申込書)が送られてきます。申込みからオーナーズカードが発行されるまでに時間がかかる為、実際に手元にオーナーズカードが届いたのは10月に入ってからでした。オーナーズカードが届いて初めて株主として優待を受ける事ができるようになります。権利を取得しても、オーナーズカードが届く前にジャスコやサティで購入した分は、返金されない。2ヶ月くらいかかるのでちょっと勿体ない感じ。

本人が利用できるカードと家族カードの2枚発行されます。夫にも1枚もたせ、もし私がいない時に買物をする時は、ジャスコ・サティのレジで必ず見せるように教育中。たまに会社帰りお菓子や飲み物を買ってきてくれるのは嬉しい。しかも家計費からではなく夫の小遣いからなら尚更だ。だけど、教育の甲斐なくしばしばオーナーズカードの存在を忘れる夫が残念でたまらない(笑)。

イオン 配当も魅力的

株主優待の他に、業績に応じて配当も出ます。2010年2月期は、ジャスコが誕生してから40周年だとかで、普通配当17円+40周年記念配当3円で1株当たり20円でした。100株所有していれば2,000円。税金(10%)を差引かれるので、手元に振込まれる金額は、2,000円より若干少ない。イオンの株をいくらで取得するかにもよりますが、利回り的にも銀行に預けるよりお得な気がします。

これからイオンの株を購入しようと考えている方へ注意

イオンの株に限らず、株式購入には元手となる金銭が必要です。また、株価が下がったり、業績によっては株主優待がなくなるリスク等も考慮しなくてはなりません。株式投資はリスクが伴う為、万が一、損をしたとしても私は責任もてません。投資をする場合は、自己判断&自己責任にてお願いします。

株主優待は企業の業績が悪化したら突然なくなってしまうこともあるって書いたけど、私は他企業で体験してるのです(泣)。トイザラスなんだけどね。