タグ別アーカイブ: 食費の節約

買物:亀田製菓で新潟米購入

亀田製菓楽天市場店で新潟米「こしいぶき」購入

ジャスコの5%OFFデーに買おうかと思っていたお米。重いの嫌だし楽天市場でポイント10倍キャンペーンをやっていたので、亀田製菓さんでお米を10kg購入する事にしました。いつも我が家は米のブランドには全然こだわっていなくて10kg3,000円位のお米をスーパー等で買っています。亀田製菓さんで購入したお米は、普段より1,000円も高いので、買おうかどうしようかちょっと悩みましたが、新潟は何と言っても米どころ。高くてもたまにはいいや♪と、最終的に決断したのが「こしいぶき」。こしひかりにしようか?いっそ贅沢に魚沼産いってみようか?さんざん悩んだ挙句、「こしいぶき」に決定したのは、食べた事のないブランドでかつこしひかりに比べればお手頃価格だったからです。こしいぶきって新潟県で開発された期待の品種なんですって~。こしいぶき5kg2袋注文すると送料が無料になるところも魅力でした。

楽天市場で注文時に利用したキャンペーン

  • 4時間限定ポイント3倍
  • 72時間限定ポイントUP祭!最大10倍
  • 金・土限定エントリー&楽天カードでポイント3倍

楽天市場で亀田製菓さんのお米を購入する時に、楽天カードで貯まっていたポイントを全部利用しました。新潟米5kg2,040円×2袋-2,493円(ポイント利用分)+消費税194円=1,587円の支払い。もちろん支払いは楽天カードです。

新潟米こしいぶきが届いた&食べた感想

新潟米こしいぶき5kg×2袋が届いた時の写真
箱を開けた時の様子。笑顔がなんかかわいい。イメージUPだ(笑)。

新潟米こしいぶき5kg×2袋が届いた時の写真(2)
並べて写真撮ってみた。お米が入っている袋のパッケージは、普通でした。食べた感想は「やっぱり新潟は米どころだねー♪」って思ったことかな。美味しかったです。次回はこしひかりを注文しよう~。



↑注文したのはこれ。リンク先は、亀田製菓楽天市場店

注:この投稿は2010/5/29にアメブロで書いた物を移動・追記したものです

買物日記:ネットで初めてお米を購入

米 美味しさを追求するならば

スーパーの店頭に並べられているお米は、精米してから流通し、購入まで店頭に置かれる為、日にちが経過しています。お米は精米してからできるだけ早く食べた方が美味しいので、美味しさを追求していくならば、自分の好みに合わせて産地やブランドにこだわった一等米を玄米で購入し、自宅で食べる時に食べる量だけ精米するのが望ましいです。ただ、その場合、家庭用精米機を別途購入しなくてはなりません。

インターネットでお米を購入するメリット

インターネットでお米を購入するメリットは、予算/産地/ブランドを選択できる・出荷前に精米されるので美味しく食べる事ができる・重たい米を運ばなくすむ・好きな時間に注文できるといった所でしょうか。ただ私は地元の米屋で地元ブランドのお米を買うメリットもあると思うので、ネットで購入するのがベストだとは思いません。最近は地域経済を活性化させる為に地産地消を推進している都道府県も増えてきました。お金が地域で循環する&地元農家を支援する為に必ず地元のお米を購入するという友達も何人かいます。お米の事をよく知っている米屋さんがブレンドしたお米は複数原料米でも美味しいそうですよ。

私は祖父が米を作っていたので、米農家が自分の家用に作った新米が一番美味しいと思います。なんで「新米」って限定したかというと・・・古米もよく食べさせられたからなの(汗)。農家で、前年分のお米が余っていれば古いものから食べるのは当たり前。古米が悪いというわけではないけれど、新米と比べるとやはり新米の方が美味しいわけでして・・・子供の頃は「新しいお米が食べたいなぁ」と内心思ったりした。お客様が来た時は「直近で収穫したお米を炊いておもてなし」みたいな感じ。祖父の家に長く居ると新米→古米になるんだよね(笑)。そういえば、物置みたいなところにでっかい精米機もあった。

インターネットで初めてお米を購入

私がインターネットで初めてお米を購入したのは、2007年頃。山形のお米とさくらんぼの矢萩商店というお店で玄米30kg。

矢萩商店(楽天市場)の会社概要に載っていた住所の画像

初めて利用するお店はいつも不安(←重度の心配性)。購入前に会社概要で書かれていた住所「山形県東根市六田2-5-27」をGoogleMapsで検索しました。GoogleMapsで表示されたのはガソリンスタンド。お米を売っているお店なのに何でガソリンスタンドが出てきたのかしら?と少し不安になりましたが、地図が更新されていないだけかもしれないし、購入されている方のクチコミも多く、評価もよかったので多角経営でもしてるのかな?と思い直してポチッと購入。お米の収穫がすんだ頃に購入したからか?お買い得で、玄米30kg 7,999円でした。玄米は精米すると米糠分の重量が減るので約27kgになるそうです。27kgで計算した場合、7,999円÷27kg=約296円/1kg。ということは米10kg3,000円以下!。私が注文した商品は送料無料だったので、スーパーで購入するのと金額的にあまり変わらない(←むしろ安い!)と驚いてしまいました。「お米はスーパーもしくはお米屋さんで買った方が安い!」と信じていた私。当時はインターネットでお米を注文するという発想自体なかったです。

初めてネットでお米を注文するきっかけとなった理由

  • ちょうどお米の在庫が少なくなってきた頃だった
  • 新米&安い
  • 玄関まで重たい荷物を運んでくれる
  • 米消費量が多い我が家は27kgなんてあっという間になくなる
  • 楽天カードのポイントを割引で使える

はえぬきブランドのお米は食べた事がなかったので食べてみたいと思ったのも購入のきっかけ。自宅に精米機がなくても注文する時に「精米する」を選択すれば白米にして送ってくれます。精米すると米ぬか分が減るので届く白米は約27kgになりますが、その事もお店のページにもきちんと記載されていて安心でした。配達日の指定も可能。お米やビールなど重たい荷物は、玄関まで運んでもらえるとやはり大助かりです。

ポイント利用で米代節約

楽天カードで貯まっていた楽天スーパーポイントを商品購入時の割引に使いました。商品の値段7,999円-500ポイント(500円)=7,499円で米Get。ポイント利用前の金額も充分お買い得なうえ、ポイントをもっと有効利用すれば更に安く買う事も出来た(←節約生活という意味では支払う金額が少ない方がいい)。ただ何となくこの時はポイントをフルに使うのが悪いような気がして500ポイントだけにしました。もちろん、全額ポイント利用でも構わない。ポイントを利用してもしなくてもショップにとっては関係ないのかもしれないしね~。

ネットで新米を購入 届いた時&食べた時の感想

ネットで初めてお米を注文し届いた時の写真
ででんと届いた山形米(精米済27kg)を玄関からリビングまで、箱ごとズリズリ引きずって運んだ。さて箱から出したいけれど、どうしよう・・・(笑)。あまりの重さに上の状態で2日ほど放置。夫の帰宅を待って箱から出してくれるよう頼んだがやってくれなかったので、渾身の力を込めてエイヤーッと箱から出した。自分でやった。夫には「何でもかんでも頼るな。甘えるな。」って言われた(泣)。

ネットで初めてお米を注文した時の写真(2)
袋の上部に「19年産 はえぬき」とあり、検査した人の名前も書いてあった。普段スーパーで購入するお米(地元産・地元ブランドの米)は、5kg1,500円位ですが、白濁した米がいっぱい混じっています。楽天市場で購入した19年産の山形米・はえぬきは、ほとんど白濁した米はありませんでした。(注:米が白濁するのは天候によるものだそうです。夏暑すぎたりすると白濁した米が多くなるらしい。その年の気象条件や産地・作付け時期により異なり、味に大差はないとか。)

米を炊き、米だけ味見しました。

夫:「美味しい!さすが新米!昨日食べた米より美味しい」
妻:「・・・・・・」
夫には言っていませんでしたが、実は前日食べた米も新米でした。注文した山形米が届く前に、米の在庫が尽きてしまい近くのスーパーで「新米・地元産こしひかり5kg」を1,700円で買ったのです。「新米・地元産こしひかり」より楽天市場で購入した「山形米・はえぬき」の方が美味しかったのかな?

妻:「昨日、食べたのも新米。こしひかりだよ」
夫:「こしひかりより、断然、山形米の方が美味しい!」
どうやら「地元産地元ブランドの米」<「新米・地元産こしひかり」<「山形米・はえぬき」って事みたいです。ふと、以前、米農家の人から聞いた話を思い出しました。「最近、こしひかりは、全国的にもそんなに作付けされていない。あんなに流通が多いはずがない」っておっしゃっていたっけ。「あんなに」がどのくらいなのか農家じゃないからわからないし、実際「こしひかり」と書いてあっても、米のDNAを調べたら別の米だったって事もよくある昨今。個人レベルでは調べる事さえできないのと、例え調べる事ができたとしてもそこまで気にしてられない。夫がこしひかりより美味しいと言った山形米は、精米したばかりだから美味しかったのかもしれない。我が家は美味しくて安ければ何でもOKだ。日本の米農家はレベルが高いと思うので、ブランドにさほどこだわらなくても、美味しく頂ける。農家のみなさん、有難う!

世間では、ダイエットの影響か?パン食の方が手軽だからか?米離れが進み、米消費率が落ち込んでいるらしい。我が家も以前は朝=パン食の方が多かったけど、ご飯の方が腹持ちがいいので朝もご飯を食べる事が増えています。ごはんでパンが作れるホームベーカリーも人気だし、日本の米農家を支えていくためにも、米食を増やしたいという気持ちもあります。
三洋 ホームベーカリー GOPANを楽天市場でさがす

茶碗一杯分の値段

総務省の小売物価統計調査 18年7月 茶碗一杯150g(精米65g)をもとに計算すると、精米27kg(=27,000g)÷65g=約415杯分。楽天ポイント利用前の金額で計算→7,999円÷415杯=19.2円でした。

亀田製菓 楽天市場店

楽天市場でお米をさがしていたら煎餅でおなじみの亀田製菓 を発見。亀田製菓って楽天市場に出店してるんだぁ・・・と驚きました。亀田製菓に興味が沸いてきて亀田製菓HPも見てみた。亀田製菓って本社新潟なんですね~。知らなかったわ。しかも亀田製菓楽天市場店で、魚沼産こしひかりを売っていました。「こしひかり」にこだわらないと言いながら、魚沼産こしひかりに憧れる矛盾。産地限定で美味しそう(⌒¬⌒*)。うちは貧乏なので一度も魚沼産こしひかりを食べた事がありません。もし魚沼産こしひかりがすごく美味しかったら、安いお米を食べれなっちゃうかもしれないという不安もあるので、あえて買わないようにしています。でもいつか1回は食べてみたい・・・かな?

注:この記事は、ネットで初めてお米を購入した時にアメーバブログで書いた2007年11/07・11/11・11/16の日記を移動・修正・追記したものです。