ナイトタイム給湯に使う電気使用量を減らし、劇的に改善

深夜時間帯の給湯に使う電気量が大きく、どうやって節電したらいいかよくわからなかった日々。頑張っても頑張っても電気使用量の削減ができなくて、焦って焦って焦りまくりました。オール電化の節電に、真剣に取り組むようになってから約半年。時間がかかりましたけれど、貯湯量を考えながら、夏場は手動で「休止」設定をし、沸き増しの日数を減らしたところ、劇的に改善しました。

夏はなるべくクーラーつけず、冬はなるべく暖房つかわず、過ごしてきた私(家族が一緒の時は除外)。

後は、冬場の節電について考えるのみ。