節電に燃える・・・電気代の分析(1)

電気代の分析というと大げさな感じ。2011年も時間帯別にざっくり管理していたんですけども、何でそう思ったのか、「給湯にかかる電気代は減らせない」と思い込んでいました。こんなもんかなぁと思っていたもんで、日中の節電にばかり目がいっていて、ナイトタイムの節電については考えた事がありませんでした。

日中の使用量に比べたら、ナイトタイムの使用量の方が断然多い(←電気で深夜時間帯にお湯を沸かす為)。なのに、なんで今までナイトタイムの電気使用量を減らす努力をしなかったのだろう・・・と少々自己嫌悪。

今日も、電気のメーター見て、時間帯別に使用量をExcelファイルに入力しましたが、一度気づいてしまうと、ナイトタイムの電気使用量が気になって気になって仕方ありません。もっと早く気づけよって感じですが、気づいたからには、頑張って削減していきたいと思っております。それにしても、電気温水器って、すごく電気使うんですねぇ。ナイトタイムの単価は日中に比べて安いとはいえ、電気使用量の70%以上を深夜時間帯で使っています。

仮に、深夜時間帯の電気使用量を半分に減らす事ができれば、前年比10%どころか、50%くらい削減できるかもしれない。今まで私はいったい何をしていたんだろう・・・頭が悪すぎる・・・って思ってしまった。

お風呂は毎日新しいお湯で入りますが、給湯の温度設定や、温水器の貯湯量及び温度を考えながら、手動でコントロールし、沸き上げにかかる使用量を減らしていきたい。

ブログなどで電気使用量や電気代を公開されている方は沢山いらっしゃいますが、我が家と同じような環境で時間帯別の使用量や金額を公開されている方は少なく、比較の対象がないので、どのくらい削減できるのか不明。太陽光発電やエコキュートを利用されている方の時間帯別使用量はありましたけども。とりあえずやってみようと思います。

この投稿は、アメブロで2012/8/1に書いた物を移動した物です。