変なピーマン

変なピーマン・・・虫と勘違い

畑のピーマンは、いつも事前に虫が侵入した穴がないかどうかチェックをしてから包丁で切るようにしているのですが、そのチェックに合格し、安心しきって、赤く熟したピーマンを半分に切った瞬間、緑色の何か物体のような物が見えたのでした。「赤い=中に緑色の塊があるはずない → 虫」という思い込みにより台所で絶叫した私。虫と思ったのは勘違いで、種の下に塊のような物ができていただけでした。変なピーマン。生まれて初めて見た。何だろう?これも種なのかしら??

「奇形なのかなぁ?何かの病気?」と心配になって、ネットで調べてみたら、別に珍しい事ではないらしい。ピーマンは、あまり好きな食材じゃないので(積極的に買わない&食べない)今まで遭遇しなかっただけのようです。

ちなみに、あまり好きではない食材であるピーマンを何で貸農園で育てているのかというと、「好き嫌いはダメだよね・・・いろんな野菜をもっと沢山食べるようにしなきゃ!自分で育てた野菜なら食べれるはず!!」という思いからなんですが、貸農園をはじめたおかげで、今まで気づかなかったような新しい発見もあって、結構楽しかったりもします。

変なピーマン
これが私を台所でびびらせたピーマン。種の下の固まりも赤く熟していたならば、騒がずすんだのに。はた迷惑なヤツめ(笑)。