Panasonicの節電タップ

日本製Panasonic節電タップWHS 2534WP 購入&感想

節電タップは電気代節約の味方!という事で、長らく我が家で使ってきたメイドインどこだかわからない製のコード(多分、台湾製)。コード部分は、見た感じ破損や変形などの傷みはないように思えるのですが、コンセントをさす部分からカチカチという変な音が聞こえるようになってしまい、これが原因で火事になると怖いので、買い換える事にしました。

コード類って、断線したり、ビニールコーティングされている部分が劣化して中の銅線(?)が出るなど、ショート&火事の危険がなければ、半永久的に使えるもんかと思っていましたよ、私(笑)。ひっぱったりねじったりコードの上に物を置いたり変な使い方はしていないので、見た目はとても綺麗なのに、やはり長年使っていると、見た目じゃわからない内部の劣化があるんでしょうね。

廃棄する予定のメイドインどこだかわからない製のコンセントも、15年(もしくはそれ以上)使ってきたので、金額的に充分元が取れていますし、耐久性という意味でも申し分ない製品でした。

「節電タップなんて、どこのメーカーの製品でも対して違いはないだろう・・・」と思うので、初めはネットで購入しようとしていたのですが、出かけたついでに念の為、近くの家電屋さんに見に行きました。ほとんどのメーカーが外国製なのに対しPanasonicの節電タップだけが日本製でした。なので、見てすぐこれにしよう!と決まりました(震災以降、なるべく日本製を買っているだけです)。

Panasonicの節電タップ
他のメーカーの節電タップは、パッケージに「雷ガード」と書いてあるのに、Panasonicの節電タップは、「ランプレス」「ランプをなくして省エネ追求」「ザ・タップの安全設計」などは謳っているのに、「雷ガード」に関しては特に記載なし。

「Panasonicのことだから、ついてて当然の機能は書いていないだけなんだろうなぁ」と内心思ったものの(←Panasonicはちょくちょくそういう事があるんです・・・)、もし本当に雷ガードがついていなくてパソコンやテレビが壊れたら嫌なので、念の為ネットで製品情報を確認しました。思っていたとおり、ちゃんと雷ガードついていましたよ~(笑)。

今回購入したPanasonicの節電タップはフラットなプッシュスイッチで、すっきりした印象。カラフルな色もありましたが、私はホワイトにしました。「節電タップです!」という主張を抑えた製品で、たかがコードなんですが、よい買物だったな~と思います。

ちなみに、箱裏には「客様がお使いのテーブルタップにも寿命があります」と記載がありました。改めて「そうか、コードにも寿命があるのか・・・」と、いつもはあまり読まない説明書きを確認。多分、前使ってた外国製のテーブルタップを買った時にも、読まなかっただけで書いてあったんだろうと思います(汗)。

  • 保護被ふくが傷ついたりして、内部の被ふくや銅線が見えている。
  • テーブルタップを動かすと電源が切れたり入ったりする。
  • 電源プラグ部やタップ部が異常に熱く、コードが異常に折れ曲がっている。

我が家の旧節電タップが、カチカチ音がしたのは、(動かしていないけど)勝手に電源が切れたり入ったりしていたんだろうな~。異常があるまま使用すると発火のおそれがありますもんね。これからはスイッチ部分だけでなく、定期的に手で触って温度などもチェックしようと思います。以上、買物日記でした♪