長崎県のお米「にこまる」購入&食べた感想

長崎県のお米「にこまる」をお取り寄せで食べてみた感想です

九州転勤になるまで、お米はずっとコシヒカリをメインで食べてきました。(注:祖父母が元気だった頃は、お米は田舎から貰っていました。当時、祖父母はコシヒカリを栽培していましたが、代が変わった後、収量の問題なのか?温暖化の影響なのか?ヒノヒカリに変えた模様です。)
コシヒカリが一番美味しい!と思って育ったのは、多分、母がコシヒカリしか買わなかったから、その味に慣れていたのだと思います。スーパーの店頭に置いてあるお米も「コシヒカリ」が多かったです。九州へ引越してしばらくの間は、その流れでずっと「コシヒカリ」と書いてあるお米を購入していました。主人も「米はコシヒカリやろー」という感じだったし。

そんな我が家ですが、TVCMで「福岡県産米♪うまい♪うまい♪」みたいな感じの歌を繰り返し聞いていたのと、「温暖化の影響で九州は九州の土地に適したお米の栽培が盛ん」という新聞記事を読んだのがきっかけで、「土地にあったお米の方が美味しいかも!」と思うようになりました。で、初めて食べた九州のお米が「福岡県産・夢つくし」。九州ブランドのお米は、その後、福岡県産米だけでなく、熊本産・佐賀産・宮崎産・鹿児島産と、いろいろ食べましたが、長崎のお米だけ機会がなくて、食べていませんでした。

長崎 にこまる ずっと気になっていたお米。今回、貯まっていた楽天のポイントがあったので、ついに「にこまる」を購入することにしました。

長崎 にこまる 届いてすぐ圧力鍋でご飯を炊いて、アツアツを茶碗2杯ほど頂きました。おかずが途中でなくなったけれど、ご飯だけでバクバク、いくらでもいけそう。モチモチで、噛むほどに甘くて、すごく美味しいの!なんか、脳内で変な物質が分泌されてるんじゃないかと思うほど、幸せ~な気分になった(←大げさ??)。

お茶碗2杯山盛り食べてかなりの満腹感でしたが、冷めても美味しいのか試したくなって、よせばいいのに3杯目。人間、腹が空いていれば、何を食べても美味しいと感じるものですが、満腹なのに「美味い!」と思えるのだから、やはり長崎にこまるは美味しいお米なのだと思う。圧力鍋での炊き方も上手だったのかしら~?と自我自賛中であります。

ちなみに、夫の感想は「確かにうまいな。」
「長崎にこまる、すごく美味しいよ!騙されたと思って、とりあえず、このまま(冷たい)ご飯食べてみて!!後であたためるから!!!」と言って、ご飯を先に食卓へ。「美味しい」を強要してしまったかな?と思いながら、おかずを温めて台所から戻ってみたら、白米だけがきれいになくなっていました。台所→食卓間は、狭い家という事もあり、数歩です。温めるのに1分もかかってないと思うんですが、1粒も残っていませんでした(笑)。どうやら本当に美味しかったようです。

長崎にこまるで、塩むすび作ったら、美味しいんだろうな~。夫は、ネットでまとめ買いした長崎にこまるの米袋を見て「えっ?こんなに買ったの?」と驚いていたけれど、すぐなくなってしまいそうな食べっぷりです。長崎にこまる、モチモチ感があって美味しいです。

人によって好みや味覚は違いますし、同じブランドの米だとしても、作り手や栽培方法の違いで味が変わります。米は年度(気候など)で出来も違うので、我が家の好み=みんなの好みじゃないところがミソです。もし万が一、私が書いた長崎にこまるの感想を読んで、買ってみて、食べてみて、「好みじゃなかった!」と思ったとしても、責任もてませんので、その辺は、自己責任でよろしくお願い致します。以上、長崎にこまるの感想でした!

私は好きよ、長崎にこまる!!!(←絶叫)

今デジカメ手元にないので、長崎にこまるの画像は(といっても、米袋のだけど)、後日UP予定です(笑)。

長崎にこまるを、楽天市場で購入する場合、いろんなお店で取り扱っていますので、どこで買ってもいいのですが、今後、私はアグリランドいきで、買いたいな!と思います。というのも、アグリランド壱岐(島の駅壱番館 まるごと壱岐物産展)の会社概要を見て、JA壱岐市が設立した農業生産法人が運営しているお店だと知ったからなのです。JAなら偽装とかしないだろうし安心かな~と思いません?(笑)