ミヤタ自転車が長持ちだった件【自転車経年劣化による修理or買替検討】

自転車といえば、ブリジストン!と思って育った私。子供の頃、母親に買ってもらった自転車がブリジストンで、とても長持ちだった記憶があって、そう信じていました。

だから、夫が何の相談もなく突然ミヤタ自転車を買って帰った時には、「えっ?何でブリジストンの自転車にしなかったの?」と思ったものです。

しかし、ミヤタ自転車は、私が知らなかっただけで老舗のメーカー。凄いな!と思ったのは、購入から10年以上、ムシゴムを変える以外は、何のメンテナンスもせず乗り続けたのに、耐久性に優れていた事でした。

定期的にメンテナンスすべきなのに、何もせず酷使した、ミヤタ自転車のシティサイクル(ママチャリ)。流石に寿命を迎えようとしているのか、経年劣化でタイヤのゴム部分には細かな亀裂が走り、空気が抜けます。チェーンも外れた為、修理 又は 買い替えが必要です。

なおして使うべきか、新しい自転車に買いかえるべきか。色々と検討した結果を記録します

ミヤタ自転車のカタログ入手

思っていた以上に、ミヤタ自転車がよかったので、次回も同じメーカーの物を購入しようかな・・・と、カタログを入手しました。

日本には、いい自転車がある。

自転車は単なる移動のための道具なのでしょうか。

自分の力だけで、風を感じながら走ることも、思いもよらぬ長距離を走る事もできる素敵な乗り物です。

1890年(明治23年)に創業したミヤタサイクルは、日本初の安全型自転車を製造したメーカー。

127年間にわたる技術とノウハウの集積、そしてツール・ド・フランスなどのトップアテゴリー・レースへの参戦を通>じて、いい自転車とはなにかを常に考えてきました。

毎日の通勤や通学、お買い物でさえ楽しい時間になる。そばにあるだけで、暮らしが豊かになる。それがミヤタの自転車なのです。

miyata 2017 Full Line-up Catalogue vol. より引用

自転車 新規購入する場合

今まで乗っていた自転車と同じような品質の自転車は、ミヤタ・アルモードベルト【DAM73LB7】PFTステンレス&アルミフレーム採用だそう。27インチ・3段変速・ベルトドライブで、定価67,800円(税抜)。自転車って、こんなに高かったっけ?と驚く。

ネットなら、定価より安く買える。(参考:ミヤタ・アルモードベルト【DAM73LB7】PFTステンレス&アルミフレーム採用 楽天市場で価格チェック

ピンキリだけど、もう少し出せばPanasonicの電動アシスト自転車も手に入りそう。(参考:Panasonic電動アシスト自転車の価格を楽天市場でチェックする)

ミヤタ自転車は、国内工場を閉めて、中国生産になったらしいのですが、MIYATAの品質保証|MIYATA自転車を見ると、最長6年の品質保証を謳っているので、新しく買いかえても、そこそこ長持ちしそうな感じ。

ただ、Panasonicの電動アシスト自転車は、カタログを見たら日本製とあったので、迷う。

自転車を新しく購入する場合の選択肢

新しく自転車を購入する場合の、私の選択肢は下記のとおりです。

  • ミヤタ自転車のシティサイクル
  • ブリジストンのシティサイクル
  • ブリジストンの電動アシスト自転車
  • Panasonicの電動アシスト自転車
  • YAMAHAの電動アシスト自転車

古いミヤタ自転車の修理にかかる金額

もう12年超、経ってるので、車体の劣化が心配だけど、とりあえず、今ダメになってる所だけ直すなら、10,000円以内でいけそう。

  • チェーン交換・・・3,000~4,000円
  • タイヤ交換・・・4,000~6,000円

もう車体が10年超えているので、1万円かけて、なおす価値があるのか悩む。とりあえず、今週は夫の仕事が忙しくて休日出勤になりそうなので車で運ぶのムリだけど、今月中に、サイクルショップに持ち込んで聞いてみようと思う。

参考:

ふるさと納税で自転車を入手する方法

所得の多い人ならば、ふるさと納税で自転車を入手することも可能。楽天市場のふるさと納税を利用すれば、楽天ポイントが使えるメリットも。

楽天市場のふるさと納税で自転車GET