私がLEDを購入する時に気をつける事

3.11東北大震災後、電力不足や相次ぐ電気料金値上げへの対策として、節約の為にLED製品を購入する方も多いと思います。最近ではLEDの値段もだいぶ下がり、とても買いやすくなりましたよね。長らく蛍光灯型電球を使用していた我が家も、できる所から順次、節約と節電を意識してLEDに置き換えており、照明にかかる電気代はだいぶ節約できていると思います。

もう随分前に新聞やTVで見た情報なので、今は改善されているのでしょうが、目が悪くなると嫌なので、LEDを購入する時に私が気をつけている事を書いておきたいと思います。こんな事例もあったよね・・・的な、自分自身の備忘録を兼ねていますので、ご存知の方はスルーで、お願いします。

もう2年も前の話ですが、新聞を読んでいたら、庁舎内の蛍光灯をLED照明に交換した札幌市役所の例が載っていました。それによると、蛍光灯からLED照明に取り換えた直後、一部の職員が「目が疲れる」「気分が悪い」といった体調不良を訴えたそうです。中には視力が落ちた人もいるとか。節電の為にLEDに交換して目が悪くなるなんてありえませんよね。

札幌市役所に納入されたLEDの場合は、人間の目ではわからない早さで点滅していた事が目の疲れの原因だそうです。オンオフを制御する半導体の性能によって起こりえる問題なんだって。私が読んだ記事は、朝日新聞だったけど、ネットで検索したら、当時の日経新聞アーカイブが残っていました(参考:法の“空白地帯”でLEDトラブル、札幌市:日本経済新聞)。問題のLEDはその後、取り替えられたみたいですね。朝日にはそこまで載っていなかったような気がする。(記憶違いかしら)

当時、新聞やテレビでは、「外国製の安いLED(←性能の悪い半導体を使っている為)によくある現象」と言っていましたっけ。LEDを購入する時は、価格だけでなく、製造メーカーや製造された国をチェックしましょうとの事でした。(上の札幌の例では、日本のベンチャー企業が納入したLEDだったらしい。)

その後、たまたま見ていたテレビで、LED電球チラツキの見分け方をやっていました。放送終了後、私が自宅のLEDを確認したことはいうまでもありません。(参考:所さんの目がテン!「損か得か!?LED電球」

我が家のLED電球は、東芝と松下製。東芝製のLEDは楽天市場で、主に2009年に購入した物。当時、LED電球はまだ値段が高かったので、楽天カードのポイントをこつこつ貯めて、実質無料もしくは割安で購入したのでした。Panasonicに至っては、LED製品の販売自体が他メーカーよりだいぶ遅かったし、買ったのも最近です。口金E17の物が必要になって購入した分。

今は、法令化されたのか?視力が悪くなりそうな粗悪品って外国製といえども、見かけない気がする。一時期、電気屋さんに行く度に、携帯カメラで展示品のLED光を確認していたイタタな性格・・・な私。やはり目は大事なので、今でもLEDを購入する機会があれば、周りに奇異な目で見られようと、念の為に確認すると思います。とりあえず、やっとけば安心・・・みたいな感じで。それがクリアされたとしても、長時間目を酷使するようなスペース(リビングや子供の勉強部屋など)には、使わないかも。そこまで心配する必要はないのかもしれないけれど、石橋を叩いて叩いて壊してしまいそうな勢いの私なのでね。

さて・・・。ここからは私の勝手な妄想です。私、LEDに興味があって、少なくとも2004年頃からPanasonicのLEDのサイトを見ていたんですよね(昔、電話問合せした事もあるくらい)。すぐにでも販売できるんじゃないかと思うような明るさの試作品を発表したりもしてたのにPanasonicがLED電球を本格的に販売しはじめたのは、他メーカーよりだいぶ遅く何でだろう?とずっと不思議でした。

LEDの明るさが増すごとに、蛍光灯型電球とさほど消費電力が変わらないのでは・・・と思うような製品が増えた気がしています。技術的に明るくする事は可能だけれど、その辺のからみがあるから、PanasonicはLEDじゃなくてずっと蛍光灯型電球を主力で売っていきたかったんじゃないかなぁ?と。Panasonicは、製品テストを繰り返し行うので有名らしいし、テストで市場投入が遅れたのかなぁ?と、勝手に妄想する私。

結局、我が家のLEDは、大多数が発売が先だった東芝製の物になったけど、「さすが東芝!」と私の中で東芝に対する信頼性は増しました。2009年に購入した我が家の東芝製LED・・・法律がなくたって高性能の半導体を使い視力が悪化するようなチラツキを抑えていたんだね♪と、携帯カメラで確認した時に嬉しくなったから。後は、LED電球寿命の問題だけど、「超寿命4万時間」ってパッケージに書いてあったんで、それがわかるのは、もっともっと先のお話。

外国製の格安LEDを購入された方は、いちど「ちらつき」の確認をしておくといいかもしれません(余計なお世話?)。以上、LED購入時に確認する事、妄想&備忘録でした。またまた長文読んでいただき有難うございました。