家計簿挫折からの出発

家計簿挫折を繰り返す

家計簿をつけるのって正直面倒くさい。私、結婚して何度も家計簿に挫折しました。
幼少期は貯金大好きな子供だったし(←貧乏だったから反動で貯金が趣味となった)
これでも独身時代には毎日手書きのお小遣い帳をつけていた事もあるのです。
会社では経理のお仕事をやっていた時期もありました。
なのに何故、家計簿は続けられないのだろう?

毎年、年の終わりに書店へ並ぶ沢山の家計簿を見ては、「今年こそ家計簿をつけよう!」「心機一転、頑張ろう!」と決心するのに、その思いはいつも長続きせず、ひどい時は、家計簿を購入した事に満足してしまって未記入のまま終わった年もありました。市販の家計簿、雑誌の付録、袋わけ、家計簿ソフト、いろいろ試しましたがいつも挫折の繰り返し。何度も挫折を繰り返すうちに、だんだん苦手意識が強くなり、家計簿をつけるのってなんて大変なんだろう!!と見るのも嫌になったものです。

今思うと、共働きの頃は適当に暮らしていても何とか貯金できたし、まさか自分が働けなくなるだなんて思っていませんでしたから「家計簿つけなきゃ・・・」と思いつつ、いまいち真剣さが足りなかったのかもしれません。もしくは、心のどこかで家計簿なんてつけなくても構わないと思っていたのかも?

きちんと家計簿をつけようと思ったきっかけ

家計簿挫折を何度も繰り返していた私が「きちんと家計簿をつけよう!」と思ったきっかけは「職を失った」からでした。

世の中だんだん不景気になり求人が激減。私は生活環境の変化と年齢・身体的理由もあいまって、しぶしぶ専業主婦となりました。「職を失った」と言っても、夫の給料があるのですぐ生活に困るようなことはありませんでしたが、収入源が夫の給料だけになって改めて、家計簿の重要性をひしひしと感じるようになったのです。

赤字家計を省みず、のほほんと暮らしていたら、いずれは借金生活に突入してしまうかもしれないという恐れもありましたし、もし万が一そんな事になったら、家族の為に一生懸命働いてくれている夫に申し訳ないという気持ちもありました。

「家計簿が苦手」「面倒くさい」と、出来ない理由を並べて現実逃避しているといつまでたっても改善されません。貧乏脱出&貯金体質になるには、きちんと家計管理が出来てこそ。家計簿挫折する癖をまず直さなくては・・・と思い、「節約の基本は家計簿から!」という、節約系の書籍やサイトによく出てくる言葉を噛み締めながら、家計健全化大作戦を実行していくことにしました。

今でこそ必要に迫られて、きちんと家計簿をつける事が出来るようになりましたが、家計簿挫折の原因をひとつずつ克服するのにかなりの時間を要しました。家計簿をつけるのが苦手な者にとって、「習慣化」するのって、本当にしんどいです。

仕方なく家計簿をつけるようになった私は、「家計簿のススメ」だなんて偉そうな事は言えない立場ですが、家計管理がきちんと出来ないとどんなに節約!節約!と頑張ったつもりになっていてもざるの目から水がこぼれ落ちる様に無駄なお金が流れていきます。

かつての私のように、家計簿を続けられないという悩みを抱えている方の参考になるかどうかはわかりませんが、私なりの続けるコツをご紹介します。