しょうが栽培2011年

貸農園で育てていたしょうがを収穫しました。2011/4/24に種しょうがを894円で購入し、分割、切断面を乾燥させて植え付けました。ネットだったか本だったかで「里芋の近くに植えるといい」と書いてるのを読んだので、里芋の近くに植え付け。生姜は初めて栽培ですが、芽が出るのにすごく時間がかかりました。土の中で腐っちゃったのかなぁ?と不安を感じたくらいです。後から調べたら、芽出ししてから植えるといいらしい。生姜の芽出しをしている間、生姜植え付け予定地で栽培期間が短い他の作物を育てられますもんね。その方が効率がいいし、次回は芽出しをしてから植え付けたいと思います。

しょうが2011/10/01収穫分
しょうが2011/10/1収穫分(ためし堀り)。新聞紙の上に置いて写真を撮ったのですが、たまたま使った新聞に原発関連の記事が載っていて、見ていて不愉快になった私。画像ソフトで記事内容をぼかしてみた暇人です。

生姜栽培は、ずぼらな私向けだなぁと感じました。植えつけした後の作業といえば、追肥+土寄せをたまにするくらい。栽培期間は長いものの、ほぼ、ほったらかしで収穫できるって素敵。沢山収穫できたら自家製紅生姜を作りたいな~と思っていましたが、時期的なものなのか?スーパーに梅酢がありませんでした。梅干作るのって5~6月だもんね。自分で梅干つくれば梅酢の心配しなくてすむのだけれど、親から貰った梅干1瓶が何年も減らない我が家ですので、自分で梅干作ることはありません。梅酒は毎年作ってるんだけどな~。

自家製紅生姜が作れず、大量に収穫できた生姜をどうしたかというと・・・。常温保存、1かけごとにばらして丸ごと冷凍=すりおろし用、みじん切り or 千切りにして冷凍、甘酢づけ、知人にあげたetc.でした。しょうがってそんなに沢山食べるものじゃないので、不人気でした、がーん。

次回も大量植え付けを予定していますが、収穫した生姜は、保存できるようにして全部自家消費できるよう頑張ります(笑)。