レジ袋年間使用枚数

レジ袋の国内年間使用枚数

レジ袋の国内使用枚数
レジ袋の年間使用枚数は、300億枚(1人1日約1枚)と言われています。その原料は原油であり、国内の使用枚数を原油に換算すると約56万リットル(大型タンカー2艘分)に相当する。 環境gooより引用

私は、節約の為にマイバッグ持参で買物に行くようになったのがきっかけで、レジ袋はどのくらい使われているのだろうと思いました。以前は「いっぱい使われているんだろうなぁ・・・」という漠然とした認識にすぎませんでしたが、具体的にレジ袋1人1日1枚という数字を知り、そんなに使っているかしら?と驚きました。。

300億枚がいつの時点でのデータかはわかりませんが、とにかくすごい数字であることに変わりありません。

レジ袋削減運動や有料化などで、マイバッグ持参率が徐々にUPしているそうですが、枚数的にはどのくらい減ったんでしょうか?気になるところです。レジ袋の為だけに、大型タンカー2艘分も原油が使われているなんてもったいないですよね。

「レジ袋」に限らず、具体的な数字を知るのは大切な事。具体的な数字を知り、どう考えるかで、次の行動が決まるのではないでしょうか?

レジ袋が環境に与える影響

プラスチック容器もビニール袋も、全くないと困るけれど、レジ袋やプラスチック系のゴミが環境に与える影響を知り、過剰包装は断る、どこにでも捨てないなどの、ひとりひとりの意識と使い方が大切だと思ったので、これ以外にも問題点は多々あるのかもしれませんが、簡単にまとめてみました。

レジ袋の年間使用枚数に興味をもったついでに、レジ袋が環境に与える影響も知っておいた方がいいかなぁと思って調べたいと思ったから。

レジ袋と環境問題

  • 再利用されることなくそのまま捨てられゴミとなる。
  • レジ袋の為だけに貴重な石油資源が使われている。
  • 生ゴミが充分に水切りされずゴミの重量を増やすことにもつながっている。

行楽などで持って行ったレジ袋をきちんと持ち帰らなかったりすることが原因で、街角で風に舞ったり海に漂ったりしているそうです。たまに電線や街路樹にひっかかったレジ袋を目にしますが、取り除くのも大変そうですし、いかにも「ごみ」って主張している感じが、汚くて嫌だなぁと思ってしまいます。また風が吹けばどこぞへ飛んでいくのでしょう。最終的にはやはり川や海にたどりつくのでしょうね。
レジ袋は海や河川で土にかえることなくいつまでも分解されずに漂います。クジラやイルカ、ウミガメなどの海洋生物がクラゲと間違えて飲み込み死に至るケースも多く発生しているそう。

海岸に、プラスチックゴミ(レジ袋含む)がいっぱい打ち上げられている光景なんかをみた日には、憂鬱になります。自国はもちろん、流れにのって他国にも辿り着いて迷惑をかけているのかもしれない・・・と思ってしまいます。

企業の取組から学ぶレジ袋削減チャレンジ

もう該当のページは削除されてしまったようですが、Panasonicのサイトで2008年レジ袋削減チャレンジアンケート結果を見たのと、レジ袋をもらう理由及び活用法が掲載されていたので、自分の参考程度にまとめました。レジ袋削減に取り組む企業も個人も増えるといいなと思います。

またま見つけたPanasonic 2008年レジ袋削減チャレンジのアンケート結果。アンケート結果って、自分以外の人がどのように考え行動しているかが客観的にわかるので大変興味深いです。再認識する事で「これからも頑張ろう」と思えるし、自分が出来ていない事は「これから気をつけよう」と反省できます♪
さて、Panasonicの2008年度5,775世帯へのアンケートによるとレジ袋をもらう理由と活用方法は、下記のような結果だそうです。

レジ袋をもらう理由

  • エコバッグを持っていくのを忘れた 47.4%
  • 家庭で必要だから 26.0%
  • レジ袋を断りにくい 7.1%
  • 携帯するのが面倒 7.0%
  • その他 12.5%

もらったレジ袋の活用法

  • ごみ袋として使用 90.6%
  • 買い物用として何度も使用 5.1%
  • 捨てる 2.1%
  • その他 2.2%

2008年度 レジ袋削減チャレンジ:取り組み結果/Panasonic より引用

持って行くのを忘れたり、持っていたエコバッグ以上の買物をしてしまった時に、レジ袋が無料だとついもらってしまって、気づいたら必要以上にレジ袋がたまっていたなんていうケースありませんか?

最近はマイバッグ持参が習慣化したので、上のようなケースも減りましたが、以前は私もよくやっていました。もったいないし、いつか使えるからと思ってせっせと三角形に畳んでいましたよ。だんだんたまってくると邪魔に思えてくるんですよね。いつの日か全部使い終わる日がくるのだろうか?と疑問に思うくらい大量のレジ袋を見ながら、「あぁ、これがお金だったらなぁ・・・」なんて思ったりしたものです。

レジ袋を畳む手間が面倒くさい!
こんなに沢山のレジ袋は必要ない!
という結論に至って、手間隙かけてたたんだレジ袋もまとめて「ゴミ箱直行」だった私。

レジ袋削減チャレンジのアンケート結果で「利用せず捨てる」がありましたが、そもそも男性でレジ袋を再利用している人は少ないと思うし、私もいっぱい貯まったレジ袋を見てたらイライラしてきて捨てました。同じような人多いんでしょうね。

レジ袋活用法 第1位は、「ごみ袋」として使う。
ごみ袋として使う為に、わざわざもらっている人もいるようです。という事は、家庭から出るごみが減れば、わざわざもらう必要はないって事なんですね。

レジ袋廃止は環境改善に寄与しないという意見

レジ袋廃止は環境改善に寄与しないという意見もあり、それぞれの主張を知ると納得できる部分もあって面白く、とても勉強になります。地球環境、エコと言わずに、自分ができる範囲でよりシンプルで物や資源を大切にする生活に近づいていけたらいいなぁと思い、書いてみました。

年間300億枚使われているというレジ袋。レジ袋を1枚作るのに石油が18.3ミリリットル必要なのだそうです。単純に考えると、レジ袋の原料は原油ですのでレジ袋を使わなければ、その分、石油資源を節約することができて、地球環境にもよさそうなのですが・・・。

レジ袋はごみ袋として再利用されていることが多い現状から、レジ袋を廃止しても代わりにプラスチック製ごみ袋の消費が増えるだけで、環境改善にはあまり寄与しない。
Wikipedia:レジ袋 から引用

という意見があるそうです。なるほど・・・そんな意見もあるのかと思い、考えてみました。

ケース1:ゴミ出し用にゴミ袋を買ってくる。(ごみ収集袋が有料でない地域)
ケース2:市町村指定のゴミ袋を買い、更にその中にゴミ入袋が小分けで何個も入っているケース。

生ゴミの臭い防止の為に日々のごみを袋に入れてしばり、大きなゴミ箱(袋)へ・・・という行動。ごみ収集日までの臭い防止の為に、一般家庭の多くがやっていると思います。ティッシュなどのかさ張る紙ごみを圧縮・コンパクト化したり、人の目に触れたくないような物を色付きの袋に入れて捨てるのが目的な場合もあります。考えてみると、2重3重に袋を多用する事ってよくあるのかもしれません。そう考えると、レジ袋をもらわなくなったらレジ袋以外のビニール袋で代用せざるをえず「レジ袋を削減しても代わりのプラスチック製ごみ袋の消費が増えるだけで環境改善にはあまり寄与しない」と否定する意見があるのも納得できる気がします。

では、どうしたらいいのか?
レジ袋の代替品としてプラスチック製ごみ袋が問題となるなら、レジ袋削減+プラスチック製ごみ袋も削減できる生活を目指せばいいんじゃないの?って私は思う。両方やれば、確実に資源を節約できるもの。

何もしないでは進歩がない。

家庭でレジ袋がたまりすぎている人は、マイバッグ持参でまずレジ袋の在庫を減らす
ごみ袋としてレジ袋又は代替のプラスチック袋が必要な人は、ゴミの量を減らせば、おのずと袋の必要枚数も減ります。

  1. Reduce(リデュース)・・・買う量・使う量を減らす
  2. Reuse(リユース)・・・再利用する
  3. Recycle(リサイクル)・・・資源化する
  4. Refuse(リフュース)・・・いらないものは断る

ごみ減量のステップ。できる事からひとつずつ取り組めば、環境改善に寄与できるかも♪

生ゴミの臭い防止に使われる袋については、コンポストなんかを利用して生ゴミその物をなくしてしまえば不要になります。我が家は、ダンボールコンポストで生ゴミを自家処理(堆肥化)しています。ティッシュ等の紙ごみも、コンポストで分解可能らしいけれど、分解に時間がかかると聞き、鼻かんだちり紙を入れるのが何となく嫌なのもあって、さすがにそれは燃えるゴミ(笑)。花粉症の季節になると、レジ袋を使ってごみの圧縮&コンパクト化をよくやります。花粉症の季節は、レジ袋を2重3重に使ってしまって、ちょこっと罪悪感・・・。それでも、生ごみが減っただけで、だいぶゴミが減りました。少しずつ少しずつエコでシンプルな暮らしに近づいていけたらいいですね~。