ダンボールコンポスト3号 苦戦の記録(1)

生ゴミ処理の為にダンボールコンポストを始めたのは、2008年4月のこと。
ダンボールコンポスト1号機は、セットになった市販の物を購入。(コンポストの基材はピートモス+くん炭)
ダンボールコンポスト2号機は、スーパーで貰ってきたダンボールに、ホームセンターで購入したピートモスとくんたんを入れて手作り。
ダンボールコンポスト3号機は、スーパーで貰ってきたダンボールに、2号機で使用した残りのくんたんと100円ショップで購入した圧縮ピートモスを水でもどして手づくり。

ダンボール1号機・2号機は、虫がわいたり、臭ったりという問題は、ほとんどなく、かなり好調であった。ダンボールコンポスト3号機がかなりの苦戦を強いられているのは、「水でもどしたピートモス」がまずかったみたい。一向にコンポスト内の温度が上がらないばかりか、分解している気配がない。

ダンボールコンポスト3号機で、水で戻したピートモスを使うにあたって、やはり湿り気が気になったので、ピートモス+くんたんだけの状態でベランダに放置し、ダンボール壁面からピートモスの水気が自然に蒸発するのを2週間ほど待った。大夫、ピートモスが乾燥してきたな・・・と思えるようになった頃、ダンボールコンポスト1号機で出来た堆肥スコップ1杯+腐葉土ひとつかみ投入して運用開始。外気は20度前後、生ゴミ投入開始は2月に入ってからであったが、1ヶ月経っても温度は上がらず分解している気配がない。悪いことに、日に日にべちゃべちゃ感が増すばかり。心配になって米ぬか+油などを少量ずつ混ぜてみるも、状況改善せず。臭いはじめたら近所迷惑になるので、からからに乾いたコーヒーカスとくんたんを、臭い防止の為投入。さらに心配なので重曹を混ぜておいた。

明日には改善しているといいのだけれど・・・。

注意:この日記は、以前アメーバブログで2009/03/03に書いたダンボールコンポスト(3号)日記を移動させたものです。後日、ダンボールコンポストについてまとめたページがあります。これからコンポストを始める方の参考になれば幸いです。

「ダンボールコンポスト3号 苦戦の記録(1)」への2件のフィードバック

  1. わたしもダンボールコンポスト始めました!
    生ごみを土に入れるだけで分解するなんてほんとにマジックです!
    しか~し。。。。 始めて約2ケ月が経とうとしますが、、全く温度が上がらず、、発酵していない感じです。
    どうすれば温度が上がるのかなぁ~
    2回大成功で3回目でうまくいかないってこともあるんですねー。
    暖かくなってうまく発酵しだせばいいのですが!

  2. ダンボールコンポスト1・2号機と、3号機の違いは、水でもどしたピートモスを使用したことと、若干、箱が小さかった事くらいなのですが、微妙な条件の差で、こんなにもうまくいかないなんて・・・と私もびっくりしています。
    とりあえず温度が上がらない事には、分解も始まらないと思うので、いらなくなった2Lペットボトルにお湯を入れて湯たんぽがわりに、ダンボールコンポスト内につっこみました。
    外気ですぐ温度下がっちゃうと思いますが、やるだけやってみて無理なようなら3号機は土に埋め4号機作成の予定です。
    Love & Green さんのダンボールコンポストも順調に稼動しはじめるといいですね!

コメントは停止中です。