「節約・貯金・家計管理(支出管理)」カテゴリーアーカイブ

支出削減&貯金術!カテゴリでは、
独身OL浪費家時代の後、貧乏少女時代に培った節約魂で結婚資金を貯め、貯金0円から始めた結婚生活の中で少しずつ節約主婦へ成長していく道のりと、節約方法をご紹介します。無駄を省いて無理をしない簡単節約術+セコロジー的節約技など幅広く実践中。チリツモ貯金&がっちり貯蓄で目標はマイホーム資金!食費光熱費削減もコツコツ頑張っています。株主優待や配当金でプチ贅沢。

家計簿挫折の理由を考える

家計簿挫折の原因(1) つけるのが面倒

まず、家計簿挫折の原因を考えて見ましょう。

なぜ、家計簿が続かないのか?
それは、記帳するのが面倒だから。

家計簿を毎日つけるのが面倒だと感じる人もいれば、まとめてつけるのが面倒だと感じる人もいる。手書き家計簿が面倒だと感じる人もいれば、PC入力作業が面倒だと感じる人もいる。費目別に仕訳するのが面倒だったり、時にはどの費目に入れるべきか迷ったり。

「袋わけ家計簿」なら続けられるだろうと思ったけれど、費目別の袋から会計する時イラッとした。
他の費目から立替払いした分を、後で補填するのが煩わしいと感じた。
袋から袋へ入れたり出したりしていたら、余計わからなくなったなんて人もいるでしょう。

「レシート貼るだけ家計簿」なら簡単かしら?と思ってやってみた。糊付け作業が面倒くさいと感じた。
(余談ですが・・・。私は「貼るだけなのに何故出来ない?」と、レシート貼るだけ家計簿に挫折した時が一番凹みました。)

「家計簿なんてつけたくないなぁ、あぁ面倒くさい」と、何度も思う。
ついついレシートも溜まりがち。
そして、どんどん後回しになっていく。
溜まったレシートを見てストレスを感じ、結局まとめてゴミ箱へ。

自分にあった家計簿のつけ方を模索するのが大変だったりします。

家計簿挫折の原因(2) 計算が面倒

なぜ、家計簿が続かないのか?
それは計算するのが面倒くさいから。

家計簿記帳だけでも面倒くさいのに、いちいち電卓をたたく作業。
時には、電卓の打ち間違いで何度やっても計算結果が違ったりする。

手書き家計簿で面倒なのは、縦計・横計するのに時間がかかって、日別・費目ごと・残高の計算がすんだ頃には、無駄遣いは何だったのか?と分析する気さえ失せてることかもしれません。

無駄遣いチェック
予算対実績チェック
収入にしめる各費目の割合が適正かどうか?
対 前月比
対 前年比
計算に手間取った挙句、もうどーでもいいやって気分になります。

もっとも「計算するのが面倒だから家計簿が続かない」という人は、パソコン・携帯・任天堂DSなどの端末を使い、自動計算してくれる家計簿ソフト(サイト)を使えば、すぐ家計簿挫折を克服できるかもしれませんね。

家計簿挫折の原因(3) 残高が合わない

なぜ、家計簿が続かないのか?
それは家計簿の残高と、実際の現預金の残高があわないから。

レシートなくしちゃった。八百屋での買物はいくらだったかしら?
記帳忘れや、書き間違い、釣銭違いもあるかもしれません。
家族がこっそりお財布からお小遣いを持って行ったり・・・(なんて事は勿論ないと信じてる)
だけど、いくら考えても原因がわからない時があるのです。

スリ?泥棒?まさかねぇ・・・そんなはずはないのだ。

家計簿の残高と合わないのは何故だろう?
ずぼらな私ですら気になるのだから、
几帳面な人であればあるほど「気持ち悪い」「嫌な気分」だと思います。

家計簿初心者のうちは、残高合わなくてもまぁいいや・・・と思えるかどうかが大切。残高合わせはしないと割り切ってしまうのも手。

家計簿挫折の原因(4) 貯まらない&現実を見たくない

なぜ、家計簿が続かないのか?
それは、家計簿をつけているのにお金が貯まらないから。

では、何故、家計簿をつけているのにお金が貯まらないのか?
貯まらない原因は、つけた家計簿を活かしていないから。家計簿をつけたら反省し改善策を練って次に活かさないとダメなんです!家計簿はつけっぱなしでは意味がありません。自己満足で終わらないようにする事が大切。

とはいえ・・・
家計簿が毎月赤字続きで、夢も希望も抱けない。
始めのうちは、来月こそ赤字脱出!頑張ろう!!って思っていた。
だけど、赤字続きで落ち込み過ぎて、だんだんどうでもよくなった。
必要不可欠な支出は削れないし・・・と、私は怒りすら感じた時期もありました。(←逆切れ)

我が家は一時期、毎月の赤字をボーナスで補填する生活をしていましたが、世の中不景気なので、いつボーナスカットになるか?とビクビクしていました。ボーナスカットならまだしも、ボーナスが出ないというリスクも考えておかなければなりません。家計簿をすぐに黒字化するのが無理だったとしても、少しずつ毎月の赤字金額を少なくしていきましょう。

現実を見たくない。でも現実と向き合わなくては改善もできない。

考え方を少し変えると、今まで必要だと思っていたものが実は必要ではなかったなんて事もあるのです。「本当に必要か?」と考えながらお買い物すると、おのずとシンプルな生活に近づいていきます。お家もスッキリ!シンプルライフで節約できたら一石二鳥ですね♪

家計簿挫折の原因(5) 時間がない

なぜ、家計簿が続かないのか?
それは、家計簿つけている時間がないから。

掃除、洗濯、炊事、他
主婦はやらなきゃいけない事がいっぱいあります。
そうでなくても忙しい!
共働きだったり、子育て中だったりすれば尚更ですよね。

家計簿つけている時間なんかない!って思うのも無理はない。だけど、こればかりは何とか時間をつくって下さい。All About 家計簿をつけるとお金がたまるによると、家計簿をつける人とつけない人の年間貯蓄額の差は30万円だそうですから。

30万円って大きな金額だと思いませんか?10年たてば300万の差になってしまいます。

家計簿挫折の理由:あなたの挫折の原因は?

なぜ、家計簿が続かないのか?
家計簿挫折の原因に思い当たることはありましたでしょうか?
ちなみに、私は全部でした。(T_T)

まず、家計簿挫折の原因と自分の行動パターンを振り返り、1個1個つぶしていきましょう。

家計簿挫折からの出発

家計簿挫折を繰り返す

家計簿をつけるのって正直面倒くさい。私、結婚して何度も家計簿に挫折しました。
幼少期は貯金大好きな子供だったし(←貧乏だったから反動で貯金が趣味となった)
これでも独身時代には毎日手書きのお小遣い帳をつけていた事もあるのです。
会社では経理のお仕事をやっていた時期もありました。
なのに何故、家計簿は続けられないのだろう?

毎年、年の終わりに書店へ並ぶ沢山の家計簿を見ては、「今年こそ家計簿をつけよう!」「心機一転、頑張ろう!」と決心するのに、その思いはいつも長続きせず、ひどい時は、家計簿を購入した事に満足してしまって未記入のまま終わった年もありました。市販の家計簿、雑誌の付録、袋わけ、家計簿ソフト、いろいろ試しましたがいつも挫折の繰り返し。何度も挫折を繰り返すうちに、だんだん苦手意識が強くなり、家計簿をつけるのってなんて大変なんだろう!!と見るのも嫌になったものです。

今思うと、共働きの頃は適当に暮らしていても何とか貯金できたし、まさか自分が働けなくなるだなんて思っていませんでしたから「家計簿つけなきゃ・・・」と思いつつ、いまいち真剣さが足りなかったのかもしれません。もしくは、心のどこかで家計簿なんてつけなくても構わないと思っていたのかも?

きちんと家計簿をつけようと思ったきっかけ

家計簿挫折を何度も繰り返していた私が「きちんと家計簿をつけよう!」と思ったきっかけは「職を失った」からでした。

世の中だんだん不景気になり求人が激減。私は生活環境の変化と年齢・身体的理由もあいまって、しぶしぶ専業主婦となりました。「職を失った」と言っても、夫の給料があるのですぐ生活に困るようなことはありませんでしたが、収入源が夫の給料だけになって改めて、家計簿の重要性をひしひしと感じるようになったのです。

赤字家計を省みず、のほほんと暮らしていたら、いずれは借金生活に突入してしまうかもしれないという恐れもありましたし、もし万が一そんな事になったら、家族の為に一生懸命働いてくれている夫に申し訳ないという気持ちもありました。

「家計簿が苦手」「面倒くさい」と、出来ない理由を並べて現実逃避しているといつまでたっても改善されません。貧乏脱出&貯金体質になるには、きちんと家計管理が出来てこそ。家計簿挫折する癖をまず直さなくては・・・と思い、「節約の基本は家計簿から!」という、節約系の書籍やサイトによく出てくる言葉を噛み締めながら、家計健全化大作戦を実行していくことにしました。

今でこそ必要に迫られて、きちんと家計簿をつける事が出来るようになりましたが、家計簿挫折の原因をひとつずつ克服するのにかなりの時間を要しました。家計簿をつけるのが苦手な者にとって、「習慣化」するのって、本当にしんどいです。

仕方なく家計簿をつけるようになった私は、「家計簿のススメ」だなんて偉そうな事は言えない立場ですが、家計管理がきちんと出来ないとどんなに節約!節約!と頑張ったつもりになっていてもざるの目から水がこぼれ落ちる様に無駄なお金が流れていきます。

かつての私のように、家計簿を続けられないという悩みを抱えている方の参考になるかどうかはわかりませんが、私なりの続けるコツをご紹介します。

暖房代の節約

我が家だけかもしれませんが、電気代は夏より冬の方が高くなります。たぶん、それだけ暖房に電気を使っているのでしょう。

夏と違ってエアコンをつけずに熱中症で死ぬ事もない冬は、ギリギリまで暖房をつけずに我慢。北海道などの寒冷地なら話は別ですが、温暖な地域に住む我が家は、一軒家より気密性の高い集合住宅に住んでいる事もあって、家の中なら暖房なしで凍死する心配はありません。

ウォームビズを取り入れて、なるべく暖房に頼らない生活をすれば、環境にも家計にもよさそうですが、着込めるだけ着込んだ結果、着ぶくれでコロコロ転がりそうな姿になってしまうのが難点。急な来客には対応できません。

私ひとりならば、ウォームビズでそこそこ過ごせそうですが、家族の事を考えると、やはり暖房は必要。特に、寒さに弱い夫は、すぐお腹を壊すので、ホットカーペット及びストーブを押入れから出して設置しておきました。

夫は家計に無頓着&非協力的ゆえ、夏はクーラーガンガンにかけた涼しすぎる部屋で布団にくるまって寝ます。そして、冬は暖房をガンガンにかけてシャツ&パンツ+靴下なしの軽装で家の中をうろうろするという困ったちゃん。まずそこから正していくのが一番なのですが、何度言ってもなおらないのです。

私は寒がり&冷え性なので、冬になったら重ね着しますが、夫の体感温度に合わせて暖房ガンガンにかけられると、サウナのようになります。だから暖房器具は、ギリギリまで出したくなかったのだけれど、先日夫が「風邪ひいたのかノドが痛い」と。

風邪をひいた時の夫のタチの悪さを考えると、サウナの方がましかなぁと思ったりして、暖房器具を出すきかけとなったと言ったほうがいいのかな(笑)。

もっとも、暖房器具のお世話になるのは、夫がいる時だけです。日中、夫が仕事で留守中は、部屋の戸を全部閉めて狭い空間にする→ひたすら重ね着→それでも寒ければアイロンをかけて部屋の温度を少し上げる→湯たんぽにお湯入れて暖をとる→食事も体の温まりそうな物を食す 等など、あらゆる手段を講じて、節約&努力している私です。

暖房効率を高める為の物 窓に貼って、結露&寒さ防止

水で貼れる!窓貼り専用プチプチミズペタプチ

転勤族で引越しが多い我が家で使用しているのは、上の画像のようなプチプチ。引越しなどの際に使ったプチプチの再利用です。

個人的には、テレビでも紹介されていた、窓に貼るだけで、特殊発光フィルムが太陽光を吸収し発熱する省エネアイテムを試してみたいと思うのですが、今使っているプチプチが小汚くなるまでは、勿体なくて買えそうにない。

↓こちらがテレビでも紹介された発熱シート

断熱・保温・結露防止のトリプル省エネ効果!窓ガラス発熱シート E1520 セット販売2個入り【省…

↓ついでにこれも設置

暖房費の節約に大活躍!窓際温度2℃アップ!窓際あったかボード Mサイズ 

↓ホットカーペットの下にはもちろん、これ

敷くだけで省エネ効果!熱を逃がさず保温力アップ!ホットカーペットの下に敷くシート 3畳用【…

我が家の寒さ対策は万全。後は夫の意識改革だけなのだが、それが一番難しい。

この投稿は、2007-12-01 09:00:00 にアメブロで投稿した物です。テーマ: 水道光熱費の節約

夫知人よりバドワイザー350ML×24本頂きました

夫が、Budweiser 1箱 抱えて帰ってきた。

バドワイザー1箱

私:「ど、ど、ど、どうしたの?それ?」(←喜び隠せず、かなり弾んだ声)
夫:「○○さんにもらった」
我が家が貧乏なのを知ってか知らずか?とにかく嬉しい。丁度ビールがきれていたんです!買わなくちゃって思いた所。のしまでついててすごくびっくり(ノ´▽`)ノ

嬉々として箱を開けてみた。
するとビールの缶には「MTVコラボグッズプレゼント(6/30まで)」の応募シールが・・・。
私:「夫、このビールいつもらったの?」
夫:「4月頃かな?」
私:「4月から7月までの間、このビールはどこに?」
夫:「車の中」

(ノ_・。) なんでもっと早く持って帰ってくれなかったのか・・・。今の時代、ビールだって「鮮度」や「工場から直送」がウリになったりするんだよ。バドワイザーもそうだとは言わないけれど、車の中で3ヶ月もの間、ゆだっていたかと思うと、これが人間だったら熱中症で死んでるぜって思わない?

まったく・・・うちの夫ときたら・・・はぁぁぁ、ため息しか出ません(T_T)
頂き物は、早めに自宅へ持って帰ってきて欲しい妻でありました。

電気ポットの保温にかかる電気代 

■電気ポット 保温
2007-07-05 09:00:00
テーマ: 水道光熱費の節約

電気ポットは使いたい時にすぐお湯が使えてとっても便利。でも保温状態が長いと意外にコストがかかります。

  • 7時間の保温は沸騰1回とほぼ同じ電力
  • 長時間使わない時はプラグをコンセントから抜き必要な時に再沸騰した方がお得
  • 電気ポットで沸かして10時間保温するのと、やかんで3回お湯を沸かすのとでは、やかんで沸かす方が年間5,000円前後お得
  • やかんを火にかけるときは必ず底の水滴をふき取ってから沸かすと2%も効率がUP。

えーそんなにかかるのか・・・と電気ポットの説明書を取り出してきて電気代を計算。

  • 湯沸し時・・・1200W
  • 保温・・・75W

24時間ずっとコンセント入れっぱなしだと保温だけで1ヶ月54円、1年だと648円かかる計算。

小さいからと侮ると、いつの間にかお金が消えていきます。かといってお茶飲みたいと思った時にすぐ飲めないのは不便じゃないか!と思う方は、せめて眠っている間だけでもコンセント抜くようにしたらだいぶ違います。

保温はせず、使いたい時に必要な量だけ沸かすティファールの電気ケトルって商品もあります。TVCMなどでもやっていますが、朝の忙しい時間帯でも、セットして沸騰するまでの時間が短い&沸騰後は自動的に電源が切れるらしいので便利です。節約生活には日々の努力が欠かせません。保温が本当に必要かどうか?を考えて!

ちなみに我が家はいつもヤカンで沸かしています。電気ポットは、嬉しくってしょうがなかった新婚時代につい買ってしまって、現在は捨てるに捨てられずに箱の中で眠っています。←あーもったいない。高かったのに。


■ ティファール 電気ケトルを楽天市場で安い順に探す ■