「節約・貯金・家計管理(支出管理)」カテゴリーアーカイブ

支出削減&貯金術!カテゴリでは、
独身OL浪費家時代の後、貧乏少女時代に培った節約魂で結婚資金を貯め、貯金0円から始めた結婚生活の中で少しずつ節約主婦へ成長していく道のりと、節約方法をご紹介します。無駄を省いて無理をしない簡単節約術+セコロジー的節約技など幅広く実践中。チリツモ貯金&がっちり貯蓄で目標はマイホーム資金!食費光熱費削減もコツコツ頑張っています。株主優待や配当金でプチ贅沢。

私がLEDを購入する時に気をつける事

3.11東北大震災後、電力不足や相次ぐ電気料金値上げへの対策として、節約の為にLED製品を購入する方も多いと思います。最近ではLEDの値段もだいぶ下がり、とても買いやすくなりましたよね。長らく蛍光灯型電球を使用していた我が家も、できる所から順次、節約と節電を意識してLEDに置き換えており、照明にかかる電気代はだいぶ節約できていると思います。

もう随分前に新聞やTVで見た情報なので、今は改善されているのでしょうが、目が悪くなると嫌なので、LEDを購入する時に私が気をつけている事を書いておきたいと思います。こんな事例もあったよね・・・的な、自分自身の備忘録を兼ねていますので、ご存知の方はスルーで、お願いします。

もう2年も前の話ですが、新聞を読んでいたら、庁舎内の蛍光灯をLED照明に交換した札幌市役所の例が載っていました。それによると、蛍光灯からLED照明に取り換えた直後、一部の職員が「目が疲れる」「気分が悪い」といった体調不良を訴えたそうです。中には視力が落ちた人もいるとか。節電の為にLEDに交換して目が悪くなるなんてありえませんよね。

札幌市役所に納入されたLEDの場合は、人間の目ではわからない早さで点滅していた事が目の疲れの原因だそうです。オンオフを制御する半導体の性能によって起こりえる問題なんだって。私が読んだ記事は、朝日新聞だったけど、ネットで検索したら、当時の日経新聞アーカイブが残っていました(参考:法の“空白地帯”でLEDトラブル、札幌市:日本経済新聞)。問題のLEDはその後、取り替えられたみたいですね。朝日にはそこまで載っていなかったような気がする。(記憶違いかしら)

当時、新聞やテレビでは、「外国製の安いLED(←性能の悪い半導体を使っている為)によくある現象」と言っていましたっけ。LEDを購入する時は、価格だけでなく、製造メーカーや製造された国をチェックしましょうとの事でした。(上の札幌の例では、日本のベンチャー企業が納入したLEDだったらしい。)

その後、たまたま見ていたテレビで、LED電球チラツキの見分け方をやっていました。放送終了後、私が自宅のLEDを確認したことはいうまでもありません。(参考:所さんの目がテン!「損か得か!?LED電球」

我が家のLED電球は、東芝と松下製。東芝製のLEDは楽天市場で、主に2009年に購入した物。当時、LED電球はまだ値段が高かったので、楽天カードのポイントをこつこつ貯めて、実質無料もしくは割安で購入したのでした。Panasonicに至っては、LED製品の販売自体が他メーカーよりだいぶ遅かったし、買ったのも最近です。口金E17の物が必要になって購入した分。

今は、法令化されたのか?視力が悪くなりそうな粗悪品って外国製といえども、見かけない気がする。一時期、電気屋さんに行く度に、携帯カメラで展示品のLED光を確認していたイタタな性格・・・な私。やはり目は大事なので、今でもLEDを購入する機会があれば、周りに奇異な目で見られようと、念の為に確認すると思います。とりあえず、やっとけば安心・・・みたいな感じで。それがクリアされたとしても、長時間目を酷使するようなスペース(リビングや子供の勉強部屋など)には、使わないかも。そこまで心配する必要はないのかもしれないけれど、石橋を叩いて叩いて壊してしまいそうな勢いの私なのでね。

さて・・・。ここからは私の勝手な妄想です。私、LEDに興味があって、少なくとも2004年頃からPanasonicのLEDのサイトを見ていたんですよね(昔、電話問合せした事もあるくらい)。すぐにでも販売できるんじゃないかと思うような明るさの試作品を発表したりもしてたのにPanasonicがLED電球を本格的に販売しはじめたのは、他メーカーよりだいぶ遅く何でだろう?とずっと不思議でした。

LEDの明るさが増すごとに、蛍光灯型電球とさほど消費電力が変わらないのでは・・・と思うような製品が増えた気がしています。技術的に明るくする事は可能だけれど、その辺のからみがあるから、PanasonicはLEDじゃなくてずっと蛍光灯型電球を主力で売っていきたかったんじゃないかなぁ?と。Panasonicは、製品テストを繰り返し行うので有名らしいし、テストで市場投入が遅れたのかなぁ?と、勝手に妄想する私。

結局、我が家のLEDは、大多数が発売が先だった東芝製の物になったけど、「さすが東芝!」と私の中で東芝に対する信頼性は増しました。2009年に購入した我が家の東芝製LED・・・法律がなくたって高性能の半導体を使い視力が悪化するようなチラツキを抑えていたんだね♪と、携帯カメラで確認した時に嬉しくなったから。後は、LED電球寿命の問題だけど、「超寿命4万時間」ってパッケージに書いてあったんで、それがわかるのは、もっともっと先のお話。

外国製の格安LEDを購入された方は、いちど「ちらつき」の確認をしておくといいかもしれません(余計なお世話?)。以上、LED購入時に確認する事、妄想&備忘録でした。またまた長文読んでいただき有難うございました。

IKEA ローコスト北欧家具のよさがわからない女

スウェーデン発の大型家具販売店イケア。4~5年前から(もっと前か?)巷で人気ですよね。今は九州に住んでいる私ですが、かつては関東在住だったので船橋の近くを通るたび、ドドンと目立つ青い店舗を目にしておりました。昔、人工スキー場ザウスがあった場所の辺り(ザウスには何度か世話になった)。IKEAが日本に上陸した時は「人件費を削減する事でローコストを実現=品質はいいんだよ」的なイメージで、TV紹介されていました。店舗内は、まるでショールームのよう。購入する時は、まるで物流センターのような場所に陳列された商品を、番号見ながらさがす楽しさ??

IKEAのような店舗がこれまでなかったように思うので、新鮮な感じでした。しかしながら、当時から「組立て家具ってどうなんだろう?ガタガタしたりしないのかなぁ?」と内心思ったりもしていたので、流行にのってIKEA店舗に行くことはなかった我が家です。外国版ニトリみたいな感じかな~と思っていたせいもある。

「イケアって外国版ニトリみたいな感じかな?」と思いながらも、北欧って事で、何となくIKEAに対するイメージはよく(←ヨーロッパかぶれかもしれない)、シンプルライフやお洒落なインテリアブログによく登場するのを見るにつけ、「IKEAってそんなにいいのかぁ・・・」と思っておりました。

私、自慢できることではありませんが、片づけ超苦手なずぼら主婦であります。片づけ方がよくわからないといいますか・・・片つけようと頑張ると、余計、物が散乱してしまうのであります。こっちからあっちへ物を移動しただけという結果に終わってしまう(泣)。家族のためにも、それじゃぁいけない!と思い、とりあえず1日1回は掃除機かける事をノルマにしていますが(←当たり前?)、毎日すっきりしない部屋にうんざりしておりまして、シンプルライフをおくっておられる方を見ると憧れてしまうのです。素敵だなぁと思うサイトで、IKEA家具や雑貨等が絶賛されている事が多いと「そのうち行ってみようかなぁ」なんて思うようにもなるよね。

で、2年くらい前、機会があったのでIKEAに行ってみたわけですが・・・。

IKEAのよさがわからず、何も買わずに帰ってきてしまいました。展示されているインテリアなんかは、快適なお部屋づくりの参考になりそう。シンプルだったりモダンだったり、テーマによってわかれているから面白かったし。だけど、商品を手にとって生産国チェックしてたら、ほとんどが made in Chinaだった(泣)。生産国=北欧の物がもっとあるのかと思っていたので、ショックでした。そして、「ショックを受けるってことは、その気がないふりしてイケアに行くのを楽しみにしていたんだな私って・・・」と凹んだのでした。

ユニクロだって日本のメーカーだけど生産はほとんど海外だし・・・。Panasonicだって日本の工場閉鎖して海外生産するって随分前に発表していたし。中国が世界の工場的役割を果たしている現状、中国産が多いのは当たり前かもしれない。中国製が全部ダメってわけでもないしな。イケアの場合は「デザイン=北欧、生産=中国」って事なだけだ。生産国がどこであれ、メーカーがきちんと安全性なり耐久性なりを保証してくれれば、それでOKなわけだけど、安全性はともかく、耐久性は使ってみないとわからないから難しいのよね。

IKEAの組立式家具は、組み立てるのが面倒くさいと思うタイプだから、きっと今後も買わないと思う。私にIKEAのよさがわかる日はくるのだろうか?「IKEAのよさがわからない女」というタイトルで日記を書いたのに、そのうち、手のひら返したように絶賛してたりして・・・(笑)。

安物買いの銭失い その3 100円ショップ編

安物買いの銭失い 100円ショップ 洗濯バサミ編 です。今回は写真もUPしてみました。

Made id China の洗濯バサミを、100円ショップで購入したのは、かれこれ2年ほど前。家庭菜園をはじめて、今まで家で使っていた洗濯バサミを畑に持って行ってしまったため、足りなくなったのでした。スーパー行って、日本製洗濯バサミを買えばよかったんですが、懲りないタイプといいますか、同じ過ちを繰り返してしまいました。

たかが100円、されど100円(←正確には105円)。チリツモ効果で、今までどれほどの金額を無駄に使ってきたのか。節約、節約、と言っておいて、無駄遣いばっかりしているなという自戒の意味を込めて、「安物買いの銭失い 100円ショップ 洗濯バサミ編」を買いてみようとおもいます。

さて、我が家。日焼けが嫌なので、いつも洗濯物は、中で干してからベランダに移動させています。取り込む時も、物干しごと中へ入れるので、洗濯バサミも物干しも、ベランダに置きっぱなし、出しっぱなしという事はありません。出しっぱなしにすると、物干しも洗濯バサミも、気温差や雨風による劣化で傷みが激しくなるので、そういった意味でも必ず中に入れるタイプです。(なるべく長く使いたい)

出しっぱなしにしたわけでもないのに、100均 中国製洗濯バサミは2年もちませんでした。ショック。こんなにチャチだなんて。プラスチック製品は、気をつけないと、割れた時に破片が飛んで目に入りそうで怖い。いつ欠けるかわからないので、常に気をつけていなければならない感じが面倒でもある。そういえば、布団バサミもすぐ壊れたっけなぁ・・・と思い出し、懲りない自分に凹む。

洗濯バサミ 日本製と中国製の比較
こちら、日本製洗濯バサミと中国製洗濯バサミとの比較です。見た目からして違うし。中国製は材料ケチっていそう。よく言えば光沢がありクリアな見た目ですね。

毎日取り込んで、こんな有様ですから、畑に置きっぱなしにしたら降り注ぐ紫外線にさらされて1年もたないのでしょうね。100均で洗濯バサミを2年ごとに買いなおしたら、10年で525円。九州だから・・・紫外線強いから・・・消耗激しいのか?とも思ったけど、日本製洗濯バサミは壊れていないので、やはり品質の問題なんだろうと思います。

ちなみに、日本製洗濯バサミは、例のごとく嫁入りの時に実家から持ってきたものです。しかも日本製物干しについてた洗濯バサミをはずしたやつ。うちの母は、物干しも洗濯バサミもベランダに置きっぱなしの人なのに、そこそこ劣化してたであろう使用年数長い洗濯バサミの方が、新品より長持ちするってどういうこと?

今度、実家に帰った時、また貰ってこよう。

安物買いの銭失い その2 100円ショップ編

水流で洗うタイプの従来型洗濯機を使っていた頃のお話です(=2007年以前)。洗濯に便利な洗濯用ネット。私、結婚してからずっと1個しか持っていませんでした。1回の洗濯でネットを多用しなければならないようなお洒落着は持って(着て)なかったし、洗濯用ネットに入れるのは、下着くらいだったので、1個で足りていたのです。でも・・・。洗濯機の使用年数が長くなるにつれ、洗濯物が絡みまくる&生地が傷むという症状がひどくなり、洗濯用ネットの追加購入が必要かなぁという気になってきたのでした。

洗濯用ネットで小分けにしとけば、絡まない・・・干す時に絡んだ洗濯物を見てイライラするよりは、ネットの1個や2個追加購入するのは必要経費。何万もする物ではないのだから、そこまでケチる必要もなかったのに、なるべく安く!という思いから、100均で洗濯用ネットを買う事にしました。これが結果的には「安物買いの銭失い」だったという1例をあげたいと思います。

そもそも、100円ショップで買う事にした理由は、当時「価格は安けりゃ安いほどよい」という価値観だったという事が大きいです。「洗濯用ネットなんてどれ買っても一緒かな~。」と思っていたし、「どこの国で作られた商品か」という事も気にしていませんでした。

100均の洗濯ネット、買って1週間でファスナー部分が閉まらなくなりました。パッカリ開いて何度直してもかみ合わせがおかしい。「安い物なんだし買いなおそう。」と、1回失敗したくせに凝りもせず再度100均で購入した私は馬鹿かもしれません。案の定、これまた早々にダメになりました。3度目の正直じゃないけれど・・・もう一度100均で買おうとお店へ行って商品を手にとると「Made in China」の表記。その時初めて「ん?中国製?」と気づいたのでした。

とりあえず、洗濯用ネットを買うのはやめて、100均の商品を1個1個確認してみたところ、当時、100均商品のほとんどが中国・台湾・韓国製の物でした。でも、Made in Chinaの製品は100均に限らずスーパーなんかでも沢山陳列されていましたし、「中国製=品質悪い」という意識は、特にありませんでしたね。その後、徐々に実感していくことになるんだけどね。

ファスナー部分がダメになったとはいえ、ネット部分は購入したばかりなので、とても綺麗。洗濯中に中身がネットから出なければいいのだから、口をしばれば使えるよね・・・。とりあえず「ファスナー壊れた=捨てる」のではなく、支払った210円の元はとらなくちゃ!と思った私は、100均で髪用のゴムを購入しました。ちなみに、これまた中国製。

ファスナー部分が壊れた洗濯ネットの口を、Made in chinaの髪用ゴムで閉じて使う日々。だけど、肝心のゴムがすぐビローンと伸びてダメになる。毎日のように洗剤と触れるので、消耗激しいんだろうなと思っていました。中のゴムが劣化する度に「朽ちるの早いなぁ」と思うものの、相変わらず100均の中国製髪ゴムを購入して使っていました。「ダメになる→新しく買う」を繰り返せば繰り返すほど、支出金額は増えて節約とは真逆の効果となるの図。

ある時、「日本製」と書かれた髪ゴムを100均で見つけ、中国製髪ゴムよりは量が少なかった(長さが短い)けど、購入してみたら、そこそこ長持ちするんですよね。100均であってもやはり日本製の物は、中国製より耐久性がいいんだな~と驚きました。同じ値段なら量が多い方がいいかしら・・・と、生産国を選ばず安物買いの銭失いを地でいってた私です。

100均に限らず、なるべく中国製の物を避けるようになってしばらく経った頃、何気なくTBSのがっちりマンデーを見ていたら、杉野ゴム化学工業の社長さんが出演されていて、番組内で中国製ゴムと日本製ゴムの強度実験をやっていました。この映像を見て「やっぱり!!!」と、なんか妙に納得してしまった私。100均の髪ゴムがどこのメーカーの物かはわかりませんけれども、一見、同じように見えても、明らかに品質に違いがあるという一例です。(参考:ゴム作りのスゴイ人! – TBS「がっちりマンデー!!」

さて・・・洗濯ネットの話から、髪ゴムの話に脱線してしまいましたけれども、洗濯ネットも、日本製と中国製とでは、明らかに品質に違いがある事を実感しています。

私が、100均の中国製洗濯ネットを買う前に、唯一持っていた洗濯ネットは日本製。これを購入したのは母であります。実家でずっと使っていた洗濯用ネットを嫁入りの時に持ってきたのでした。いつの間にか私専用の洗濯ネットみたいな雰囲気になっていたから、つい、実家からの荷物にしのばせてしまった。実家でかなり使い込んでいたネットを持って嫁入りする私って変かしら?使えるからこれでいいや・・・買いに行くのが面倒・・・みたいな感じで、持ってきたんだけども、これが耐久性抜群!長持ちでして・・・。もうかれこれ、20年以上使っているんじゃないかなぁと思います。

価格の高い日本製洗濯用ネットと、105円の中国製洗濯用ネットを比べる事がそもそも間違い。だけど同じ値段・同じ品質であったなら、中国製を買いますか?日本人ですからやはり日本製を選ぶと思うのです。中国製をつい買ってしまうのは、ぱっと見、値段が安く感じられるから。長い目で見ると、耐久性に問題があったり、品質に問題があったりで、決して安くはないにも関わらず。

値段相応、よい物は長持ちする。安物買いの銭失い、安かろう悪かろうの一例 (我が家の場合)を挙げさせて頂きました。長文を最後まで読んで頂いた方、有難うございます。私の失敗を是非活かし、賢い買物をして下さいませ。

100均 中国製品 おまけ情報

中国製の製品って健康面でも不安を感じませんか?

以前100均の中国製おもちゃから有害物質(鉛)が出た事もありますし、つい最近も(2012年5月)、100均のシリコンゴム製調理用品と乳児用おしゃぶりの一部から発がん性物質ホルムアルデヒドが溶け出したそうです。もっとも2012年の例は、ホルムアルデヒドが検出された22点のうち21点が中国製、日本製1点からも検出されたそうなので、中国製だけじゃないみたいですけど。(参考:朝日新聞デジタル:100均商品から発がん物質 おしゃぶりやゴム製調理具)。

安物買いの銭失い その1 ニトリ編

若かった頃や、共働きで収入が比較的多かった頃は、「製品がどこで作られた物なのか」という事を深く考えずに買物していました。特に新婚の頃は、100円ショップ大好きだったしニトリやドンキホーテ等、いつ行っても比較的価格が安いお店へ、特に欲しいものもないのに見に行って、無駄遣いしたりしていました。でも、専業主婦になって収入が減ると、当然のことながら使える金額が少なくなるわけで・・・。物を買う時に「これって本当にいるかな?」と、今まで以上に考えるようになったし、購入した後も、耐久性について厳しくチェックをするようになりました。

安物買いの銭失いだなぁと、初めて思ったのが、ニトリでの買物。新婚の頃、枕カバーをセール価格で何枚か購入したのですが、ファスナーが1日で壊れたんです。ファスナーのつまみ部分が折れた物、ファスナーがパッカリ開いたまましまらなくなった物など、いろいろ。特にファスナーの持ち手が折れた物に関しては「1日で簡単に折れる強度ってどうなの?一番大事な部分よね?」とショックでした。悔しいので、ファスナーのつまみ部分が折れた物は糸を結んで開閉できるようにし、パッカリあいたまま閉まらなくなったものはホックを縫いつけ、そのまましつこく使い続けています。私、家で使う物に関しては、誰かに見せるわけではないし色あせようが破れない限り使い続けるタイプです。未だに使っているので、支払った金額分の元は充分とったつもりですが、嫌な思い、不便な思い、手間を考えると、決して安くないな!と思ったのでした。布とファスナー買って自分で作った方がよかった。

同じくニトリで、お皿を何枚か購入して使っていたのですが、何年もたった頃「ニトリで販売された中国製土鍋から鉛やカドミウムが出た」というニュースを目にしました。ニトリのHPにも「お詫びと土鍋回収のお知らせ」が出ていましたよ。食器類については何もアナウンスされてなかったので大丈夫なんだろうなぁと思いつつ「このお皿本当に使い続けて大丈夫???」と不安を感じたことは確かで、いろんな意味で、ダメだ・・・と思ったのでした。

麦茶を入れる容器もニトリで買ったのですが、キレが悪くてボッタボッタたれる。その度に、布巾で食卓を拭くはめになり、面倒くさいことこの上なし。夫は「麦茶つぐの嫌や・・・」と言って、自分で麦茶を入れなくなりました。夫は飲み物が欲しくなると「のど渇いた」と、ついでくれアピールします。支払った金額は、1,000円以下ですし、さっさと買いなおせばいいんですが、何だかとても悔しくて(←負けた気がする)「金額分の元はとってやる!」と思いながら使い続けています。毎日の事なので正直かなりのストレスです。(不便だなぁ・・・嫌だなぁ・・・という不快さの蓄積)

たまたま、私が購入した物がダメだっただけかもしれない。運なかっただけかもしれない。だから、事実を書いただけで、ニトリの悪口を書きたいわけではないんです。ニトリの製品に満足している人も沢山いるだろうし、いい製品も沢山あるだろうしね。我が家と合わなかっただけ。

ちなみに、上で書いた製品は、中国製だったり韓国製だったり、全部外国製でした。「安く売る=材料費や人件費も安い」という事。それを考えれば、耐久性を求めちゃいけないのかもしれないなぁと思います。値段相応。耐久性や使い勝手に問題があると、結局、何度も買いなおすハメになってゴミも増えるし、余計な出費も増えます。節約したつもりが、逆に浪費だったりするという一例です。買物する時には、その辺、よく考えて買わないと安物買いの銭失いになってしまうというお話でした。

アサヒスーパードライ ドライブラック試飲缶

買物に行ったらアサヒビールの社員さんと思われる方が入口で試飲缶を配っていました。地方に住んでいるとこういう機会は珍しく、久しぶりのタダ飲料に小躍りする思い。最近、食費に占める酒類の金額が見過ごせない状況になりつつあり「しばらくはビールじゃなくて発泡酒にしよう」と思っていたので、試飲缶はとても嬉しい物でした。思わず、アサヒスーパードライ6缶を購入してしまったダメ主婦であります(笑)。タダ&無料は好きなんだけど貰ってばかりじゃ悪いから・・・と思う世代。予算オーバーだけど、しょうがない。別の費目で節約して調整しようと思います。

頂いたアサヒビールの試飲缶

  • アサヒスーパードライ ドライブラック 250ml 試飲缶1本
  • アサヒドライゼロ ノンアルコール 350ml 試飲缶2本

アサヒスーパードライ ドライブラック試飲缶
アサヒスーパードライ ドライブラック、とても美味しかったそうです(←夫談)。「最近ずっと家飲みビールはエビスだったから、ドライブラックが新鮮な味に思えたのかも。すっごく美味しかった!!」と言っていました。これ聞いて「くぉのぉ!!贅沢者!!!」と少し腹が立った私です。「エビスに飽きたってどういう事だ・・・。高いんだぞ!」と思ったのが腹立たしさの理由。

アサヒスーパードライ ドライブラック 美味しかったんだったらよかったね・・・と思う。でも、一緒に飲もうって言ったのに、勝手に全部飲み干すってひどいよねぇ。私も1口飲んでみたかったのになぁ。一方、夫が全然興味を示さなかったのが、アサヒドライゼロノンアルコール(笑)。「ノンアルコール飲料、嫌い」だそうです。

家にいるのに・・・、仕事から帰ってきて、その後、車で出かける予定がないのに・・・、ノンアルコールビールをわざわざ飲む必要もないかと思う。でも、飲む場所変われば、きっと夫の食いつきもよくなるだろうと想像しています。

アサヒ ノンアルコールドライゼロ試飲缶
アサヒドライゼロ ノンアルコールは、冷やして週末、貸農園にもって行く予定。貸農園のそばに住んでいて歩いて畑にやってくる人が、作業終わりにビールを飲んでいるのを見て「いいな~。車の運転なかったらな~」と言っていた夫。そんな時はやっぱりりノンアルコールビールでしょう!みたいな(笑)。作業終了時に飲んだら美味しいかもしれない!と思って、今から楽しみにしています。

アサヒビール キャンペーン情報

節電に燃える・・・電気代の分析(1)

電気代の分析というと大げさな感じ。2011年も時間帯別にざっくり管理していたんですけども、何でそう思ったのか、「給湯にかかる電気代は減らせない」と思い込んでいました。こんなもんかなぁと思っていたもんで、日中の節電にばかり目がいっていて、ナイトタイムの節電については考えた事がありませんでした。

日中の使用量に比べたら、ナイトタイムの使用量の方が断然多い(←電気で深夜時間帯にお湯を沸かす為)。なのに、なんで今までナイトタイムの電気使用量を減らす努力をしなかったのだろう・・・と少々自己嫌悪。

今日も、電気のメーター見て、時間帯別に使用量をExcelファイルに入力しましたが、一度気づいてしまうと、ナイトタイムの電気使用量が気になって気になって仕方ありません。もっと早く気づけよって感じですが、気づいたからには、頑張って削減していきたいと思っております。それにしても、電気温水器って、すごく電気使うんですねぇ。ナイトタイムの単価は日中に比べて安いとはいえ、電気使用量の70%以上を深夜時間帯で使っています。

仮に、深夜時間帯の電気使用量を半分に減らす事ができれば、前年比10%どころか、50%くらい削減できるかもしれない。今まで私はいったい何をしていたんだろう・・・頭が悪すぎる・・・って思ってしまった。

お風呂は毎日新しいお湯で入りますが、給湯の温度設定や、温水器の貯湯量及び温度を考えながら、手動でコントロールし、沸き上げにかかる使用量を減らしていきたい。

ブログなどで電気使用量や電気代を公開されている方は沢山いらっしゃいますが、我が家と同じような環境で時間帯別の使用量や金額を公開されている方は少なく、比較の対象がないので、どのくらい削減できるのか不明。太陽光発電やエコキュートを利用されている方の時間帯別使用量はありましたけども。とりあえずやってみようと思います。

この投稿は、アメブロで2012/8/1に書いた物を移動した物です。

電気使用量のお知らせ2012年7月分

電気使用量のお知らせ 2012年7月分 届く

電気使用量のお知らせ7月分が届きました。そして我が家は、電気使用量 前年比10%減達成できました。前月と比べても使用量は5%減です。ですが、請求金額は6月より多かったのでショックです。悔しいぃぃぃ。

燃料調整費という形で、電気代がジリジリと上がっていますので、使用量ベースで10%以上削減できるよう頑張らないと請求金額が増えてしまうという有様です。今まで以上の努力が必要です(痛感)。

8月の燃料調整費単価は更に値上がりします。(←「電気使用量のお知らせ」に次月の単価が記載されている)

原発は嫌!!!
だから、代替の火力発電所などを稼動させる為にかかる費用を今までより多く負担するのは仕方ないのかなぁ?とも思いながらも、「もうちょっと何とかならないものかしら・・・企業努力(国も頑張ってくれ!)をもっとすべきでは!?」と、ため息つきたくなります。

我が家はオール電化(電化deナイト)なので、7~9月は夏季単価となり単価UPするのです。梅雨あけして気温も連日30度超えだと、クーラー使用時間が増えることは必至。7月分の電気代が確定したばかりですが、来月が心配でたまらない私です。

2012年7月請求分 強制的に徴収される負担金の単価

  • 燃料調整単価0.67円/kwh
  • 太陽光発電促進付加金0.15円/kwh

電気使用量・請求額 前年比/前年同月比

7月分電気 前年同月比 前月比
使用量(kwh) -11.1% -5%
請求金額 -9.5% +4.1%

1月~7月累計 電気使用量・請求額 前年比

1~7月分累計 前年比
使用量 -8.1%
請求金額 -0.86%

7月の節電 反省

7月に入ってから、日中アメーバピグ(ゲーム)で遊ぶのをやめてPCの使用時間を減らしました。なのに何故か?先月よりもデイタイムの使用量は増えていました。かなりショックでした。減らしたつもりになっていただけで、頑張ってなかったのかもしれない・・・と反省中です。

7月分のトータル電気使用量が前年に比べて減ったのは、ひとえに例年にない涼しさに助けられ、夜間クーラーを使わなかったからだけなのかもしれません。

オール電化の場合、給湯に電気を使うので、これを減らす努力を新たに始めました。お湯使用量が減る=深夜にお湯を沸かすために使う電気が減るっていう事。そんな単純な事にも気づかず、のほほんとしていた私は、やはり、節電の為の努力が足りなかったと言わざるをえません。

来月も節電頑張ろう!以上、7月分電気使用量のお知らせについてでした♪ この記事はアメブロで書いていた投稿を移動・訂正したものです。

電気使用量のお知らせ2012年6月分

電気使用量のお知らせ 2012年6月分 届く

電気使用量のお知らせ6月分が届きました。そして我が家は、電気使用量 前年同月比10%減 達成できませんでした(泣)。

東京電力が、27日、福島第1原発1号機の原子炉建屋内にある圧力抑制室外側で毎時1万300ミリシーベルト(毎時10.3シーベルト)の放射線量を検出したと発表したそうですね・・・。それなのに原発再稼動を推し進める電力会社だったり、自治体だったり、国だったり、経済界だったり、バカじゃないかと思います。

原発はやめるべき。

電力会社のトップにも、大切な家族はいるでしょうに。親だったり、妻だったり、子だったり、孫だったり・・・(もしかしたら愛人だったりするかもしれませんが)、自分も含めて大切な者たちも、目に見えない放射能という脅威とこれからずっとつきあっていかなくてはならないという事がわからないのでしょうか?株主総会の様子など、株主側からの提案は、全て否決とテレビで言っていました。見ていてうんざりすると共に、この体質は直らないんだろうな!!と怒りをおぼえました。

マグマのように沸々と怒りというか、恨みというか、どす黒いような感情がわく私です。

2012年6月請求分 強制的に徴収される負担金の単価

  • 燃料調整単価0.57円/kwh
  • 太陽光発電促進付加金0.15円/kwh

電気使用量・請求額 前年比/前年同月比

6月分電気 前年同月比 前月比
使用量(kwh) -8.5% -2.2%
請求金額 -4.4% -1.4%

1月~6月累計 電気使用量・請求額 前年比

1~6月分累計 前年比
使用量 -7.7%
請求金額 +0.62%

6月の節電 反省

電気使用量のお知らせ6月分と共に節電協力のお願いが入っていました。

  • 09:00~20:00まで・・・昨年並みの節電(7%)
  • 13:00~17:00まで・・・昨年より3%程度以上の節電(7% + 3% = 10%)

6月の電気使用量のお知らせを見ながら反省。このまま何の工夫もなく過ごせば、電力会社からきた節電協力の要請にこたえられないかもしれません。「死ぬ気で頑張らないといけないな・・・。」と改めて思うのでした。我が家はオール電化で、ガス併用のご家庭よりも多く電気を使います。だからこそ、オール電化が節電の足をひっぱってると言われたくありません。

文句を言うだけなら誰にでもできるので、原発反対!と思うなら、やはり、やるべき事・できる事をきちんとやりとげなくてはならないのでしょうね・・・。

「節電もっと頑張ろう!!」という思いは強いものの、なかなか難しいです。とりあえず、7月に入ったら、日中のパソコン使用時間を減らす方向で調整したいと思います。(ゲームをやめよう、そうしよう。)以上、6月分電気使用量のお知らせについてでした♪

「オール電化、節電に重荷」という記事を見て

オール電化、節電に重荷という記事が5/18の朝日新聞に載っていた・・・ので、自分メモ的に今更ながらブログに書いておく事にした。

オール電化が節電の足をひっぱってるんだそう。全国1割弱の世帯がオール電化を導入していて、原発2~4基分にあたるそうな。
去年、経済産業省が「節電のために日中に電磁調理器を使わないで!」と言っていたらしい。知らなかったよ。

電気使用量の平均も載っていた。ヒートポンプ給湯器で、年2,500Kwh/電気給湯器で、年6,000kwh らしい。うちは、電気給湯器なので、年6,000kwh以下であれば平均以下って事なのか・・・と思う。この記事の真偽は、ともかくとして、具体的な数値が出ているとひとつの目安になります。

「オール電化、節電に重荷」だなんて、言われないように頑張ろう!言葉は悪いけれど、「今に見ていろ~」と思った記事でした。

この投稿は、アメブロで2012/06/05に書いた物を移動したものです。

電気使用量のお知らせ2012年5月分

電気使用量のお知らせ 2012年5月分 届く

電気使用量のお知らせ5月分が届きました。そして我が家は、電気使用量 前年同月比10%減 達成できました。

2012年5月請求分 強制的に徴収される負担金の単価

  • 燃料調整単価0.48円/kwh
  • 太陽光発電促進付加金0.15円/kwh

電気使用量・請求額 前年比/前年同月比

5月分電気 前年同月比 前月比
使用量(kwh) -10.9% -8.1%
請求金額 -3.6% -4.2%

1月~5月累計 電気使用量・請求額 前年比

1~5月分累計 前年比
使用量 -7.6%
請求金額 +1.6%

5月の節電 反省

2012年5月は、去年より請求書ベースでの使用日数は2日増えましたが、GWは出かけていたので実際の使用日数は普段の月よりすくないです。温泉など利用し、自宅のお風呂を使わなかったのが、電気使用量が減った要因と思われます。ちなみに去年のGWもちょこちょこ出かけていたので、前年同月比という意味では、条件はほとんど同じです。

実際の使用日数的な条件は変わらないのに、前年よりも使用量でこれだけ削減できたという事は、もっと頑張れるってことです。燃料費調整単価がUPしているので、去年より使用量は確実に減っているのに、金額ベースでみるとプラスです。悔しい。

来月も節電頑張りたいと思います。以上、5月分電気使用量のお知らせについてでした♪

電気使用量のお知らせ2012年4月分

電気使用量のお知らせ 2012年4月分 届く

電気使用量のお知らせ4月分が届きました。光熱費の請求書が来てから金額を見て驚くのは嫌なので、定期的にメーターをチェックしています。使用量を入力する事によって請求金額を計算するような表をExcelで作って、光熱費の管理をしています。途中経過を確認すると「あっ。今月やばそう・・・」とわかるので、とても便利です。メーターチェックをするのは毎日ではなく、体調万全な時、かつ、やる気がある時だけなので、ちょっとムラがあるんですけどね・・・。やる気がないときも、とりあえず、1週間に1度くらいは見てると思います。

2012年4月請求分 強制的に徴収される負担金の単価

  • 燃料調整単価0.51円/kwh
  • 太陽光発電促進付加金0.15円/kwh

電気使用量・請求額 前年比/前年同月比

4月分電気 前年同月比 前月比
使用量(kwh) -17.1% -1.5%
請求金額 -8.3% -0.8%

1月~4月累計 電気使用量・請求額 前年比

1~4月分累計 前年比
使用量 -6.9%
請求金額 +2.8%

4月の節電 反省

電気使用量のお知らせ2012年4月分は、予想してた通りの金額でした。我が家はオール電化・(エコキュートではない)電気温水器使用家庭です。お湯を沸かすために使う電気が多いため、気温が下がると電気代は上がり、気温が上がると電気代は下がります。前年同月比では、使用量ベースで約17%減でしたが、今年の4月は去年より暖かかったので、そのおかげなのかなと思います。(=自分の努力ではないってこと)

気温が違う去年と比較しても意味ないのかなぁ?とたまに疑問に思う事もあり、やはり前月比でも、目に見える結果を出していかないと「節電」とは言えないんじゃないかと反省中です。来月こそ節電頑張ろう、そうしよう。

注:この投稿は、アメブロで書いていたものを移動・修正したものです。一部、使用量と金額の%が逆になっていた為、訂正しました。

電気使用量のお知らせ2012年3月分

電気使用量のお知らせ 2012年3月分 届く

電気使用量のお知らせ3月分が届きました。

2012年3月請求分 強制的に徴収される負担金の単価

  • 燃料調整単価0.47円/kwh
  • 太陽光発電促進付加金0.07円/kwh

電気使用量・請求額 前年比/前年同月比

3月分電気 前年同月比 前月比
使用量(kwh) -14.5% -22.8%
請求金額 -3.1% -18.9%

1月~3月累計 電気使用量・請求額 前年比

1~3月分累計 前年比
使用量 -3.6%
請求金額 +6.4%

2012年3月分電気代 反省

あたたかくなってきた為、夜間電力で温水器がお湯を沸かす為の電気使用量が減りました。夫も、コタツや電気カーペットの電源を入れる事が少なくなりました。その結果、2012年3月の電気代は、使用量も請求額も、対前年で減らすことができました。

削減率を見て「前年は使い過ぎだったのね・・・」と反省中です。去年、これ以上は節電できない位に切りつめていたとしたら、-14.5%なんて数字はありえないはずだし。

4月分の電気料金から、太陽光発電促付加金の単価が値上がりします。更なる節電努力が必要です。電気代が増えるのは嫌~。来月も頑張りたいと思います。早寝早起き&外出&パソコンの使用時間を減らすのが、私にとっての課題です(まだできていません)。

注:この投稿は、アメブロで書いていたものを移動・修正・追記したものです。

電気使用量のお知らせ2012年2月分

電気使用量のお知らせ 2012年2月分 届く

電気使用量のお知らせ2月分が届きました。金額は予想していたとおりでしたが、確定した物を改めて見ながら、節電努力できてない・・・と泣きたくなりました。

2012年2月請求分 強制的に徴収される負担金の単価

  • 燃料調整単価0.44円/kwh
  • 太陽光発電促進付加金0.07円/kwh

電気使用量・請求額 前年比/前年同月比

2月分電気 前年同月比 前月比
使用量(kwh) +7.1% +5.3%
請求金額 +15.6% +3.1%

1月~2月累計 電気使用量・請求額 前年比

1~2月分累計 前年比
使用量 +1.5%
請求金額 +11.1%

2012年2月分電気代 反省

我が家はオール電化・(エコキュートではない)電気温水器使用家庭です。気温が下がれば暖房で、水温が下がれば電気温水器が湯を沸かす為の、電気使用量が増えます。冬の方が電気代は高くなります。原因は温水器・コタツ・カーペットとわかっておりますが、なかなか減らす事ができません。暖房にかかる電気は、窓から熱が逃げないよう工夫したり着膨れで対応していますが、電気温水器はベランダに設置してあり、冷たい風がビュービューと・・・。なす術なしといった感じです。反省というよりは愚痴ですね・・・

引き続き節電を頑張っていきたいと思います。

3ヶ月連続電気使用量減らず、お手上げ

うぅ(ノ_・。)電気代がどうしても減らない。

燃料調整額の単価が値上がりしている上に、去年(2011年)の4月から太陽光発電促進付加金が増えた。いろいろ上乗せされる金額が確実にUPしている。年間使用量(total)で見ると、2011年は2010年より少ないのに、支払った金額は3,000円以上増えた。そして、今年2012年は、1~2月が寒かったせいもあってか、使用量が増えている。「ダメじゃん、私」って思ったら 、ちょびっと憂鬱になった。

日中、パソコン三昧なのは、2010年からあまり変わらない(少し時間が減ったかな?)。なので、やっぱり温水器が電気代減らせない理由なのだろうなぁと思う。温水器をあまり使わないようにするには・・・お湯使用量を減らすしかない。でも、でも!お湯の使用量を減らしても、タンクに貯湯されている温度が下がれば、勝手に沸き増しするんだろうなぁとも思う。沸き増しは、電気代の単価が安い深夜の設定にしているんだけどねぇ。

もう、どうやって5%削減に挑戦していいかわからないような・・・お手上げ状態です。

光熱費関係の節約は、節約しよう!という意識を高める事も大事なので、エクセルで表作ってます。時間帯別に使用量を入力すれば、支払い金額や1日平均でどのくらい電気使ってるかわかるようにしてあります。燃料調整額の単価も、太陽光発電促進付加金の単価も、前月の電気代請求書を見れば、書いてあるので、使用量がこれ以上増えると、上乗せされる金額がこのくらいになる的な事もわかるようになっています。

1週間ごとに入力して(←本当は毎日の方がいいんだろうね)、「今、電気代○円くらい・・・」と、たまに夫にも伝えています。独りで節電に努めるよりは、家族の協力があった方が、よりよいわけで・・・。あまり言い過ぎると逆効果なので、たまにしか言わないけど、電気代を伝えた翌日は、少し気を遣ってくれているようです。毎日協力して欲しいけど、それは無理なんだろうなぁ。

頑張ったら出来るはず!と信じて、地味に地味に切り詰めていくしかない。

この投稿は、アメブロで2012/2/24に書いた物を移動したものです。

電気使用量のお知らせ2012年1月分

電気使用量のお知らせ 2012年1月分 届く

電気使用量のお知らせ1月分が届きました。メーターチェックしているので、届く前からだいたいの金額はわかっておりますが、冬場は確定した物を改めて突きつけられると「節電できなかった」と凹み、しばらく立ち直れません。ガス併用と違ってガス代基本料がない分、光熱費のトータル金額は以前より少ないものの、いつも泣きたい気分になるんですよね(T_T)。

2012年1月請求分 強制的に徴収される負担金の単価

  • 燃料調整単価0.43円/kwh
  • 太陽光発電促進付加金0.07円/kwh

電気使用量・請求額 前年比/前年同月比

1月分電気 前年同月比 前月比
使用量(kwh) -3.8% +19.4%
請求金額 +6.6% +16.9%

2012年1月分電気代 反省

新たな年が始まったばかりの1月は、家計簿見ながら「はじめが肝心だ!!」といつも反省と深い後悔で終わる。電気代もしかり。もっと頑張れなかったのか??と嫌になる。めげずに来月も節電努力を、引き続き頑張っていくのみです。

5%節電がなかなか達成できなくて焦る

根にもつタイプ

原発事故から1年近くたったある日(2012/1/23)、テレビで「東京電力が家庭の電気代を10%程度値上げする事を検討している」というニュースを見ました。自分の住んでいる地域もいずれ電気代が上がるだろうと憂鬱になりましたが、東京電力の人が「私達には電気代を値上げする権利がある」と言うのを聞くまでは、「電気代値上げも仕方がないことなのかも・・・」と諦めの境地でした。

電力会社とその関連企業に勤める方のほとんどが、原発事故以前も以後も、真面目に働いているわけなので、全員が悪いとは思っていません。しかし、どんな理由があったにせよ「安心して暮らせる権利」を奪ったのは事実なのに、その企業のトップが「値上げは権利」だなんて、よく言えたもんだ(怒)殿様商売にもほどがある!と呆れ、腹が立ったのでした。本当に、どいつもこいつも、ろくでもないな!!!と。

ネバーギブアップで電力不買運動を展開したい気分なのに、生活に電気は必要。電力会社の選択肢はありません。問答無用で値上げされても、少しずつ節電しながら耐えるのみ。いろんな意味で、どんどんどんどん暮らしにくくなって嫌になります。いい加減にしろ!って言いたい。

私、嫌いな人や嫌な事があると、頑張る事ができるタイプの人間でして・・・(←根に持つタイプなのかも)。専業主婦になってからずっと幸せな日々をおくっていたので「心底嫌だな~」と思う事がなかったんですよね。闘志と言いますか、やる気と言いますか、久しぶりに思い出したこの感覚。「値上げは権利」というこの言葉は、一生忘れないと思います。

節電意識は高まれど、5%節電がなかなか達成できなくて焦る

2012年1月、ポストに電気使用量のお知らせが入っていました。12月に電気代節約頑張ろう!!と決意したばかり。自分では頑張ったつもり。さっそく電気使用量を前月及び前年同月と比べてみると、前月比20%増。そんな!!!どうして????とショックを受ける。5%削減しなくちゃ!と、自分なりに頑張った結果がこれか・・・と落ち込むことしばし。寒くなったから給湯関係で沸かすのに電気くってるのかもなぁとも思うけど、20%増って、増えすぎだよなぁ。5%ちゃんと節電できている人もいるわけなので、もっと頑張って取り組まなくちゃと反省した。

前年同月は、3.8%減。とりあえず、減っててよかった。全体では使用量が減っているものの、何故か10時~17時のデイタイムの使用量が増えていた。昼間は冷蔵庫とパソコンしかつけていないので、驚いてしまった。ゲームの時間減らしたんだけどな・・・。もしかしてパソコン?そうなの???パソコンが原因で使用量増えたの???って思うとかなり憂鬱。で、「5%節電できなかった~。デイタイムがむっちゃ増えてる。」と、夫に低い声で言ってみた。すると夫は、「昼間のコタツじゃない?」と。

コタツが原因なわけないので「昼間はコタツつけてない!というかこの冬コタツ使ってない!!」と言ったらば、「えっ。休日の昼間とかコタツつけてるよ?」と夫。

えぇぇぇっ?コタツつけてたの?

内心、びっくりした私。知らなかったわ。いや、コタツ使ってもいいんだけど。寒けりゃ、そりゃつけていいんだけど。ブログにコタツはつけてないって書いちゃったじゃん・・・と、嘘書いてしまったことに少し凹む。夜は電気カーペットもつけていたそうだ(笑)。

なんとなく昼間の使用量が増えていた原因がわかって自分としてはすっきりした。コタツをつけずにすむようにヒーター(灯油)の出番を増やします&私のように着膨れで、暖房使わずにすむよう、家族を少しずつ教育することにします。

2012/1/23・2012/1/27にアメブロで書いた物を移動・修正した物です。

電気代を見直すきっかけと、5%節電が出来ていないと知った時のショック

結婚してからずっと、電気代は日々節約しているつもりでしたが、引越でオール電化になったのを機に、いつの間にか節電に対する意識が低くなっていた私。もう一度「光熱費節約」について、見直すきかっけとなったのは、東北大震災と原発事故でした。

オール電化はガスを使わないので、当然のことながらガス代を支払う必要がありません。ガスに限りませんが、支払金額の中で基本料が占める割合は高いので、1つ基本料がなくなるだけで金額的なメリットはかなり大きいです。

2011年12月玄海原発が停止。九州電力管内にある原発が全て停止した際に、我が地域九州でも「5%の節電要請」が出ました。震災以降9ヶ月にわたって、福島原発事故や東京電力管内における節電その他をTV・インターネットで見ていた為、節電意識は十分過ぎるほど高まっていたし「無駄な電気は使っていない!」という変な自信もあったのに・・・5%の節電が出来ていなかったんです、超ショック。

「5%の節電なんて余裕!」と内心思っていて、「できている」確認をするつもりでした。家計簿を仮〆するついでに、去年に比べて使用量ベースで何パーセント節約できたのかをチェック。「えぇぇっ!?出来てない!!」と驚き、「今まで何やっていたんだろう・・・節電したつもりになっていただけだった」と反省。「ダメじゃん、私」と凹みました。

オール電化の場合の節電方法がわからなかった&工夫していなかったというのも理由の1つ。ですが「オール電化になる以前の、電気&ガストータル支払金額より少なければOK!」と、自分を甘やかしていたような気がします。実際、金額的にはガス併用の頃より節約できていましたしね。

ガス代基本料がなくなるだけで、努力をあまりしなくても、節約した気になれる・・・それが落とし穴でした。

電気オンリーの場合、もし突然停電になったらとても困るのと、電気代が値上げされると、家計費直撃!という悲惨な状況が待っています。電気代の節約についてもっと真剣に考える事が必要です。

節電できなかった理由を考える

心当たりその1(私)
家にいる時はほぼずっとパソコンを立ち上げてゲーム三昧。私が原因の物は、気をつけることができるので、これから少しずつパソコンの使用時間を減らしていくのを継続的な目標とする。ゲームは楽しいけど時間の無駄。わかっているのに、なかなかやめれなかった私。多分、ゲームをやめるとブログの更新が増える。結局パソコンはやめられないって事なのだけれど、エンドレスゲームより、確実に使用時間が減る。

心当たりその2(夫)
なるべくお湯が冷めないよう、夫が入りたいといった時間に合わせてお風呂の準備をしているのに、なかなか入らず沸かしなおす事が多い(←保温していても、どうしても冷める)。時には、「やっぱり明日の朝入るわ・・・」なんて言ったりする夫。あまり口うるさく言いたくないので、自主性に任せていたが、強制的に入ってもらうことにする。一度、キレて暴れてみたら、何か変わるかな?「お風呂の準備できたよ~」と言ってから、すぐ入らなかったら、どんな目にあうか(笑)、わからせないと多分なおらないからね。

原発再稼動しない(させない?)為にも、ひとりひとりの節電努力って大事。努力しても、需要を減らしても、政治家・電力会社・経済界がどう判断するかで簡単に再稼動されるわけですが「ほらね!原発ないと困るだろ」みたいな事、言われたくないです。オール電化でよそのお宅より沢山電気使っているからこそ、余計にそう思う。2011年3月以降、それなりに節電してたつもりだったけど、自分にかなり甘かったという事に気づけてよかった。電力需給が悪化し、停電になった時の対策を考る事も必要だなぁと思う。気づくのが遅くなったのは仕方がないので、改めて前向きに頑張ろう。

我が家の状況

  • オール電化なので、ガス併用に比べて電気使用量が多め
  • よく使う電球はLED(or蛍光灯)に置き換え済
  • 日中は冷暖房ほとんど使わない。断熱や着衣で調整
  • 必要のない物はブレーカー落としまくっている
  • テレビは未だにブラウン管
  • 冷蔵庫が古い&壊れそう→電気代かかっているかも
  • 使っている部屋は、ほぼリビングのみ。

こんな意見もある。

もともと原発は必要なかった 九州電力は原発が全部泊まってもたった5%の節電要請 原発必要とのポーズだけ

この投稿は2011/12にアメブロで書いていたものを移動・修正・追記した物です

楽天銀行でお小遣い

楽天銀行(旧イーバンク銀行)

楽天銀行は国内最大級のネット銀行の一つで、2010年6月末現在の累計口座開設数は354万口座です。2010年5月に、イーバンク銀行から楽天銀行に名前が変わりました。

  • 口座維持手数料無料
  • セブン銀行ATM等での入出金手数料は規定回数無料
    注1:無料回数は利用者のステータスにより異なる。
    注2:ステータスによっては無料にならないケースもある。
  • ゴールドラッシュプログラム・楽天ハッピープログラム・メルマネなど、独自サービスの提供。

楽天銀行 デメリット

  1. お届け出印がない。
  2. 通帳がない。
  3. 支店など窓口がない。
  4. 手数料が高い。
  5. 楽天関係のメールが沢山くるなど。

「お届出印がない」「通帳がない」「窓口がない」のは、他のネットバンクも同じです。問題なのは手数料。

キャッシュカード発行手数料がかかる

楽天銀行のキャッシュカード(キャッシュカード機能のみ)は、発行手数料が1,050円かかります。私は、イーバンク銀行時代にキャッシュカード機能のみのカードを作りました。イーバンク銀行の時は、残高が10万円以上あればキャッシュカード機能のみのカードも発行手数料無料で作れました。楽天銀行になってからは、残高に関わらずキャッシュカード機能のみのカードを作る場合は1,050円かかります。キャッシュカード発行手数料を節約したい場合は、クレジットカード一体型のキャッシュカードを選択すると無料です。

同行宛の振込でも振込手数料がかかる

楽天銀行は、同行宛の振込でも振込手数料がかかります。楽天銀行ハッピープログラムの会員ステータスや給与振込口座に指定することで、振込手数料を節約することができます。

振込手数料 振込手数料の節約方法
ほかの楽天銀行口座 50円(税込) 楽天ハッピープログラムに登録すると、取引内容に応じて最大10回/月無料
楽天スーパーポイントを振り込み手数料として利用可能
他行口座 3万円未満:160円(税込)
3万円以上:250円(税込)
楽天ハッピープログラムに登録し、楽天銀行口座を給与振込口座に指定すると、
他行宛振込手数料が月3回無料。
使わなかった他行振込無料回数は、2回まで繰り越せる=最大5回無料。
楽天スーパーポイントを振り込み手数料として利用可能

ATM手数料がかかる(高い)

楽天銀行は、出金だけでなく、3万円未満の入金でもATM手数料がかかります。出金でATM手数料が有料の銀行はよくあるケースですが、入金する為に手数料がかかるのは許せません!入出金で手数料を取られたくない場合は、3万円未満のお金をATMで入金しない&資産残高もしくはハッピープログラムの会員ステータスに応じたATM月間無料回数を有効に使うなどして対処すればOKです。

提携先ATMでの入出金手数料

  セブン銀行 イオン銀行 イーネットATM ローソンATM ゆうちょ銀行
入金 3万円以上のお取引 無料
3万円未満のお取引 210円 210円 262円 262円 262円
出金 お取引金額に関係なく 210円 210円 262円 262円 262円

資産残高に応じてATM入出金手数料が毎月所定回数無料になります

お預かり資産残高※1 300万円以上 100万円以上 50万円以上 10万円以上 10万円未満
月間無料回数※2 7回 5回 2回 1回 0回
3万円以上の入金は無料
  • ATM手数料月間無料回数とは、入金と出金のためにATMを利用した件数の合計。但し、3万円以上の入金件数は、月間合計件数には含まれません。
  • ATM手数料無料回数は、ログイン後の「ATM利用状況の照会」の「提携ATM利用手数料無料回数」で確認できます。
  • 資産残高は、前月25日終了時点の円預金(普通・定期含む)・新型定期・外貨預金(普通・定期含む)投資信託の合計残高で判定。

楽天ハッピープログラム 会員ステータスで、手数料無料の優待を受ける

楽天銀行ハッピープログラムにエントリーすると、資産残高だけでなく、対象サービスの利用状況(取引)もレベルという形で会員ステータスに反映されます。

楽天ハッピープログラム ステータス
(画像クリックで大きくなります)
↑例えば、資産残高が10万円なくても、振込や自動引落・BIGやtotoの購入他、サービス利用で30レベル以上になれば、スタンダードが適用されます。

手数料無料で入金するには まとめ

  • 3万円以上ATMで入金すれば手数料はかかりません。
  • ゆうちょ銀行本人名義口座からの入金(事前に利用申込書の記入と提出が必要)
  • 資産残高やハッピープログラムにエントリーしてATM手数料月間無料回数を獲得する
    資産残高 または ハッピープログラム会員ステージに応じて、最大7回/月までATM手数料が無料。
    注:ATM手数料の無料回数が0回の場合は、有料だという事なので注意!

手数料無料で出金するには まとめ

  • 資産残高やハッピープログラムにエントリーしてATM手数料月間無料回数を獲得する
    会員ステージに応じて、最大7回/月までATM手数料が無料。
    注:ATM手数料の無料回数が0回の場合は、有料だという事なので注意!

楽天銀行のメリット ゴールドラッシュプログラム

ゴールドラッシュプログラムとは、楽天銀行の自分の口座へ他行から振込入金された件数が月3回以上あると銀行から現金がプレゼントされるというプログラムです。月間の振込件数によって、1件あたりのプレゼント金額がアップし、本人からの振込も対象となります。もらえるお小遣いは、件数に応じて20~30円。微々たる金額と侮る事なかれ、チリツモで結構お得です。我が家の場合、2011/04/08現在 累計3,765円分のお小遣いをゴールドラッシュプログラムでもらいました。低金利時代、預金の利子でこの金額を貯めようとすると大変!こんなご時世に、こんな素敵なプログラム♪振込の多い人にとっては、とてもメリットのあるサービスです。(注:エントリー制なので、エントリーしないとお小遣いはもらえません。)

他の金融機関からの振込(株式配当金を除く) 

ランク プレゼント金額 他行から振込まれた件数/月
ランクS 30円/件 他行からの振込入金が30回以上
または
他行からの振込入金が10回以上 かつ ゆうちょからの振込入金が1回以上
ランクA 25円/件 6回~
ランクB 20円/件 3~5回

注:上の条件は、2011年4月の物です。ゴールドラッシュプログラムの条件は変更になる場合もありますので、詳細は、楽天銀行のページにて確認して下さい。

ゴールドラッシュプログラムにエントリーし、月に30回他行から振込があった場合、30回×30円=900円が楽天銀行からプレゼントされます。(年間だと、900円×12ヶ月=10,800円)
ちなみに、ゴールドラッシュプログラムのお小遣いは、翌月10日頃、口座に入金されます。このゴールドラッシュプログラムで、できるだけ現金を稼ぐためには、いかに他行からの振込みを増やすかがポイントです。

自分が持っている他の銀行口座から現金を移動する。

楽天銀行のゴールドラッシュプログラムは、他行であれば本人口座からの振込も対象となります。振込手数料無料の銀行から、自分で現金の移動を行っても1回とカウントされます。件数UPですね。例えば、新生銀行。新生銀行は月1回他行への振込手数料が無料。我が家は、夫婦で新生銀行に口座を開設していますので(前回の記事参照)、やろうと思えば、自分の新生銀行口座から自分の楽天銀行口座へ振込する + 夫の新生銀行口座から私の楽天銀行口座へ振込してもらう + 他行からの振込=3回で、ゴールドラッシュプログラムのお小遣いをもらう事もできます。(我が家は、この方法をとらなくても、ゴールドラッシュプログラムの対象になるのでやっていません。)

振込を行うと、振込元銀行は振込先銀行へ手数料を払います。手数料の一部が還元される形でゴールドラッシュプログラムが成り立っているわけです。上の場合で言うと、新生銀行が楽天銀行に対して、手数料を支払っています。新生銀行側から見れば、「自分の銀行の預金が減った+手数料を支払わなければならない」って事。余計な経費がかかるわけですから、もしあなたが新生銀行をメイン銀行としている場合、新生銀行のサービスが悪くなるかもしれない
or 定期預金の利率が下がるかもしれないという事が考えられます。サービスが悪くなったら、銀行を乗り換えるという考え方もありますが、メイン銀行と長くおつきあいしていきたいのであれば、目先の利益に惑わされる事なく資金管理を行う事も必要なのではないかと思います。

株式配当金の振込先に指定する。

配当金振込の場合は、1件当り一律10円分のお小遣いがゴールドラッシュプログラムでもらえます。配当金の受取口座として楽天銀行を指定すれば、「株の配当金 + 株の配当金が楽天銀行に振込まれる時に発生するゴールドラッシュプログラム現金プレゼント」で
プチ得♪

Yahoo!かんたん決済からの振込

Yahoo!かんたん決済からの振込で、Yahoo!オークションの落札代金を楽天銀行で受取ると、1件当り一律10円のお小遣いがもらえます。但し、「Yahoo!かんたん決済」からの振込によるプレゼントについては、指定された条件を全て満たさなければなりません

  • 当月対象ランクが「ランクA」もしくは「ランクS」であること。
  • 楽天銀行による設定状況確認日においてYahoo!ウォレット自動引落口座に対象楽天銀行口座が指定されていること。

ゴールドラッシュプログラム現金プレゼントの条件は、変更になる場合がありますので、詳細は、楽天銀行のページで確認して下さい。

楽天銀行のメリット 各種キャンペーン

サービスご利用最大3,300円プレゼントキャンペーン・・・2010年半ば頃からやっているエントリー制のキャンペーン。抽選などでお小遣いが当たります。毎回確実にお小遣いがもらえるわけではありませんが、我が家はこれまでに600円ほど頂きました。

各種キャンペーンにエントリーする場合は、毎回詳細をよく確認した方がいいです。「カードローンの利用で最大31,000円分プレゼント」なんていうキャンペーンもあります。私的にはありえない感じ。沢山お小遣いくれるって言われてもねぇ。借金やギャンブルを勧めてくるのはどうかと思うのよ。キャンペーンを通して手数料や金利がかかるサービスに勧誘しようとする楽天銀行の姿勢があまり好きではありません。私は、楽天銀行さんとは末永くつきあいたいと思っているので、自分の預金残高が目減りするようなキャンペーンやサービスには絶対に手を出しません。

楽天銀行のメリット ハッピープログラム

ハッピープログラムとは、楽天市場のユーザーアカウントと楽天銀行の口座リンクすると、受ける事ができる優待サービスです。ATM手数料のところで、少し書きましたが、資産残高または楽天銀行との取引の内容で会員ステージが決まります。会員ステータスに応じて、手数料が優遇されたり、楽天スーパーポイントが貯まります。

ハッピープログラムにエントリーすると、振込手数料を楽天ポイントで支払う事ができるようになります。期間限定の半端な楽天スーパーポイントを活用することができます。

楽天銀行 私の使い方・感想

私の場合、楽天銀行の口座からキャッシュカードで出金する頻度は少ないです(←ほとんどない)。私はメインのクレジットカードとして楽天カードを使っていて、楽天カードの支払いを楽天銀行から引落すように設定しています。楽天銀行の口座残高=楽天カードの支払い金額。楽天カードの支払いは自動引落なので手数料はかかりませんし、ATMを使って出金しないので、ATM手数料が発生する事もありません。

楽天銀行に入金する場合も、手数料がかからないように気をつけていて、ATMから3万円以上入金するか新生銀行の自分の口座から楽天銀行の口座に振込入金しています。

私は株取引で楽天証券の口座も持っています。楽天銀行楽天カード楽天証券・・・全部同じ楽天グループなので、楽天銀行は使いやすいんですよね。それに、楽天銀行はポイントサイトやASPの入金などにも便利ですから、よほど嫌な事でもない限り、今後も継続して楽天銀行を使うと思います。ただ、楽天市場もそうですが楽天銀行からも大量のメールがスパムのように届くので、それには少し閉口しています(気にせず、まとめて削除してしまえば、問題ない)。

楽天銀行明細ダウンロード画面
(画像クリックで大きくなります)
楽天銀行は他のネットバンクと同様に、通帳がありません。楽天銀行のページにログインすれば明細を確認することができます。明細のデータをcsv形式のファイルやPDF形式のファイルでダウンロードする事もできます。但し、ダウンロードできる期間は、ダウンロードをする日から13ヶ月前までのデータです。通帳がないのだから、13ヶ月と限定せず、いつでも好きな時に、任意期間の明細をダウンロードできるようにしてほしいなぁと思います。(昔のデータを取り忘れて、明細がないのが、ちょっと不満)

私は、つい先日、楽天銀行の「再引落機能で支払い忘れを防止」というサービスに、助けられました。楽天カードの引落日をすっかり忘れていて、口座残高が足りませんでした。危うくブラックリストに載ってしまうところでした。
楽天銀行さんは、引落日の午前5時頃から順次引き落とされ、引落ができていない場合、19時頃から最後の再引落が処理されるそうです。「引落指定日の前日までに引落の指定金額をご入金ください。処理される時間は目安です。処理される順番や件数により、予告なく時間が変更される場合があります。」と書いてありましたが、たまたま運よく処理される順番がよかったのでしょう。当日入金でしたが、何とか間に合いました。いつも運よく間に合うわけではないし、カードの引落しができなかったら金利もかかってしまう!気をつけなくては!!!と、しみじみ反省しました。とりあえず、このサービスのおかげで、本当に助かりました。

セキュリティが、他のネット銀行に比べて甘いような気がしていましたが、合言葉認証やワンタイム認証などが導入されてイーバンク銀行時代に比べたらだいぶ安心できるようになりましたし、何と言っても、やはりお小遣いをもらえるメリットが一番大きいかな。イーバンク銀行時代に口座開設キャンペーンでも1,000円もらっているし、ゴールドラッシュプログラムで3,765円 + サービス利用最大3,300円プレゼントキャンペーンで600円、トータルすると5,245円(←我が家の口座に入金されたお小遣い。)も得している事になります。口座に入金された現金とは別に、ハッピープログラムで楽天スーパーポイント(1ポイント1円相当)も貰えますしね。これからもお得なサービスだけ、活用していきたいと思います。



新生銀行でATM手数料の節約

新生銀行のメリット

  1. 同行宛(※注1)の振込手数料が無料
  2. 他行宛(※注2)振込手数料が月1回無料(※注3)
  3. 郵便局のATM(ゆうちょ銀行ATM)・セブンイレブンのATM(セブン銀行ATM)現金引出手数料無料
  4. 短期間でも有利に運用できる

※注1:同じ銀行間で振込する事(この場合は、新生銀行の口座から新生銀行の口座へ振込む事)
※注2:振込元銀行とは別の銀行へ振込む事(この場合は、新生銀行の口座から他の銀行の口座へ振込む事)
※注3:月間平均残高やステージに応じて最大10回まで無料になります。

新生銀行に口座を作った理由

夫は仕事の関係で急にお金が必要になる事も多く、手持ちの現金がない時に毎回近くのコンビニATMでお金を引き出していました。都銀を利用していたので、毎回手数料105円、時間外だと210円も払っていたのです。基本的に会社の経費は立て替えておいて後から清算しますが、ATMでかかった手数料は請求できるはずもなく、コンビニATMでかかった手数料を電卓で計算してみたら、2万円近くになってびっくりしました。そうでなくても家計が苦しいのにこんなところで無駄なお金を使うなんて!!と腹がたち大喧嘩になりました。それまでは共働きで家計管理が甘かったのが、専業主婦になって急に厳しくなったもんだから、夫は「105円、210円くらいでギャーギャー騒ぐな」と言っていました。でも、つもり積もって2万円近く無駄にしていたとは思っていなかったようなので、金額を把握させた事はよかったと思います。何で自分のお金を引き出すのに手数料払わなくてはならないのか。銀行に貢いでいるのと一緒。今思い出しても、勿体なくて涙が出そうです。銀行に支払った手数料(2万円)があれば、美味しいものを食べたり、家族旅行したりできたのに・・・。なんとか18時までに、できれば銀行のATMで、かつ計画的にお金の管理が出来ないものか確認しましたが、夫は「仕事が忙しいのでムリ」と逆切れする始末。このままではいけない!と慌てて口座を作ったのが新生銀行でした。新生銀行のキャッシュカードと引き換えに、それまで夫が持っていた都銀のキャッシュカードは没収しました。(給料振込口座だったし、夫は口座に残高あると使ってしまうタイプなので、私が管理できるようになってよかったです。)

夫の行動範囲内のATMで、引出手数料無料になれば、別に新生銀行でなくてもよかったのです。「どの銀行をよく使う?」と聞くと、「んー?その時によって違うから・・・でも大抵コンビニかな?」と夫。夫がよく行くコンビニはセブンイレブンだったので、新生銀行のセブンイレブンATM 24時間引出手数料無料が、我が家にとって最大のメリットとなりました。

新生銀行 ATM入出金手数料など

新生銀行はセブン銀行ATMの他にも、郵便局のATMや全都市銀行・信託銀行のATMが、引出手数料無料で使えます。但し、利用できる時間はATMによって異なるので、事前に確認しておいた方が無難。本局など大きめの郵便局は、18時以降もATMが稼動していますが、小さい郵便局だと17時とか18時でATMコーナーが閉まったりします。日曜・祝日は利用できる時間が短かったり、そもそも土日祝日ATMコーナーが開いていない場合も・・・。また、都市銀行・信託銀行のATMでは出金のみで入金ができませんので、注意が必要です。

ATM 入金手数料 出金手数料
新生銀行のATM 無料 無料
セブン銀行のATM 無料 無料
ゆうちょ銀行のATM 無料 無料
都市銀行・信託銀行など 入金不可 無料
イーネットATM
ローソンATM(一部)
アットバンク(一部)
入金不可 無料

新生銀行は通帳はありませんが、インターネットで入出金明細や残高などを確認する事ができます。希望すれば月1回、取引の明細を郵送してくれます。

新生銀行 我が家の使い方

我が家は、夫婦でそれぞれ口座を作りました。インターネットを使って14:30までに振込手続きすると、新生銀行同士の場合、すぐ反映されて便利。夫から「お金振込んで~」と、自宅に電話がかかってくる→私の新生銀行口座から夫の新生銀行口座へネットで振込(同じ新生銀行同士は振込手数料が無料)→夫が自分の口座からセブンイレブンATMで現金を引出(引出手数料無料)という使い方をしています。

新生銀行に口座を開設してからこの方法で、ムダに支払っていた手数料を節約する事ができました。私が専業主婦で、いつも家にいる+いつでも連絡つくから出来た事かもしれません。もっとも、新生銀行はモバイルバンキングも利用できるので、外出先からでも残高さえあれば携帯で手続きできますけどね。注:新生銀行モバイルバンキングは利用前に利用開始手続きが必要です。

ATM手数料の事で夫と喧嘩をしないですむようになりましたし、あまり意識せず無駄を省けたのでよかったと思っています。

新生銀行 他行宛て振込手数料(月1)無料の特典を有効に使う

新生銀行に口座があれば、誰でも月1回までネットでの他行宛振込手数料が無料になります。預入総資産の月間平均残高や住宅ローンの利用など新生銀行との取引が増えると、金利が優遇されたり、ネットでの他行宛振込手数料の回数が増えるので、自分がどのステージで、受ける事のできるサービスは何か?を確認しておくことをオススメ致します。新生ステップアッププログラム:新生プラチナ/新生ゴールド/新生スタンダードという3段階にわかれています。

私も夫もいつもステージはスタンダードなので、他行宛の振込手数料が無料なのは月1回だけです。だけど夫婦で新生銀行に口座を持っているので、夫1回・妻1回、使えます。夫の口座からの振込は夫に手続きしてもらう必要がありますが、家族単位で考えると、2回無料になります。

私は、住信SBI銀行(楽天銀行への振込を除く月3回まで他行宛振込手数料が無料)の口座も持っているので、駐車場代やオークションの落札代金などは住信SBI銀行を使って振込み、新生銀行の振込手数料無料特典は、楽天銀行に現金を振替えるのに使う事が多いです。

新生銀行 2週間満期預金で有利に運用

普通預金においておくのはもったいないけれど、預入期間が長いと急にお金が必要になった時に困る→できれば短期間で運用したいという方にオススメなのが、2週間満期預金。ネットで1口50万円以上から預入可能です。解約の手続きをしなければ自動継続されます。

ネットで300万円を、金利 年0.30%(税引後 年0.24%)で預入れした時の、満期時受取利息
300万円×年0.30%(税引前)×14日÷365日=345円
345円×15%(国税)=51円
345円×5%(地方税)=17円
345円-51円-17円=277円(20%の源泉分離課税後)

2週間で満期を迎え、増えた利息分は、自動継続する時に元金に組み込まれます。(上の例の場合は、次の2週間の元金は300万277円。) 但し、継続後の金利はその都度見直されます。中途解約した場合は、新生銀行所定の中途解約利率が適用されますが、預入元本を下回ることはないので、安心です。

新生銀行 公式サイト