カテゴリー別アーカイブ: 支出削減

SIMカード・SIMフリー端末を楽天ポイントで

スマホ代を節約する為に、ドコモやau・ソフトバンクなどの携帯キャリアから、SIMフリー端末とSIMカードによる格安スマホに乗換を検討した際に調べた楽天市場のリンク。

SIMカードやSIMフリー端末を購入する為に、わざわざ店頭に出向くのが面倒な人や、楽天カードの利用や楽天市場での買い物で貯まったポイントで決済して少しでも新たな支出の発生を抑えたい人向け。まぁ、ポイントを活用した購入は、保有ポイントにもよりますので、人それぞれですが。

イオンモバイル SIMフリー端末セットが安いなと思った理由

スマートフォンの機種変更に伴い、SIMフリー端末と各携帯キャリアの料金プランなどを検討中です。2015年5月には、SIMロック解除が義務化されるそうなので、それまで待つつもりでしたが、3年半以上利用していた端末が壊れてしまい、SIMロック解除が義務化される前に、機種変する事になりました。

イオンモバイルで、SIMフリー端末の実機を見てきた感想と、安く購入できるかなと思った理由を書いてみたいと思います。

続きを読む

暖房代の節約

我が家だけかもしれませんが、電気代は夏より冬の方が高くなります。たぶん、それだけ暖房に電気を使っているのでしょう。

夏と違ってエアコンをつけずに熱中症で死ぬ事もない冬は、ギリギリまで暖房をつけずに我慢。北海道などの寒冷地なら話は別ですが、温暖な地域に住む我が家は、一軒家より気密性の高い集合住宅に住んでいる事もあって、家の中なら暖房なしで凍死する心配はありません。

ウォームビズを取り入れて、なるべく暖房に頼らない生活をすれば、環境にも家計にもよさそうですが、着込めるだけ着込んだ結果、着ぶくれでコロコロ転がりそうな姿になってしまうのが難点。急な来客には対応できません。

私ひとりならば、ウォームビズでそこそこ過ごせそうですが、家族の事を考えると、やはり暖房は必要。特に、寒さに弱い夫は、すぐお腹を壊すので、ホットカーペット及びストーブを押入れから出して設置しておきました。

夫は家計に無頓着&非協力的ゆえ、夏はクーラーガンガンにかけた涼しすぎる部屋で布団にくるまって寝ます。そして、冬は暖房をガンガンにかけてシャツ&パンツ+靴下なしの軽装で家の中をうろうろするという困ったちゃん。まずそこから正していくのが一番なのですが、何度言ってもなおらないのです。

私は寒がり&冷え性なので、冬になったら重ね着しますが、夫の体感温度に合わせて暖房ガンガンにかけられると、サウナのようになります。だから暖房器具は、ギリギリまで出したくなかったのだけれど、先日夫が「風邪ひいたのかノドが痛い」と。

風邪をひいた時の夫のタチの悪さを考えると、サウナの方がましかなぁと思ったりして、暖房器具を出すきかけとなったと言ったほうがいいのかな(笑)。

もっとも、暖房器具のお世話になるのは、夫がいる時だけです。日中、夫が仕事で留守中は、部屋の戸を全部閉めて狭い空間にする→ひたすら重ね着→それでも寒ければアイロンをかけて部屋の温度を少し上げる→湯たんぽにお湯入れて暖をとる→食事も体の温まりそうな物を食す 等など、あらゆる手段を講じて、節約&努力している私です。

暖房効率を高める為の物 窓に貼って、結露&寒さ防止

水で貼れる!窓貼り専用プチプチミズペタプチ

転勤族で引越しが多い我が家で使用しているのは、上の画像のようなプチプチ。引越しなどの際に使ったプチプチの再利用です。

個人的には、テレビでも紹介されていた、窓に貼るだけで、特殊発光フィルムが太陽光を吸収し発熱する省エネアイテムを試してみたいと思うのですが、今使っているプチプチが小汚くなるまでは、勿体なくて買えそうにない。

↓こちらがテレビでも紹介された発熱シート

断熱・保温・結露防止のトリプル省エネ効果!窓ガラス発熱シート E1520 セット販売2個入り【省…

↓ついでにこれも設置

暖房費の節約に大活躍!窓際温度2℃アップ!窓際あったかボード Mサイズ 

↓ホットカーペットの下にはもちろん、これ

敷くだけで省エネ効果!熱を逃がさず保温力アップ!ホットカーペットの下に敷くシート 3畳用【…

我が家の寒さ対策は万全。後は夫の意識改革だけなのだが、それが一番難しい。

この投稿は、2007-12-01 09:00:00 にアメブロで投稿した物です。テーマ: 水道光熱費の節約

電気ポットの保温にかかる電気代 

■電気ポット 保温
2007-07-05 09:00:00
テーマ: 水道光熱費の節約

電気ポットは使いたい時にすぐお湯が使えてとっても便利。でも保温状態が長いと意外にコストがかかります。

  • 7時間の保温は沸騰1回とほぼ同じ電力
  • 長時間使わない時はプラグをコンセントから抜き必要な時に再沸騰した方がお得
  • 電気ポットで沸かして10時間保温するのと、やかんで3回お湯を沸かすのとでは、やかんで沸かす方が年間5,000円前後お得
  • やかんを火にかけるときは必ず底の水滴をふき取ってから沸かすと2%も効率がUP。

えーそんなにかかるのか・・・と電気ポットの説明書を取り出してきて電気代を計算。

  • 湯沸し時・・・1200W
  • 保温・・・75W

24時間ずっとコンセント入れっぱなしだと保温だけで1ヶ月54円、1年だと648円かかる計算。

小さいからと侮ると、いつの間にかお金が消えていきます。かといってお茶飲みたいと思った時にすぐ飲めないのは不便じゃないか!と思う方は、せめて眠っている間だけでもコンセント抜くようにしたらだいぶ違います。

保温はせず、使いたい時に必要な量だけ沸かすティファールの電気ケトルって商品もあります。TVCMなどでもやっていますが、朝の忙しい時間帯でも、セットして沸騰するまでの時間が短い&沸騰後は自動的に電源が切れるらしいので便利です。節約生活には日々の努力が欠かせません。保温が本当に必要かどうか?を考えて!

ちなみに我が家はいつもヤカンで沸かしています。電気ポットは、嬉しくってしょうがなかった新婚時代につい買ってしまって、現在は捨てるに捨てられずに箱の中で眠っています。←あーもったいない。高かったのに。


■ ティファール 電気ケトルを楽天市場で安い順に探す ■