カテゴリー別アーカイブ: 食材メモ

ミカンを食べて健康で長生き

欧米では、がん予防効果の研究が盛んで、ミカンに含まれるβクリプトキサンチンを多くとる人は、肺がんにかかるリスクが低いという研究結果が出ている。オランダで65~85才の男女を約7年にわたって追跡調査した結果、血液中のβクリプトキサンチンが濃い人は死亡率が低かった。

βクリプトキサンチンとは

βクリプトキサンチンとは、人参のβカロテン、ほうれん草のルティンなどと同じカロテノイドの仲間で、温州ミカンの果肉に多く含まれる。(レモンやグレープフルーツには全く含まれていない)。

ミカンを毎日3~5個食べている人は、肝機能障害や動脈硬化、骨粗鬆症といった病気の割合が少ないことがわかってきた。但し、現在の研究においては、「ミカンを食べることで病気が予防できる」とまでは言い切れない状況。

  • 骨粗鬆症のリスクが低くなる可能性
  • 肝機能障害のリスクが低くなる可能性
  • 動脈硬化のリスクが低くなる可能性
  • 喫煙者のメタボリック症候群のリスクが低くなる可能性
  • がん予防の可能性

多少効果があるかなぁ程度のようだ。美味しく食べて多少健康にいいなら、コタツも出した事だし、今年の冬はみかんをせっせと食べようかと。子供の頃はミカンをよく食べたよなぁ・・・コタツで。

中央果実協会 ミカンの選び方

参考:毎日3~5個で効果 ミカンを食べて健康で長生き・・・2012/11/17付 朝日新聞