カテゴリー別アーカイブ: 買物履歴 or 感想・レビュー

見た物、読んだ本、食べた物、購入した物、頂き物の感想などを記録。買物日記・集めている物・物欲日記(気になるもの・欲しいものリスト)など

ドラム式洗濯機と従来型洗濯機(縦型うずまき方式洗濯機)の違い

ドラム式洗濯機ってお洒落な感じがして欲しかったんだけど、かれこれ1ヶ月以上悩んでいて、ドラム式洗濯機と従来型洗濯機(縦型うずまき方式洗濯機)の違いをまとめてみた。

ドラム式洗濯機 従来の縦型洗濯機
洗浄方法 たたき洗い 渦巻き水流
洗浄能力
乾燥能力
衣類の傷み
水量 少ない 多い
洗濯時間 長い 短い

ドラム式洗濯機全般に言える事

メリット

  • 洗濯に利用する水が少なくて済む
  • ドラム内で衣類を落下させるときの力によってたたき洗いするので洗濯物がからまない(傷まない)
  • ドラム内で上から衣類を落としながら風を通すため、乾燥作業の効率が良い

デメリット

  • 少ない水で洗うため、汚れや染料の濃度が濃くなり、色移りや黒ずみが目立つ事がある。
  • 風呂水を再利用する場合、市販のポンプは使えない
  • タオルなど乾燥機能を使用せず天日干しした場合、ゴワゴワ感がある

電気屋さんによると、従来型洗濯機の方が汚れ落ちはいいそうです。なのに何故みんなドラム式ドラム式って言うかというと、従来型洗濯機は、水流と洗濯物同士の摩擦によって汚れが落ちる仕組みなので洗濯やすすぎに水を沢山使うし、洗濯物が絡む(=傷む原因)。乾燥は苦手なので、乾燥時間だけ比べるとドラム式洗濯機より時間がかかる。(注意:脱水までの時間は、ドラム式の方が時間がかかる

部活等で(泥汚れ等)汚れが激しい衣類をよく洗う家庭には、ドラム式洗濯機より洗浄能力が優れている従来型洗濯機をオススメするし、乾燥機能をよく使う家庭、(泥汚れ等)ひどい汚れの少ない家庭やお洒落着が多い家庭は衣類が傷みにくい&節電・節水機能に優れたドラム式洗濯機をオススメすると言っていた。毎週末のように現れて、店員さんをとっかえひっかえしながら(←いろんな人の意見が聞きたい)従来式洗濯機かドラム式洗濯機か思い悩んでいる私。きっといい加減決めろって思ってるんだろうなぁ。どうしてもドラム式洗濯機購入に踏み切れないせいか、店員さんは「水いっぱい使うほうが、どうしたって綺麗になるんですよ~」とも言っていた。

この土日も悩んだ結果、展示されている洗濯機をいじくりまわし結局購入できずおうちに帰ってきた。はぁぁぁ (_ _。)。

洗浄だけ考えると、特にひどい汚れ以外はそんなに変わらないのかもなぁと思う。だってコインランドリーはドラム式。もし眉をしかめる程極端に汚れが落ちないなら、コインランドリーの需要って少ないのでは・・・と思う。少ない水で洗う為、汚れや染料の濃度が濃くなり色移りや黒ずみが目立つ事があるって言うけれど、縦型洗濯機で洗ったって、色落ちする物と一緒に洗えば色移りするもんね。

要は、家族構成・洗濯スタイル・予算を考えて購入して下さいよって事なんだろう。最近の子ってお洒落だし、子供服って下手すると大人の服より高い。自分達が着る衣類だけでなく、子供も高い服着てます!って家庭にはドラム式がオススメなのかも

ネットでドラム式洗濯機について調べていたら、下記のような意見があった

ちょっと洗濯物を足したい時など、一度ドアロックがかかると開けるのに20~30秒くらいかかります。たいした時間ではありませんが、パッと入れれば済むものを、20~30秒も待たされるとちょっと…。

乾燥をかけていて、途中で止めて干したいとき、中の温度がある程度下がるまで開けることができません。

乾燥をかければふわっと仕上がりますが、洗濯だけだとタオルなどは柔軟剤を使ってもゴワつきます

ドラム式は従来型に比べ、洗剤が残りやすいと電気屋さんで言われた

いつになったら買えるのか?即決できない性格と家計の事情・・・
だってだって優柔不断で貧乏なんですものぉぉぉ(T_T)

この記事は’07/06/26 09:00:00 にアメブロで書いた物を移動したものです