カテゴリー別アーカイブ: 漫画

日出処の天子(山岸涼子) 漫画購入

またまた山岸涼子さんの漫画のご紹介です(笑)。日出処の天子を私が初めて読んだのは、小学生の時だったか中学生の時だったか・・・。母親に「勉強しなさい」と言われていたのに、勉強するフリをして隠れてこっそり読んでいたのです。読み始めたら、もう途中でやめる事なんて出来なくなり、一気に最後まで読んでしまいました。隠れて読んでいたのに、声を出して泣いてしまい(嗚咽→号泣)、母親にばれてこっぴどく怒られました。勉強していなかった事を怒られ、母親の持ち物であった日出処の天子を勝手に持ち出した事を怒られました。その時「人の物に勝手に触らないで」と言われたのよ。私はその言葉を聞いて「別に減るもんじゃないし、読ませてくれたっていいじゃん。ケチケチしなくたっていいのに!」と思ったもんですが、その時の母の気持ちが、今はよくわかるのよね~。母は山岸涼子さんの漫画はほとんど持っていましたので、コレクションみたいな感じで大切にしてたんだろうなぁと。

山岸涼子さんの作品で、初めて読んだ漫画がアラベスク(バレエ漫画)だったので、私のブログではアラベスクから紹介しました。その流れでテレプシコーラやヴィリといったバレエ漫画を先に紹介しましたが、やはり山岸涼子さんの代表作である日出処の天子は、忘れてはならない物だと思います(←というか・・・山岸涼子ファンなら絶対忘れない)。あらすじをざっと知りたい方はWikipediaにも載っていますし、より詳しく知りたい方は「日出処の天子」で検索すれば、多くの方がこれでもか!これでもか!と言わんばかりに詳しく書いています。ネット上にあらすじをアップされた方の感想も読む事ができるでしょう(笑)。だけど、ネットで内容を知ってしまうのは勿体ないよな~って思うのです。やっぱりこの日出処の天子という作品は「素」の状態で読むべきだと思うのよ、私は。

私もね・・・「日出処の天子を読んだ自分の感想を書きたい!」と思わないわけではないけれど、「このシーンでこう思った」とか書いてると、とてつもなく長くなりそうなのでやめとこうと思います。山岸涼子さんを知らない人(←いるのかな?)に、自分の感想つきでこんなシーンがあるんだよ!って伝えるのも何だかな~って思うしね。

日出処の天子 山岸涼子
↑残念ながら、私が持ってるのは文庫版のコミックです。テレプシコーラを読んでいた時に、日出処の天子をもう1回読みたくなって衝動買いしました。2011年11月に、日出処の天子 完全版が発売されたらしいです。大判コミック、しかも完全版が出るなんて!!買い替えたいよ~と内心思っているけれど、どうしようかなぁ。
楽天市場で日出処の天子をさがす

この記事をアップする前に、本棚から日出処の天子を出してきて、3回ほど読み直した私(だからブログの更新が遅くなったのか??笑)。このマンガは、繰り返し何度も何度も読んでいるので、さすがに号泣する事はなくなりましたが、何度読んでも面白いなぁと思うのよね(←私だけ?)。

【コラム】少女漫画に学ぶ[ヲトメ心とレンアイ学]33 『日出処の天子』編~その1
【コラム】少女漫画に学ぶ[ヲトメ心とレンアイ学]34 『日出処の天子』編~その2
【コラム】少女漫画に学ぶ[ヲトメ心とレンアイ学]35 『日出処の天子』編~その3
↑このコラム、だいぶ前に書かれたやつだけど面白いよ。確かに男性はあまり好きじゃないかもな~と思います。このコラムには書かれてなかったけど、外国の方が読んでも面白いと感じるかは不明だし、きっと女子にしかわからない世界なのでしょう(笑)。うちの夫が、休日暇を持て余して「何か面白い本とか雑誌ない?」と私に聞くので、その度に日出処の天子をオススメしています。「騙されたと思って読んでみて!絶対面白いから~」と手渡そうとしますが何故か頑なに読むことを拒否します。男が少女漫画を読む事に抵抗があるみたい。それと「本当に騙されそうだから嫌や~」って言ってますんで、私の事を信じてないんだろうね。ま、人それぞれ感覚違うしね・・・強制はしないけどさ・・・読ませて一番身近にいる男子の感想を聞いてみたいんだよなぁ・・・(笑)。以上、日出処の天子のご紹介でした♪

ヴィリ(山岸涼子) 漫画購入

またまた山岸涼子さんのバレエ漫画のご紹介です(笑)。私が、趣味で集めている物で、これまた楽天ブックスで購入しました(ポイント使ってお得にGET)。山岸涼子さんのバレエ漫画は、この他に、黒鳥ブラックスワンや牧神の午後などあり、みんな読んでいてホレボレする美しさ。アラフォーなので、体力的にも、もう無理ですが、バレエ習いたかったな~という思いにさせる漫画です。

そういえば・・・この漫画の内容とは全く関係ないのですが、学生時代スーパーでアルバイトをしていた頃、同じアルバイト仲間にバレエを習っている子がいました。「有難うございました」とお辞儀する姿も、体の中心に一本芯が通っているような感じで、とても優雅。安売りスーパーには勿体ない美しい身のこなしでした。「バレエの為に時間的融通のきくアルバイトをしている」と言っていたけど、その後、彼女がどうなったのかはわかりません。主役として舞台に立つことはできたのか?ヴィリの中に出てくる円のように踊る事はやめてしまったけれど、何かしらの形でバレエに携わっているのか?それとも普通の主婦になってるのか?そんな事を想像するのも何だか楽しいような気がします(笑)。

山岸涼子さんの作品は絵も繊細でキレイなので、テレプシコーラにしろ、ヴィリにしろ、最初から大判コミックで発売して欲しいんだけどなぁ~といつも思っているのですが、他の方はどう思います?日出処の天子や妖精王等、昔の作品で大判コミックとして発売された物は実家にあるんですけどね。母の持ち物なので・・・何度か「私に頂戴!」と言ってみましたがくれません(笑)。自分は自分でポツポツ買い足していきたいと思います。(←節約、節約と言いながら、漫画にどんだけお金をかけるの?とかいうツッコミは無でお願いしますね)

ヴィリ 山岸涼子さんのバレエ漫画
購入した山岸涼子さんのバレエ漫画 ヴィリ。表紙も素敵~うっとりです。

楽天市場で山岸涼子さんのバレエ漫画「ヴィリ」をさがしてみる方はこちら♪

アラベスク完全版(山岸涼子) 漫画購入

アラベスク(山岸涼子さんの漫画)を初めて読んだのは小学校の頃です(←通常版コミック)。小学校4年だか5年だか6年だか忘れましたが、その頃初めて読みました。アラベスクを読んでいる間中、そして読み終わった後も、バレエが習いたくて習いたくて習いたくて・・・。でもバレエなんて習えなくて、何度も読み返す度に、いいなぁってため息をついたりしていました。小学校の廊下とか、いろんな場所で爪先立ちになってたなー。そのせいで、上履きがすぐボロボロになったっけ・・・。そんな思い出深いこの漫画の完全版が発売されているのを、自宅近くの本屋さんで知りました。思わず、衝動買いしそうになった・・・。

アラベスクの値段を見て、夫に「これ買っていい?漫画なんだけど4冊全部揃えると7,000円近くする。どう思う?」と聞いてみました。夫は「欲しいなら買ったらええねん」と一言。あまりにあっさり「いいよ」と言われたので、逆に買えなかったんですよね。漫画4冊に7,000円かぁとか思ったもんで。値段をもう一度確認して棚にそっと返しましたよ。7,000円あったら、いつもよりスーパーでいい肉、買えるなぁなんて思ったの・・・。

無駄遣いは、節約の敵だ!!」って自分に言い聞かせようとしたけど、「私にとっては無駄じゃない。思い出の漫画なんだよなー。コレクションの価値があるんだよなー」なんて、思ったりもした。だからね、楽天のポイントをせっせと貯めて1冊ずつ揃える事にしたのです。アラベスク完全版 第一部(1)を、楽天のポイントを利用してタダでGETしました。(←2010年9月)

この時手にしたのは、アラベスク完全版 第一部(1)の1冊だけでしたが、懐かしい事もあり、届いてから何度も何度も読み返していたら、夫に「また読んでるの?」って驚かれました。「そうなの、また読んでるの~♪」と機嫌よく答えたら、横から絵を見た夫が一言、「かなり古そうな絵だね。なんだかつまんなそう」と、ご機嫌な私にケチをつけてきました(笑)。確かにね・・・。アラベスク第一部は、昭和の香りただよう絵なんだよね。だって1971年とかに書かれた絵だし。だけど、内容は今読んでもやっぱり面白いと思うのよ。アラベスク読んで、バレエ習いたい!って思った人って少なくないと思うのよ~。私なんて、「自分が習いにいけなかった分、将来結婚して女の子が生まれたら、バレエ習わそう!!」なんて思ったくらいだもの。

楽天ポイントを貯めて、全巻タダで揃えようと思っていたんだけどね・・・早く続きが読みたくて読みたくてウズウズし、結局1年待てずに、お金出して買った(笑)。お金がないとか節約しなきゃとかいいながら、漫画買うってどうよ?って思ったけどさ。とりあえず、その時、持ってたポイント全部使って、1,000円ちょっとで手に入れました。

アラベスク完全版4冊 山岸涼子
「アラベスク完全版4冊、タダでGET!」と言いたいところだけど、残念ながら(?)1,000円ちょっと支払いました。バレエっていいよね♪アラベスクを読む時は、傷まないようにそーっとページをめくったり、漫画なのに!必要以上に大切にしています(笑)。

山岸涼子 アラベスクを楽天市場でさがしてみる?(購入する場合は自己責任で!笑)

この記事は、アメブロで2010/09/16・2010/09/20に書いた記事を移動・修正・追記した物です

テレプシコーラ(山岸涼子) 漫画購入

山岸涼子さんのバレエ漫画は、私が趣味で集めている物ですが、連載がとっくに終わったにも関わらず、まだ全巻集め終わっていません。家の近所の本屋さんで購入してもいいのですが、ネットで買った方がキレイかな~と思ったもんで、いつも楽天ブックスで購入しています。私しか楽しめない趣味であり、しかも、生活していく上では、なくても全然困らない「娯楽」でありますから、なるべくポイント決済(タダ)で手に入れる事にしています。(←アラフォーしかも主婦なのに、いい大人が未だに漫画買ってるのってどうなの?というツッコミや、漫画を買うポイントで食料や日用品買った方がもっと節約できるのでは?というツッコミは無しでお願いします。)

山岸涼子さんの作品であるという事と、久しぶりのバレエ漫画だという事で、連載中は毎月図書館に通って全部読みました。なので、話の内容は全部わかっています。絵も、とても繊細でキレイだし「やっぱりバレエっていいわね~」「女の子がいたら絶対バレエ習わせるのに~」「バレリーナも憧れるけど、コリオグラファーも素敵ね~」と想像して楽しむ私。

アラベスクと比べると、絵はやっぱりテレプシコーラの方がきれい・・・なのかなぁ?だけど内容的には、私はアラベスクの方が好きです。山岸涼子さんの昔の長編って面白かったよな~と思ってしまうのは、多分、最初に読んだのが、小学校や中学校の時だったからだと思います。多感な時期だったので、印象が強烈だったのかなぁ?なんて。アラベスクとか、日出処の天子(←バレエ漫画ではないけど)は、漫画読んで号泣したりしてたからさ・・・。(友達にそのこと話したら、泣く要素ってあった?って思いっきり否定されたけどね。)

舞姫テレプシコーラ第一部 山岸涼子
舞姫テレプシコーラ 第一部は、全巻揃っていると思っていましたが、今回整理していて、第6巻が抜けている事に気づきました。がーん・・・すごいショック。何で今まで気づかなかったのかしら?

舞姫テレプシコーラ第二部 山岸涼子
舞姫テレプシコーラ 第二部は、最終巻がまだ未購入です。

1冊600円以上するので、全部揃えると、1万円近くかかるのね(笑)。ブックオフやオークションで安く売ってるなら、その方がお得かな?
山岸涼子 舞姫テレプシコーラを楽天市場でさがす

この記事は、アメブロで2009/03/27・2009/11/13・2010/08/02に書いた内容を移動・修正・追記したものです

青青の時代(山岸涼子) 漫画購入

山岸涼子さんの漫画で読んでいない物があるなんて・・・。テレプシコーラ以外は短編も含め全部読みつくしたと思ったのに・・・。「青青の時代って読んだ事ないかもしれない。ショック!」という事で、さっそく楽天ブックスで注文してみました。夫に漫画買った事を話したところ「どうせまた楽天ポイントやろ」と言われましたよんσ(^_^;)。楽天から届いた青青の時代を読んでみたら、やっぱり読んだ事ある漫画でした・・・。タイトルを忘れていただけだったようです(←なんでだ??)。

楽天市場で注文時に利用したキャンペーン

楽天カードエントリーで毎週金・土ポイント3倍
14時間限定エントリーで全ショップポイント3倍(~’09/12/12 23:59)
楽天ブックスエントリーでポイント5倍(~’09/12/14 9:59)

青青(あお)の時代 山岸涼子
読んだ事ない漫画だと思っていたので、思わず文庫版を衝動買いしちゃったけど、中古で普通のコミックさがせばよかった。もしくは大判コミック発売まで気長に待てばよかったな・・・とか思う。(←山岸涼子ワールドは、大判コミックで読みたい私です。)