カテゴリー別アーカイブ: WordPressプラグイン

WordPressのプラグインいろいろ

WordPressのプラグインをインストールしてみました。WordPress初心者の頃は「プラグインを利用すると便利だよ」と言われても、どのようなプラグインがあり、動作や効果はどうなのか?という事がわかりません。私は、WordPress勉強用に購入した書籍やネットで「オススメ!」と書かれているプラグインを中心に試してみる事にしました。

WordPressプラグインをインストールする前に、プラグインの詳細を見て、対応するWordPressのバージョンを確認しました。中には自分が使っているWordPressのバージョンに対応していない物がいくつかありました。無視してインストールしていいものなのか?入れたら不具合が出るのか?よくわからず、とりあえず保留にしましたが、後に調べた所、頻繁に更新されないプラグインはセキュリティ的な問題となる場合もあるので、外した方(停止)がいいそうです。使っていないプラグインは削除するように書いてありました。

使っているプラグインと、気になるプラグインの名前・内容など

Akismet
コメントスパムを防ぐプラグイン。
有効化した後に「APIキーが必要」というメッセージが表示されます。APIキー取得して使ってますが、きちんとブロックしてくれているようです


WP-SpamFree
コメントスパムを防ぐプラグイン。AkismetとWP-SpamFreeを入れることで、迷惑メールは、ほぼブロックできている感じです。どこか設定すれば・・・或いはプラグインを少しいじれば、ブロックされたコメントの確認もできるのかもしれませんが、私にはそういった知識もなく、わざわざブロックされたコメントがどのような内容であったか確認する根性もないので、このプラグインによって「スパム」と判断されたコメントは、見る術もありません。

一応、念の為、書いておきますと、私はこのブログに頂いたコメントにはお返事するようにしています(但し、遅くなる場合があります)。もし「コメントしたのに返事がない」という場合があったなら、それはこのプラグインによってスパム判断されたと思って頂ければ幸いです。ちなみに、私のサイトは、コメントそのものが少ない・・・寂しいブログなんですけどね(笑)。


All in One SEO Pack
超定番検索エンジン最適化プラグインだそうです。記事ごとにメタタグ(meta discription や meta keywords)を変更したり、Canonical属性を付加してURL正規化できるプラグイン。Canonical属性って何?って思ったので調べました。参考にしたサイト:検索エンジン3社、正しいサイトURLを認識させるcanonical属性を導入(URLの正規化)SEM R

WordPress本体のバージョンアップに対応し、All in One SEO Packの方も進化していっているで、GoogleAnalyticsのアクセス解析用コードも設定できるようになったし、Bing Webmaster Center、Google Webmaster Tools、Pinterest Site Verification IDなども設定できるようになりました。


Broken Link Checker
リンク切れがチェックできるプラグイン。とても便利です


Contact Form7
コンタクトフォームを簡単に作れるプラグイン。コンタクトフォームでわざわざ問合せする人はあまりいないのだろうなと思いましたが、とりあえずインストールしてみました。


Delete-Revision

WordPressが自動で保存してくれる投稿(記事の変更履歴)を削除し、DB容量を減らすプラグイン。記事を書いている途中でWordPressが何度も下書きを自動保存してくれているのはWPを使い始めてすぐ気づきました。記事を公開したり、手動で「下書きを保存」を押したタイミングで、これらの不要なバックアップデータは、なくなるもんだと思っていましたが、そうではないらしいです。気づいたら、記事の変更履歴がゴミのように沢山たまっていました。

リビジョンが貯まっていくと速度が遅くなるそうなので、Delete-Revisionプラグインをインストールし、Database Optimizationをクリック、データベースを最適化しました。

Delete-Revisionプラグインは、とても便利なプラグインでしたが、2009年頃、プラグイン自体の更新(開発)が止まってしまいました。後継のRevision削除プラグインをさがすか、Revisionを保存しない設定にする必要があるようです。


Exec-PHP

投稿記事内でPHPが使えるようになるプラグイン。
PHPをよく理解していないので、このプラグインを使うことはないかもしれないと思いました。必要になった時にインストールすればいいかなと思ってたところ、誰かのブログで、このプラグイン自体が、セキュリティホールで危ないと書いてあるのを読みました。使うことそのものを断念しました。


External links
外部リンクの右側に、外部リンクだとわかる画像を自動的に挿入してくれるプラグイン。


FeedLogger

保留

WordPressでRSSフィード購読者数を計測するプラグイン。WordPressのダッシュボードに表示してくれるらしいです。私はアクセス解析ですら、面倒くさがってあまり見ない人なので、ましてやフィードの解析だなんていらないかなぁと思いました。将来必要になった時、使っているWordPressのバージョンに対応していたらインストールしようかなぁと思い、保留にしています。
FeedBurnerでもいいかなぁと思って入れなかった。


GoogleAnalytics Dashbord

WordPressのダッシュボードで解析結果が見れるプラグイン。
ダッシュボードでアクセス解析の結果が見れなくてもいいかなぁと思って入れませんでした。


Google XML Sitemaps

Googleサイトマップを自動で作成してくれるプラグイン。
検索エンジンにインデックスされやすくなるそうです。


Master Post Advert

保留

<!-more->の前後にHTMLコードを入れられるようにするプラグイン
GoogleAdsenceなどの広告を入れるのに使うらしい。
WordPressのバージョンに対応してなかったので保留


MoreLink# Remove

保留

「続きを読む」のリンクから#moreを削除するプラグイン。
moreタグを変更するらしい。どんなメリットがあるかよくわからず保留。


PHP Code Widget

ウィジットでPHPが使えるようにするプラグイン。


Script Compressor

保留

CSSファイルやjavascriptファイルの無駄な改行やスペースを削除し、ファイルサイズを圧縮。
自分が使っているWordPressのバージョンに対応してないっぽかったので保留。


Search Meter

保留

WordPress検索窓から検索された内容をダッシュボードに表示するプラグイン。
自分のサイトではあんまり検索する人がいなさそうなので保留。


Secure WordPress

セキュリティ強化プラグイン。エラーメッセージを出すとWordPressのディレクトリ配置やバージョン・サーバー環境をさらす可能性があるので、そのようなエラーメッセージを抑制できるそう。一応入れたけど、WordPressのディレクトリ配置ってインストールしたフォルダの事だよね?
わかるとまずいのか???サイトに表示されてる「ログイン」のURLを見たらわかってしまうのでは?って思いましたです。心配になってWordPressのフォーラムを検索しました。


Syntax Highlighter and Code Colorizer for WordPress

プログラムソースコードを色づけして見やすくしてくれるプラグイン。


WP Multibyte Patch

有効になっていないと日本語環境で不具合が出るらしい。


WP Super Cache
記事をキャッシュし、サーバーへの負担を減らすプラグイン。


WP To Top

保留

トップに戻るプラグイン。ユーザビリティを考えると必須なんだそうだ。自分が使っているWordPressのバージョンに対応してないっぽかったので保留。


Yet Another Related Posts Plugin

タイトルや記事内容から自動的に関連記事を表示してくれるプラグイン。


AddToAny: Subscribe Button

はてなブックマークやTwitter他、ブログパーツを表示するプラグイン。インストールしただけで使っていません。


SEO Friendly Images

画像にAltとTitleをつけるプラグイン


Sitemap Generator

保留

カスタマイズ性の高いサイトマップジェネレーター
自分が使っているWordPressのバージョンに対応してないっぽかったので保留。


Redirection

同ドメイン上の旧URLからリダイレクトしたいとき


Map Press Easy Google Maps


Twitter Tools

ツイッターをやっていないので。そのうち必要になったら入れるかも


WP-DB-Backup

データベースをバックアップするプラグイン。入れといた方がいいんだろうな~って思ってますがまだインストールしていません。


Custom Field GUI Utility

カスタムフィールドを、もっと便利に使いやすくするためのプラグインだそうですが、カスタムフィールドがいまいちよく理解できていないので、保留。


Similar Post
WordPressで関連記事を自動表示させるプラグイン。プラグイン自体の更新(開発)がストップしている=セキュリティホールがそのままになっている可能性があって危険という事だそう。セキュリティ上問題かもしれないプラグインは使わない方がいいなと。


参考にしたサイト:

削除したプラグイン

GoogleAnalytics for WordPress
アクセス解析を簡単にWordPerssに導入できるプラグイン。

WordPressを始めたばかりの頃は使っていましたが、All in One SEO Packがバージョンアップし、同じような機能を備えたため、All in One SEO Packの方でアクセス解析する事にしました。よって、GoogleAnalytics for WordPressプラグインは削除しました。


Ktai Style
日本の携帯電話対応プラグイン。

以前は使っていましたが、WordPress TwentyEleven以降の公式テーマは、レスポンシブデザインに対応していると知り、KtaiStyleプラグインは削除しました。テーマをゼロから自作する場合は、また必要になるかもしれません。ちなみに、このプラグンなしで、日本の携帯電話に対応できているのか?は、確認していません。もしかしたらレイアウトが崩れたり読めなかったりするのかも。


WPtouch

スマートフォンでの表示を最適化するプラグイン。以前は使っていましたが、WordPressの公式テーマTwentyEleven以降、レスポンシブデザインに対応すると聞いて、KtaiStyleプラグイン同様、WPtouchプラグインも削除してしまいました。


Simple Tags
タグを簡単につける事ができるプラグイン。WordPressを使い始めた当初は、インストールしていましたが、なくてもいいかなぁと思い、削除しました。