カテゴリー別アーカイブ: パソコン関連メモ

パソコン関係の備忘録的なメモ。WordPress・SEO・HPやブログの運営日記など。

アメーバブログのサイドバーにRSSを表示

アメーバブログのサイドバーに、他のブログのRSSを表示しようと思ったのは、アメブロ経由で、このサイト(節約すまいるHappy生活)に、アクセスして下さる方が結構いらっしゃるとわかったからです。アクセス解析をつけているにもかかわらず、ふだんは面倒くさがって、どこ経由のアクセスかチェックしていない私。先日、久しぶりにGoogle Analyticsにログインして、そのことを知ったのでした。

続きを読む アメーバブログのサイドバーにRSSを表示

WordPressのテーマで実験 WP重い→表示速度向上の為に改善中

WordPressを利用した自分のサイトが重いという事に気づき改善中です。知識をあまり必要としない、すぐできる簡単なことから改善しようと思って取り組んでいます。サイトの表示速度を改善したいなぁと思った経緯などは、前の投稿をご覧下さい。

表示速度や遅い原因を調べる為に使っているサイト

TwentyElevenにテーマを戻して実験

テーマを変更したから表示が軽くなったのか?アイキャッチ画像が消えたから表示が軽くなったのか?を知る為に、TwentyElevenにテーマを戻して実験中です。TwentyElevenの子テーマでトップを抜粋表示に変更した後、アイキャッチ画像を、今まで使っていた物より更に小さくしたらどうなるか?って事を知る為にWordPressのテーマをコロコロ変更。わざわざ自分のサイトで実験しなくてもよさそうなもんです。それに、実験する前から何となく結果がわかっていたような気もします。「表示が遅い原因は画像とキャッシュなんだろうな~」と。画像とキャッシュを何とかする為に、画像の圧縮について学ぶ&プラグインをさがすべきかな~と思います。

GoogleAnalyticsの解析を見ながら作業していて、ふと気づいたのが、テーマをTwentyTwelveに変更したら訪問者数もページビューもガクンと減ってしまいました(何でなのかわからない)。ページビューが減った原因は、全文表示にした=別のページに移動する必要がない→但しぐちゃぐちゃしていて見づらかった、というのが理由だと思います。直帰率がすごかったから(笑)。

さて、そんなこんなでTwentyElevenの子テーマで抜粋表示+アイキャッチ画像を一番小さくして実験した結果は、訪問者数もページビューも少し元に戻ったという事くらいで、あんまり成果ないんですけども。アイキャッチ画像の大きさを小さくすると、中途半端に素人が子テーマでいじったTwentyElevenテーマでも、GTmetrix Website Speed and Performance Optimizationの評価は、C/Bだったという事くらいですかね?(元はE/D)

もう既に面倒くさくなりつつあり、表示速度向上の為の改善は完結できるのか、かなり疑わしくなってきましたが、また忘れた頃に作業した内容を書いてみたいと思います。

ブログランキングの画像を外す WP重い→表示速度向上の為に改善中

WordPressを利用した自分のサイトが重いという事に気づき、表示速度を少しでも改善したいと奮闘中です。知識をあまり必要としない、すぐできる簡単なことから取り組んでいます。サイトの表示速度を改善したいなぁと思った経緯などは、前日の投稿をご覧下さい。

続きを読む ブログランキングの画像を外す WP重い→表示速度向上の為に改善中

WordPressが重いので、表示速度改善の為にやってみたこと その①

WordPressを利用した自分のサイトが重いという事に気づき改善中です。知識をあまり必要としない、すぐできる簡単なことから改善しようと思って取り組んでいます。

サイトの表示速度を改善したいなぁと思った経緯

WordPressでブログを運用するようになってからずっと、アメブロやFC2ブログなどの無料ブログで書いていた時に比べて、サイトが表示されるのにかなり時間がかかっているような気がするな~とは思っていました。重いな・・・遅いな・・・あれ?今日は調子が悪いのか接続できないな・・・という事が何度もあったけれど、私の使用しているパソコンが古くて、性能が劣るせいでWordPressのような動的ページの表示が遅いんだと信じていました。

先日ちょっとお出かけする機会があって、普段は外出先から自分のブログはもちろん他所様のブログも見ないのですが(←外出先でPC開くのが面倒という理由)、課金なしで自由に使えるパソコンがあったので、試しに自分のサイトにアクセスしてみる事にしました。ブラウザが違うと、サイトの雰囲気も違うのだろうか?という興味があって、軽い気持ちでアクセスしたのです。外出先で使ったパソコンは、自宅のパソコンより性能がよかったのに、表示されるまでに30秒以上かかりました。あぁ、こんなに遅かったのかと、改めて思い知り、帰宅しました。

サイトが重いにも関わらず、表示されるのを辛抱強く待って読んで下さっていたんだなぁ・・・と思うと、何だか申し訳ない気持ちです。さぞやイライラした事でありましょう。訪問してくださった方の中には、待てずに帰った人もいるかもしれません。私だったら、30秒だなんて絶対待てない。すぐ閉じちゃうと思います。表示されるまで待ってくれた人は、きっとすごく優しいのでしょうね、感謝。

さて。
WordPressで運用中の自分のサイトは、表示にものすごく時間がかかるんだ!とわかったからには、やはり原因を追究し、改善する必要があると思います。知識の習得が必要な改善は(←phpとかphpとかphpとか!!!泣)、時間がかかるしやりきる自信もないので、手っ取り早くできるところから始めよう!と思い、消したのが、楽天モーションウィジットの広告でした。

表示速度や遅い原因を調べる為に使ったサイト

初めは、あまりの遅さに驚き、表示されるまでに何秒かかるか、声を出さずに数えました。そして、2回目は、おもむろに鞄から携帯を取り出して、携帯のストップウォッチ機能を使って何秒かかるか測った私(笑)。そんな事をしなくても、ページスピードを測定する便利なサイトがあるんですね~。いろんなサイトがありますが、大体の傾向と対策がわかればいいので、私が使ってみたのは下記の2つ。今は、主にGoogleの方を使っていますが、GTmetrixで一番最初に測定した結果は、評価がE/Dでした。

ツールを使うと表示速度が遅い原因が一目瞭然

なんで、そんなに遅いのよ?遅い理由は何なのよ??と思い、内容を見ていくと、ad.yieldmanager.comに接続するのに時間がかかっている模様。ad・・・という事はアドセンス系?でも、yieldmanager.comなんて知らない。そんな広告を貼った覚えもありません。何で勝手に貼りもしない広告が表示されているのか?と、yieldmanager.comについて調べると、楽天モーションウィジットの事だと判明

ad.yieldmanager.com 楽天モーションウィジット

楽天モーションウィジットって、自分が最近楽天市場で見た商品、興味のある分野の物が表示されますよね。人それぞれ、興味のある分野って違う → ad.yieldmanager.comを使ってその人が興味ある分野の広告を表示 という仕組みらしいです。

楽天か~。楽天の広告か~。確かに私は楽天の広告貼ってるよな・・・でも、この為に、自分のサイト開くのが遅くなるのは、どうなんだろう?

楽天モーションウィジットの他にも、遅い原因は沢山あるし、いずれもっと優先度の高い物が改善できたら、また復活させるかもしれませんが、現時点では、とりあえず楽天モーションウィジットを外す事に決定。少しすっきりしました。

10万人超えた記念♪

普段は、面倒くさいのであまりアクセス解析って見ないんですが、先日久しぶりにログインしたところ、もうすぐ10万人だって事に気づきました。何だか少し嬉しくなって、ここのところ毎日のように確認していました(←暇人)。今日やっと訪問者累計10万人達成できて、素直に嬉しいです。累計訪問者数のうち「自分が占める割合ってどのくらい?」という疑問はとりあえず考えないようにします(←前向き)。

1日に何万ものアクセスがあるようなブログ様から見ると、たいした事ない数字なのかもしれませんが、私は飽きっぽい性格なので今まで何度も「ブログやめようかな~」と挫折寸前までいきました。ムラっぽい性格で超不定期更新。それでも読んでくれる人がいたんだ~と思うと嬉しいです。今後もマイペースに続けていけたらいいなと思います。読んでいただいている方、どうも有難うございます♪

訪問者数10万超えた記念画像
延べ人数なので、ユーザー数でいうともっと少ないですが、訪問者数10万超えた記念で画像を保存してみました。これを励みに今後頑張って更新できたらいいな~と思って。新規の割合が多いので、リピート率を増やしたいところ。なかなかうまくいかない・・・。

今回、しみじみGoogleのアクセス解析見てみたら、ランキングから私のブログに遊びに来てくれる人は訪問者全体の5~8%位。Google・Yahoo他、検索エンジンからの訪問がほとんどでした。ランキングサイトに参加する意味ってあるのかなぁ?と疑問に思っちゃった。

同じように考えている人いないかしら?と思って検索したら出てきたサイトがこれ→ブログアクセスアップで時間の無駄となる10の作業。読んでみたら結構面白かったです。

時間の無駄となる10の作業を参考に、当てはめながら考えてみました。

ランキングサイト参加

自分がランキングサイトに参加した目的は、再訪問してくれる人を増やしたかったからなんだけど、ランキングから私のブログに来てくれる人がそもそも少ない。ランキングから来てくれた人の足跡をGoogle解析で追ってみたら、滞在時間0分が多くて笑ってしまった。

専門家が書いたブログならまだしも、どこの誰だかわからない主婦の書いた駄文なんざ読みたくないよね~とも思うので、簡潔に文章をまとめる事ができない&人をひきつけるような面白い文章を書けない自分を反省するにしても、この人何しにきたのかしら?って思う。タイトル見れば何書いてるんだか想像できると思うんだけど。とりあえず、「おつきあい」みたいな気持ちでクリックしてくれたのかなぁ?それなら感謝せねば。

愚痴であったり文句であったり否定的な文章も多く印象悪そうだし文才もないし、このままランキングに参加していてもランキング上位は望めない=ランキングからのアクセスは増えないって事だ。ランキングにわずらわされるのも面倒な気もする。とりあえず、もう少し様子を見てみるつもりですが、そのうち突然やめるかも。

長すぎるブログタイトル

当てはまる(笑)。タイトルで内容がわかるようにと必要以上に詳しく書いてるかもしれない。自分で、うざいと思うことよくある。今後、気をつけよう。

セルクマ

セルクマはやってない。というか、セルクマのやり方がわからない。ブックマークサイトにどんな物があるのか知らないし。セルクマってはてなのこと??ツイッターとかフェイスブックとかのことかしらん??

ツイッターでブログの更新情報を知らせている人がいたので、そのうち機会があればやってみたいなぁと思った事があったけど、ツイッターの使い方を勉強するのが面倒くさくて、今後もやらないんだろうな~と思う。

コメント・足跡

自分から誰かのサイトへ行ってコメントや足跡をつけることは、まずない。閉鎖的かつ内向的な性格なのでコミュニケーションという意味でのコメントですらそんな状態。ましてや、アクセスアップの為に誰かのブログにコメントや足跡残してくる事なんてありえない。

自分のサイトにコメントされた時は、コメントに気づいた時点で、気が向けば答えるようにしてます。コメントは滅多にない→あまり確認しない→もらったコメントに気づくのが1ヶ月後とか・・・ひどい時は半年~1年後になったりする。メールアドレス必須にしているのと、入れているプラグインのおかげで、コメントのほとんどがスパム処理されているみたい。スパム処理されたコメントは内容確認できない(できるのかもしれないけど、その能力がない)。中にはスパムじゃないのにスパム処理されてるコメントもあるかも。コメント頂いたのに返信してなかったらごめんなさい。

Ping送信

代表的なところにしか送ってない。せいぜい10~20個程度。

ブログパーツ

ブログパーツは貼ってないけど、広告貼ってるので大丈夫かな?と心配になった。WordPressのウィジットって大丈夫なんだろうか?重そうなイメージだけど。

相互リンク

相互リンクは面倒くさいから募集してないし、私から相互リンクをお願いする事もないと思う。私の性格上、相互リンクしたら相手のサイトをきっちり読まなきゃいけない気分になるだろうし、時にはコメントしなきゃならないかしら・・・読み逃げはダメよね・・・とか、いろいろ思い悩んでしまいそう。「おつきあい」が大変そうなので相互リンクはしない方針。自分が好きなサイトには勝手にリンクを貼っています。

キーワード

キーワードは多すぎるかもしれないので、今後注意。

リンクジュース

リンクジュースの意味がよくわからん。

キーワードの穴場狙い

キーワードの穴場を調べるのが面倒。

ブログアクセスアップで時間の無駄となる10の作業を読んでの感想・・・面倒だったり、知らなかったりで、助かっている事もあるのもしれないな~と思った記事でした。

WordPressカスタム投稿タイプの意味がわからん

WordPressのカスタム投稿タイプについて勉強しているのですが、カスタム投稿を使うメリットがいまいちよくわかりません。カスタムフィールドや、カスタム分類は、メリットあるんだろうなぁって思うんだけども。

投稿タイプには、post、pageなんかがあって、それプラス、自分で好きな名前のポストタイプを追加できるって事なんだよねぇ?一応、CustomPostTypesプラグインを使って、懸賞カテゴリを使ってカスタム投稿タイプを作ってみた→WordPressの左手に懸賞記事が投稿できるメニューもできた→実際に記事の追加も削除もしてみた。だけどこれが何?なんかメリットあるわけ?って思ってしまう。他の人に記事を追加してもらうとか、自分で作ったものを納品するような仕事してたら、ユーザーが記事を追加する時にわかりやすいというメリットがあるんだろうけど、1人で更新してる場合、普通の記事とは別なメニューから入っていかなきゃならなくて面倒くさいような気がするのは気のせいですかね?

カスタム投稿タイプ用にカスタム分類を作らなくっても、postで使っていたカテゴリーが使えるらしい・・・(CustomPostTypesプラグインの場合だとビルトイン分類にチェックするっぽい)。だけど、function.phpとかにコードを追記しないと表示されないらしくて、それが面倒だなぁとか思う。

ping更新情報の送信もデフォルトだとしないのよね? 
[WordPress] カスタム投稿タイプで更新情報通知を有効にする(http://www.eastcamp.net/?it=wordpress-customping)を見てやってみたけど、私の場合できなかった。(元ネタは英語サイトなのかな?http://wordpress.org/support/topic/custom-post-type-about-ping-service-and-feed-stuff)

どっかにやり方が書いていないかしら?とさがしにさがしてたどりついたところがここ
http://blog.nakachon.com/2011/11/23/wordpress%E3%81%A7%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%A0%E6%8A%95%E7%A8%BF%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97%E3%81%AEping%E3%81%8C%E5%87%BA%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%82%84/
クエリにカスタムポストタイプを追加すれば、更新情報も送るようになるのかしらん?と思ったまま、まだ試していない。

こんなに難しいのにカスタム投稿タイプにする意味があるのかしらん?表示用のコード書く時に「カスタム投稿タイプでしぼりこめる」とか書いてあったけど、postで投稿してカテゴリでしぼりこんでも同じじゃないの?って悩んでしまう。メリットがわからないのは頭が悪いから??なのかしら???

愚痴でした。

パーマリンクの設定を変えた

WordPressのフォーラムを読んでいたら、パーマリンクの設定を「/%category%/%postname%/」にするのは推奨していないって書いてあった。今更、変更ってと思ったけど、思い切って変えてみた。他からリンクされてることもないだろうし、もういいや・・・って感じ。 パーマリンクを /%category%/%postname%/ と設定することについて

そうでなくても、アクセス少ないのに、ますます減ったらどうしよー。もう、いいや。

結局、元に戻した私・・・

URLのwwwあり、wwwなしを統一したい(未)

www有でもwww無でもアクセスできるようなので、今後は統一していきたいな~なんて思ったのですが、よくわかりませんでした。

URLのwwwあり、wwwなし、どちらかに統一するには?を読んで、.htaccessファイルを書き換えなくてはならないという事はわかった。ただ、ちょっと前に、WordPressをインストールしたディレクトリではなくドメインで表示させたいが為に.htaccessファイルをいじったばかり。追記すればいいのかしらん?

WordPressを、インストールしたディレクトリではなくドメインで表示させ、かつ、URLのwww有り無しを統一したい場合はどうすればいいの?って悩んでしまった。ちなみに、.htaccessファイルに書いてある内容が何なんだかわからない。.htaccessの書き方から勉強しなくちゃダメなのかなぁって思ったら頭痛くなってきた。頭はげそう。

URLは、wwwなしで統一したいと思って、リンクは全部wwwなしのURLにしているつもりなのに、www有でアクセスしてくる人の方が多いのは何故?サイトに遊びにきてくれう人のほとんどが、検索エンジンからのアクセスなので、きっとwww有でGoogleやYahooに把握されてるんだろうなぁ。いっその事www有にした方がいいのかしらって悩む。とりあえず、この件は保留。引き続き調べてみようと思う。

参考になったサイト

WordPressに移行する為、アメブロ記事をバックアップ

アメブロで書いた記事のバックアップを取りたい!って事で、エクスポートできるかどうか調べてみた(←バックアップをとるほどの内容書いてないよね?って言われそうだけど)。

アメブロに他のブログからお引越しする機能(インポート)はあっても、アメブロから他のブログに引越す機能(エクスポート)はない。アメブロから引越すつもりはなくても、とりあえずバックアップ取りたいって時にも、エクスポート機能がないと不便極まりない。

私は一部の記事をアメブロからWordPressに移したい。(が面倒くさい事は嫌だ!!)
だからFC2ブログ お引越ツールを使う事にした。FC2ブログ経由でデータのバックアップを取れる事を知ったから。FC2ブログって「来るもの拒まず、去るもの追わず」って感じがする(自由なところが好きだ)。

さて、FC2ブログの引越ツールを使うには、アメブロのIDとパスワードを入力しなくてはならない。アメブロ・スキン設定は、スタンダード→ベーシック(2コラム 左) で、日付の表示方法 は、XXXX-XX-XX XX:XX:XXの形式 でないと取り込めない事があるらしい。私が使ってるのは、ベーシックスキンだけど、サイドバーは右。エラーになって取り込めないかな?と心配したけど、大丈夫だったみたい。(←スキン設定をベーシック(2コラム 左) に修正するのが面倒で、そのまま試してみました。どこまで、ずぼらなの~って自分でも思う。)

無事、アメブロバックアップ完了。ちなみに、FC2ブログからWordPressへインポートする方法などは、下記サイトが参考になりました。私は、WordPerssに移行する前に、アメブロで書いた記事の、どのカテゴリをWordPressに持ってくるか決めようと思っています。なので、バックアップとる所まで作業してそのまま中断しています(放置と言った方が適切か?)。考えるの面倒くさくなったら、全記事インポートしちゃうかも・・・。

サイドバーにメニューを表示

WordPressをインストールした後、index.phpをドメイン直下に持ってきた時点で、昔のindex.htmlは削除または名前変更をしなくてはいけなくなった。でも、それだとサイトに来てくれた人が旧ファイルにアクセスしずらくなるだろうなと思って、WordPressを導入する前からあるページ用のMenuをサイドバーに表示する事にしました。トップページに来る人あまりいないし、ましてや複数回遊びに来てくれる人も稀だと思う。だけど、来ていきなりWordPress云々だらけのページになってたら驚くんじゃないかなと思ったり。WordPressに完全移行するまで時間がかかりそうだしね。

旧Menuは、ウィジットで、「テキスト」を使いました。

WordPressのプラグインいろいろ

WordPressのプラグインをインストールしてみました。WordPress初心者の頃は「プラグインを利用すると便利だよ」と言われても、どのようなプラグインがあり、動作や効果はどうなのか?という事がわかりません。私は、WordPress勉強用に購入した書籍やネットで「オススメ!」と書かれているプラグインを中心に試してみる事にしました。

WordPressプラグインをインストールする前に、プラグインの詳細を見て、対応するWordPressのバージョンを確認しました。中には自分が使っているWordPressのバージョンに対応していない物がいくつかありました。無視してインストールしていいものなのか?入れたら不具合が出るのか?よくわからず、とりあえず保留にしましたが、後に調べた所、頻繁に更新されないプラグインはセキュリティ的な問題となる場合もあるので、外した方(停止)がいいそうです。使っていないプラグインは削除するように書いてありました。

使っているプラグインと、気になるプラグインの名前・内容など

Akismet
コメントスパムを防ぐプラグイン。
有効化した後に「APIキーが必要」というメッセージが表示されます。APIキー取得して使ってますが、きちんとブロックしてくれているようです


WP-SpamFree
コメントスパムを防ぐプラグイン。AkismetとWP-SpamFreeを入れることで、迷惑メールは、ほぼブロックできている感じです。どこか設定すれば・・・或いはプラグインを少しいじれば、ブロックされたコメントの確認もできるのかもしれませんが、私にはそういった知識もなく、わざわざブロックされたコメントがどのような内容であったか確認する根性もないので、このプラグインによって「スパム」と判断されたコメントは、見る術もありません。

一応、念の為、書いておきますと、私はこのブログに頂いたコメントにはお返事するようにしています(但し、遅くなる場合があります)。もし「コメントしたのに返事がない」という場合があったなら、それはこのプラグインによってスパム判断されたと思って頂ければ幸いです。ちなみに、私のサイトは、コメントそのものが少ない・・・寂しいブログなんですけどね(笑)。


All in One SEO Pack
超定番検索エンジン最適化プラグインだそうです。記事ごとにメタタグ(meta discription や meta keywords)を変更したり、Canonical属性を付加してURL正規化できるプラグイン。Canonical属性って何?って思ったので調べました。参考にしたサイト:検索エンジン3社、正しいサイトURLを認識させるcanonical属性を導入(URLの正規化)SEM R

WordPress本体のバージョンアップに対応し、All in One SEO Packの方も進化していっているで、GoogleAnalyticsのアクセス解析用コードも設定できるようになったし、Bing Webmaster Center、Google Webmaster Tools、Pinterest Site Verification IDなども設定できるようになりました。


Broken Link Checker
リンク切れがチェックできるプラグイン。とても便利です


Contact Form7
コンタクトフォームを簡単に作れるプラグイン。コンタクトフォームでわざわざ問合せする人はあまりいないのだろうなと思いましたが、とりあえずインストールしてみました。


Delete-Revision

WordPressが自動で保存してくれる投稿(記事の変更履歴)を削除し、DB容量を減らすプラグイン。記事を書いている途中でWordPressが何度も下書きを自動保存してくれているのはWPを使い始めてすぐ気づきました。記事を公開したり、手動で「下書きを保存」を押したタイミングで、これらの不要なバックアップデータは、なくなるもんだと思っていましたが、そうではないらしいです。気づいたら、記事の変更履歴がゴミのように沢山たまっていました。

リビジョンが貯まっていくと速度が遅くなるそうなので、Delete-Revisionプラグインをインストールし、Database Optimizationをクリック、データベースを最適化しました。

Delete-Revisionプラグインは、とても便利なプラグインでしたが、2009年頃、プラグイン自体の更新(開発)が止まってしまいました。後継のRevision削除プラグインをさがすか、Revisionを保存しない設定にする必要があるようです。


Exec-PHP

投稿記事内でPHPが使えるようになるプラグイン。
PHPをよく理解していないので、このプラグインを使うことはないかもしれないと思いました。必要になった時にインストールすればいいかなと思ってたところ、誰かのブログで、このプラグイン自体が、セキュリティホールで危ないと書いてあるのを読みました。使うことそのものを断念しました。


External links
外部リンクの右側に、外部リンクだとわかる画像を自動的に挿入してくれるプラグイン。


FeedLogger

保留

WordPressでRSSフィード購読者数を計測するプラグイン。WordPressのダッシュボードに表示してくれるらしいです。私はアクセス解析ですら、面倒くさがってあまり見ない人なので、ましてやフィードの解析だなんていらないかなぁと思いました。将来必要になった時、使っているWordPressのバージョンに対応していたらインストールしようかなぁと思い、保留にしています。
FeedBurnerでもいいかなぁと思って入れなかった。


GoogleAnalytics Dashbord

WordPressのダッシュボードで解析結果が見れるプラグイン。
ダッシュボードでアクセス解析の結果が見れなくてもいいかなぁと思って入れませんでした。


Google XML Sitemaps

Googleサイトマップを自動で作成してくれるプラグイン。
検索エンジンにインデックスされやすくなるそうです。


Master Post Advert

保留

<!-more->の前後にHTMLコードを入れられるようにするプラグイン
GoogleAdsenceなどの広告を入れるのに使うらしい。
WordPressのバージョンに対応してなかったので保留


MoreLink# Remove

保留

「続きを読む」のリンクから#moreを削除するプラグイン。
moreタグを変更するらしい。どんなメリットがあるかよくわからず保留。


PHP Code Widget

ウィジットでPHPが使えるようにするプラグイン。


Script Compressor

保留

CSSファイルやjavascriptファイルの無駄な改行やスペースを削除し、ファイルサイズを圧縮。
自分が使っているWordPressのバージョンに対応してないっぽかったので保留。


Search Meter

保留

WordPress検索窓から検索された内容をダッシュボードに表示するプラグイン。
自分のサイトではあんまり検索する人がいなさそうなので保留。


Secure WordPress

セキュリティ強化プラグイン。エラーメッセージを出すとWordPressのディレクトリ配置やバージョン・サーバー環境をさらす可能性があるので、そのようなエラーメッセージを抑制できるそう。一応入れたけど、WordPressのディレクトリ配置ってインストールしたフォルダの事だよね?
わかるとまずいのか???サイトに表示されてる「ログイン」のURLを見たらわかってしまうのでは?って思いましたです。心配になってWordPressのフォーラムを検索しました。


Syntax Highlighter and Code Colorizer for WordPress

プログラムソースコードを色づけして見やすくしてくれるプラグイン。


WP Multibyte Patch

有効になっていないと日本語環境で不具合が出るらしい。


WP Super Cache
記事をキャッシュし、サーバーへの負担を減らすプラグイン。


WP To Top

保留

トップに戻るプラグイン。ユーザビリティを考えると必須なんだそうだ。自分が使っているWordPressのバージョンに対応してないっぽかったので保留。


Yet Another Related Posts Plugin

タイトルや記事内容から自動的に関連記事を表示してくれるプラグイン。


AddToAny: Subscribe Button

はてなブックマークやTwitter他、ブログパーツを表示するプラグイン。インストールしただけで使っていません。


SEO Friendly Images

画像にAltとTitleをつけるプラグイン


Sitemap Generator

保留

カスタマイズ性の高いサイトマップジェネレーター
自分が使っているWordPressのバージョンに対応してないっぽかったので保留。


Redirection

同ドメイン上の旧URLからリダイレクトしたいとき


Map Press Easy Google Maps


Twitter Tools

ツイッターをやっていないので。そのうち必要になったら入れるかも


WP-DB-Backup

データベースをバックアップするプラグイン。入れといた方がいいんだろうな~って思ってますがまだインストールしていません。


Custom Field GUI Utility

カスタムフィールドを、もっと便利に使いやすくするためのプラグインだそうですが、カスタムフィールドがいまいちよく理解できていないので、保留。


Similar Post
WordPressで関連記事を自動表示させるプラグイン。プラグイン自体の更新(開発)がストップしている=セキュリティホールがそのままになっている可能性があって危険という事だそう。セキュリティ上問題かもしれないプラグインは使わない方がいいなと。


参考にしたサイト:

削除したプラグイン

GoogleAnalytics for WordPress
アクセス解析を簡単にWordPerssに導入できるプラグイン。

WordPressを始めたばかりの頃は使っていましたが、All in One SEO Packがバージョンアップし、同じような機能を備えたため、All in One SEO Packの方でアクセス解析する事にしました。よって、GoogleAnalytics for WordPressプラグインは削除しました。


Ktai Style
日本の携帯電話対応プラグイン。

以前は使っていましたが、WordPress TwentyEleven以降の公式テーマは、レスポンシブデザインに対応していると知り、KtaiStyleプラグインは削除しました。テーマをゼロから自作する場合は、また必要になるかもしれません。ちなみに、このプラグンなしで、日本の携帯電話に対応できているのか?は、確認していません。もしかしたらレイアウトが崩れたり読めなかったりするのかも。


WPtouch

スマートフォンでの表示を最適化するプラグイン。以前は使っていましたが、WordPressの公式テーマTwentyEleven以降、レスポンシブデザインに対応すると聞いて、KtaiStyleプラグイン同様、WPtouchプラグインも削除してしまいました。


Simple Tags
タグを簡単につける事ができるプラグイン。WordPressを使い始めた当初は、インストールしていましたが、なくてもいいかなぁと思い、削除しました。


パーマリンクの設定

パーマリンクの設定は、早めにしといた方がいいって書いてあったので、/%category%/%postname%/ にしてみたんだけど、なんかすごく長いアドレスになってる・・・。記事タイトルが日本語だからあんなふうに%がいっぱいつくようなアドレスになっちゃうのね・・・。初めて知った。何かやだな~って思った。年月日にしようかなと迷い中。

パーマリンクを設定するにあたり、読んだサイト:

WordPressのトップページをドメインで表示させたい(未)

前回、WordPressを試しに入れた時は、サイトの一部をWordPressで運用しようと思っていました。イメージとしてはHP+Blogみたいな感じです。今までに公開したファイルをWpで作り直すのが手間だし、作り直すとアドレス変わるだろうからUP済みの物はそのまま残した方が面倒くさくなくていい。これから書き足していく部分を更新しやすいWordPressで運用すればいいや~と思ったからです。WordPressをインストールすると初期の状態では、インストールしたフォルダ付きのURLになってしまうらしいです(うちの場合で言うと、wordpressというフォルダを作ってインストールした場合は、URLがhttp://www.setuyaku-smile.com/wordpress/となる)。なので、前回インストールした時は、WordPressをblogというフォルダを作ってインストールしました。(←アドレスを、http://www.setuyaku-smile.com/blog/にしたかった)

WordPress初心者なので、分からない事や疑問点をネットで調べて行くと、当然サイト全体をWordPressで作っている方のページに行き着きます。みんなシンプルなのにかっこよく読みやすい。素敵なサイトを沢山拝見するうちに、ふと全部Wpで作った方が楽なのかしら??と思うようになり、どうせ私は専業主婦で日中暇してるわけだし、時間かかってもいいから全部作り直そっかな・・・どうせやるならアメブロで書いてるブログの記事もちょっと整理したいな~なんて結論に達しました。

サイト全体をWordPerssで運用するなら、WordPressをインストールしたフォルダ名の入ったURLはなんかやだ!WordPressのトップページをドメイン直下に持ってきたい。(←「http://hogehoge.com/wordpress/」ではなく、「http://hogehoge.com/」みたいにドメイン名で表示したいって事です。)

WordPress日本語サイトでヘルプを検索したら、やり方書いてあった。

1: WordPress ディレクトリにある index.php と .htaccess ファイルを、ルートディレクトリ(http://hogehoge.com/)に移動する。
2: 移動したindex.php ファイルをテキストエディタで開き、
「require(‘./wp-blog-header.php’);」 の部分を 「require(‘./○○○/wp-blog-header.php’);」に書き換える。○○○は、WordPressがインストールされているディレクトリ名。
3: .htaccess の中身を確認し
「RewriteRule . /○○○/index.php」の部分を、「RewriteRule . /index.php」に書き換える。.htaccess のパーミッションを書き込み可能にしとけば、自動的に書き換えてくれるそうだ。

後から、わかったことだけど、この方法、WordPress 3.0では動作しませんってWordPress Codex 日本語版のヘルプに書いてあった(泣)。とりあえず、今はドメインで表示できているみたいなので、時間がある時、きちんと調べよう・・・。

参考にしたサイト:

  • WordPress を専用ディレクトリに配置する:WordPress Codex 日本語版

勉強用にインストールしたWordPressを削除

勉強用にインストールしたWordPress。これからHPの内容を少しずつ移行するにあたって、まっさらな状態から始めたいなぁと思ったので、WordPressを入れなおす事にしました。本来なら、バックアップとってから入れなおすんでしょうが、私はテスト投稿しただけなので、バックアップ不要でした。

ただ、WordPressを削除する方法もわからないほどの初心者で・・・ネットで調べたよ。同じように悩んだ人もいるんだなってわかって少し安心した記事→WordPressの完全削除について

参考にしたのはこちら→「Nucleus CMS」を「ロリポップレンタルサーバー」からアンインストールする方法。特にDBとかphpMyAdminとかよくわからない人向け。 この方は、WordPressではなく、Nucleus CMSを削除したかったようです。Nucleus CMS か WordPress かの違いってだけで、やる事は一緒だろうな~と参考にさせてもらいました。ソフトをインストールしたフォルダ(関連ファイル)を削除し、データが入っているデータベースを削除する、2つをやればいいんだな・・・と。

1.FTPでWordPressをインストールしたフォルダごと削除

2.ロリポップ管理画面にログイン。メニューの「WEBツール」→「データベース」を選択。phpMyadminにログインしなくても「データベース削除」ってボタンがあったので、素直にクリックしました。

3.ロリポップの簡単インストールでもう一度WordPressを入れ直し、無事解決です。