ミニトマトでチキンのトマト煮を作りました♪

冷凍保存していたミニトマトで、栗原はるみさんの料理本「もう一度、ごちそうさまがききたくて。」P.54に掲載されているチキンのトマト煮を作りました。栗原はるみさんのレシピは、どれを作っても美味しいので大好き♪チキンのトマト煮は、少し大目に作っておくと、パスタにしたり、いろいろ使いまわしできて便利だし余る事がありません。煮詰まってきたら、オムライスを作る時のチキンライスにも利用しています。トマトが収穫できない季節は、料理本どおりトマトの水煮缶で作り、夏場、ミニトマトが沢山収穫できる季節は畑のミニトマトを使っています。

ミニトマトでトマト煮を作ると、一気に消費されるので、次のトマト収穫までの待ち時間が長くなります。トマト大好きなのでトマト食べたい病になります。ミニトマトは小さいから、トマト煮するには量が必要なのだ。どうせトマト煮を作るなら、煮込み用品種のトマトを栽培して料理したいというのが本音。だけど、調理用トマトは中玉~大玉の事が多いので、貸農園での栽培は断念しました。というのも、去年貸農園で、桃太郎(大玉・料理用トマトではありません)と、カゴメさんから頂いた凛々子(中玉・調理用トマト)も栽培したのですが、タバコガ被害にあって、結局1つも食べれなかった苦い思い出があるのです。今、思い出してもとても悔しい・・・。まだその時の心の傷が(←おおげさ)、癒えていない私です。(種は買ったんだけどね。)

ミニトマトは、中玉・大玉に比べると虫被害も少なく、安定的に収穫できるので、サイズが小さい分、植え付けを多めにしてガンガン食べていく予定ですが、今年は、例年にない豪雨で九州各地でかなり被害が出ているし、ちゃんと収穫できるかわからないなぁ・・・と思います。

冷凍保存していたミニトマト
アイコやガンバ、シュガーランプ他いろんな品種のミニトマトミックス。冷凍保存していた分。シャーベット状のトマトを食べたい!という衝動にかられましたが、ぐぐっと我慢して今回はトマト煮に使いました。何グラムくらいあるのかな~と気になって量ってみたところ、500gくらいでした。

料理の写真がないのはね・・・見た目おいしそうな写真が撮れなかったからです。料理は嫌いなの・・・センスもないの・・・だけど、そのうち、前にちょっとチャレンジしていたみたいに、自虐的に料理写真UPし始めるかもしれません。