マイバッグ持参で家計に優しく♪

レジ袋を有料化するスーパーが増えているというニュースは、随分前からテレビやネットで見聞きしていましたが、我が家は地方に住んでいるためか?たまたま有料化していない店舗を利用しているのか?どのスーパーでも、まだレジ袋の有料化はされていません。

都心を中心(?)としたレジ袋が有料化された店舗ではマイバッグ持参率が80%、中には90%を超える勢いだそうです。みなさん「レジ袋にお金を払いたくない!」「少しでも節約!」という気持ちが強いのではないでしょうか。

私もスーパーへはいつもマイバッグ持参で買物に行っています。地球環境を意識してというよりは、マイバッグ持参による割引とゴミ削減が目的です。レジ袋って年々これでもか!といわんばかりに薄くなってきていますよね。繰り返し再利用したくても、すぐに破けてしまうのでゴミが増えるし、整理整頓が苦手な私はレジ袋をストックするのが面倒くさくてたまりません。だったら、「レジ袋をもらわない習慣」で少しでもお得な方が、家計の為にも地球の為にもいいなって思います。レジ袋を辞退する事で受けられる割引もチリツモ効果で節約に貢献してくれますし、不要なレジ袋が台所にたまるイライラを解消してくれるのが一番有難い!片付け下手なのでゴミはない方がいい!!

レジ袋やビニール袋がなくなったら困らない?という心配には及びません。何故なら我が家の場合、エコと節約に無縁な夫が会社帰りにふらっとコンビニやスーパーへ立ち寄ってレジ袋をもらってくるからです。いつも夫は、自分のお小遣いから「一緒に食べようと思って・・・」と、お菓子やお土産を買って来てくれるので、流石にそんな夫へ「レジ袋を辞退せよ」とは言っていません。レジ袋をもらうかどうかは夫の自主性に任せていますが、今の所100%の確率でもらってきて、時には「お店の人が買った物を袋に入れてくれた~」と喜んだりしています(汗)。
仮に夫がこれからエコと節約に目覚めて袋を辞退するようになったとしても、新聞(雨の日)のビニール袋とか、お米が入っていた袋とか、クリーニングのカバーとか、身近に利用できそうな袋は沢山あるので困ることはないでしょう。

始めは、持って行くのを忘れてしまったり、少し面倒に思えるマイバッグ持参という行動も、習慣化してしまえば、それが当たり前のことになるので難なくこなせますよん。マイバッグ持参で家計にやさしく♪ まだの方はぜひやってみて下さい。「1円を笑う者は1円に泣く」という言葉もありますから、例え小額であっても節約しましょう。

収入は増えない、
むしろ目減りする傾向すらあるのに、
相次ぐ食品の値上げ等で出費は増える一方です。
無駄を省いて、その分を別の事でちょこっと贅沢できたら幸せ♪

きっかけは何だっていいから少しずつ取り組んだ結果が、家計のためだけでなく、地球温暖化防止にも役立つなら一石二鳥。レジ袋の為に消費されるはずだった石油資源を他で有効活用できるならその方がいいですものね。

「レジ袋削減」の工夫

  • 買い物をエコバッグに入る量に抑える
  • ダンボールや空箱で代用する
  • レジ袋有償の店で買い物をするようにする
  • ポイント還元やスタンプカードの特典がある店で積極的に買い物をする
  • 家族や同僚で買い物に出かける際は、お互いに声をかけあう
  • かわいいエコバックや、ブランド物にしておしゃれ感覚でもつようにする
  • 日々のレジ袋削減推進状況を確認できるようにすることで意識を高める